無頼勇騎(ぶらいゆうき)ウインドアックス》

無頼勇騎ウインドアックス UC 火/自然文明 (5)
クリーチャー:ヒューマノイド/ビーストフォーク 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、「ブロッカー」を持つ相手のクリーチャーを1体破壊し、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DM-10で登場したヒューマノイド/ビーストフォーク

多色cipサイクルの1体で、このクリーチャーブロッカー破壊自然マナブーストを持つ。

ブロッカー破壊能力を持ち、マナも増やしつつ召喚されるため中速ビートダウンと相性が良い。《熱血龍 GENJI・XXX》《偽りの名 バザガジー・ラゴン》などの7コストクリーチャーに繋げばテンポよく攻めていける。

種族ヒューマノイドビーストフォークはどちらも優秀で、《スーパー大番長「四つ牙」》を重ねれば更にマナブーストすることができる。他にはマナ回収《大勇者「鎖風車」》とのシナジーも良好である。

対抗馬は《無頼聖者スカイソード》《腐敗無頼トリプルマウス》などの類似カードだろう。文明能力の違いによって使い分けるのが良い。

また、超次元呪文にもライバルは多い。
《超次元フェアリー・ホール》マナブーストしつつ《魂の大番長「四つ牙」》《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》らを出し分けられるので、より柔軟性が高い。《超次元シューティング・ホール》ブロッカー破壊しつつ《ガイアール・カイザー》を出せるので、より素早いビートダウンが可能である。多色クリーチャーである点に着目して差別化を図るべきだろう。

  • 通常版では、右手に風を纏い、左手の斧を持っているが、イベント配布(P11/Y3)のこのカードの右手の風は剣に変わり、左手の斧は炎に変わっている。
    ウインドとアックスはどこへ行ったのだろうか。

デュエル・マスターズ プレイスでは

レアリティレアになっている。

【クイーン・メイデン】などの文明が合うビートダウンに入っていることが多い。しかし、DMPP-03期-DMPP-07期ではビートダウンは全体的に低コストカードを使用したものが多く、マナブーストがやや無駄になりがちなのが欠点か。

  • プライズ版のイラストはにじさんじの本間ひまわりになっている。《ウインドアックス》の名残として、元イラストの彼が右手で纏っていた風を右手のライフルの銃口に纏わせ、彼と同じ様に左手に巨大な斧を持っている。

サイクル

DM-10DMPP-03友好色

DM-26DMPP-09対抗色

詳細は多色cipサイクルを参照。

フレーバーテキスト

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考