竜極神(りゅうきょくしん)

竜極神 SR 闇/火文明 (マナコストなし)
ゴッド
ゴッド:次のいずれかのゴッド・クリーチャーとして召喚する。
►[闇(7)]《竜極神ゲキ》
►[火(7)]《竜極神メツ》
《竜極神ゲキ》と《竜極神メツ》がリンク中⇒《竜極神ゲキメツ》
※DP殿堂

DMPP-08で登場した闇/火のゴッド・カード

竜極神ゲキ SR 闇文明 (7)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ 7000+
G・リンク[火(7)]:《竜極神メツ》とリンクして《竜極神ゲキメツ》となる
バトルゾーンに出た時、自分の墓地から進化でないコスト4以下のクリーチャーを探索し、1枚をバトルゾーンに出す。
ブロックされた時、相手は手札をすべて捨てる。
W・ブレイカー
竜極神メツ SR 火文明 (7)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
G・リンク[闇(7)]:《竜極神ゲキ》とリンクして《竜極神ゲキメツ》となる
バトルゾーンに出た時、相手のパワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー6000以下のクリーチャー1体を破壊する。
W・ブレイカー

味方を巻き込まない2000以下全体除去かコスト4以下リアニメイトかを選べて発動できるようになり、使いやすくなっている。
持っている能力の種類が多く、総じてグッドスタッフ性が高い。

《竜極神ゲキ》はcipで非進化コスト4以下リアニメイトを獲得。《アクアン》手札補充したり、《腐敗勇騎マルドゥクス》で除去したり、《解体人形ジェニー》ハンデスしたりなど小回りが利く。チャンプブロック破壊されたブロッカーを呼び戻してもいい。
リアニメイトは文明指定がないため、《雪渓妖精マルル》《ポッピ・ラッキー》を出してゲキメツを保護するというトリッキーなプレイも可能である。

文明が合う《クルセイド・チャージャー》は非常に相性がよい。リアニメイト対象となるクリーチャー手札から墓地に置きつつこのカードサーチし、さらにマナブーストできる。
《ゲキ》と《メツ》はともにドラゴンなので《黒神龍グールジェネレイド》墓地に待機させるのもいいだろう。

本家同様、ブロックされた時に《ロスト・ソウル》を撃つ能力もある。だが、相手にとってはブロックすると手札を失い、シールドブレイクによる手札も得られなくなるため、余程のことがない限りはブロックしてくることは考えにくい。基本的にオマケとして考えるべきだろう。

《竜極神メツ》は味方を巻き込まない2000以下の全体除去を獲得。【リキッド・ピープル】【ティラノ・ドレイク】【グランド・デビル】【武者・ドラゴン】など、全体2000火力で壊滅的な被害を受けるデッキの使用率を下げる大きな要因となっている。

本家にもあった、ブロックされなかった時に放つ火力は3000から6000となり範囲が大幅に広がった。相手のクリーチャーを減らしながらシールドをブレイクしていけるのはありがたいだろう。

《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》の登場により、コスト軽減の恩恵を受け、スピードアタッカーを与えやすくなった。

竜極神(りゅうきょくしん)ゲキメツ》

竜極神ゲキメツ SR 闇/火文明 (14)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ/アーマード・ドラゴン 21000
(《竜極神ゲキ》と《竜極神メツ》がリンク中)
攻撃する時、相手のマナゾーンからランダムなカード2枚を墓地に置く。
ブロックされた時、相手は手札をすべて捨てる。
相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー6000以下のクリーチャー1体を破壊する。
Q・ブレイカー
ゴッド・カード:《竜極神》

リンクすればアタックトリガーで2枚ランデスし、さらに6000以下火力またはオールハンデスを放つQ・ブレイカーとなる。

1枚の《竜極神》を使ってしまえば、バトルゾーンに《竜極神ゲキ》《竜極神メツ》のどちらかが残る。
相手はそれを除去しない限り、手札消費なしで《ゲキメツ》を降臨されてしまうという状況に追い込める。

《超竜バジュラ》と同様にランデスとしては中速・高速環境では始動が遅いのが欠点。《ゲキメツ》のG・リンクが完成する頃には十分なマナが貯まっていることが多く、焼け石に水になることが多い。Q・ブレイカーなので、無理にランデスを狙ってシールドを割るとS・トリガーや増えた手札で逆転されやすい。

だが、《竜極神》で呼び出せる2体がいずれも優秀なcipを持つので、《竜極神ゲキメツ》を無理に狙わなくともリンク元でフィールドアドバンテージを稼ぐという動きができる。
ゴッド・カードとしての柔軟性から、余裕があればランデス能力を持つフィニッシャーとしても使えるという選択肢を持つ点で他のファッティとは一線を画す。
《ゲキ》か《メツ》のどちらかがバトルゾーンにいるだけでも、殴り返しでノーリスクのランデスを狙われる恐れから相手に攻撃を躊躇わせる効果も期待できる。

また既に横に並んだクリーチャーを処理できないというランデスの欠点も、ウィニーであれば《メツ》のcipで薙ぎ払えるので、ある程度は補える。大型が出てきたら《ゲキ》でブロッカーを出して凌ぎ、リンクして殴り返すなど、ランデスが有効な状況に持っていける自己完結した利点も有する。

  • TCG版のゲキ&メツ比較してパワーが上昇しているのは、原則Q・ブレイカーはパワー18000以上24000未満のクリーチャーしか持っていない能力であり、パワーを変えることで整合性を持たせるためだろう。
    • TCG版ではリンク中の能力でQ・ブレイカーを得るが、G・リンク時のパワーは14000だった。デュエプレの《竜極神ゲキ》《竜極神メツ》のどちらかが『このクリーチャーがリンクしている時、このクリーチャーのパワーを+7000する。』という上方修正を受けていると考えれば、パワーが21000であることに辻褄が合う。
  • 能力発動時のボイスは「撃滅剣!」であり、漫画「デュエル・マスターズFE」での描写を再現している。
    • ただし一旦リンクした後は能力発動時のボイスは全てこのボイスとなるため、リンク元のcipと《竜極神ゲキメツ》自身の能力が発動する度に何度も「撃滅剣!」と発するため見ようによってはシュールな印象を与えるものになっている。

環境において

小型を並べる相手には《竜極神メツ》、そうではない相手には《竜極神ゲキ》で墓地利用と、マナさえ伸びるデッキでならほぼ腐らない性質から非常に広範囲で使われた。
採用実績は、ゴッドとして【バイオレンス・フュージョン】 は当然として、【ゲオルグ天門】【アガピトスエンジン】 【赤入りドルバロム】【ロマノフマッハアーマー】など多岐にわたる。様々なデッキに入ることもあり、登場以降DP殿堂まで常に環境での存在感を示していた。

最悪《ゲキ》《メツ》どちらのcipも不発に終わる状況でも、相手のマナが少ない状態でG・リンクを完成させ2ランデスに成功してしまえば、勝敗を決しうるアドバンテージとなりうる。
とはいえシールドブレイクを要する強引なランデスだけでゲームに勝てるわけではないのがデュエマだが、それでも状況に応じて《ヘリオス・ティガ・ドラゴン》(相手のみの2000全体火力)、《不敵怪人アンダケイン》cipでコスト4以下リアニメイト)、《超竜バジュラ》アタックトリガーランデス)様々な顔を見せると考えるとカード1枚での単体性能は計り知れない。

《聖鎧亜キング・アルカディアス》対策に《デーモン・ハンド》など黒の呪文を入れることを強いられるようになった【青抜きガントラビート】【黒入り武者・ドラゴン】でも、その単体性能を買われて当然のように採用されていた。

  • 2021年10月21日よりDP殿堂に指定された。
    • 理由として、9月下旬から10月中旬(DMPP-10環境)にかけてランクマッチの対戦データを集計したところ、特に使用率は40%を上回る日が多く、特定のランク帯では45%を上回る日も発生したためである。
    • また、《竜極神》はマナ基盤としても非常に優秀で、過去に《無双竜機ボルバルザーク》が火/自然マナとしても活躍したのと同じく、それをとりあえず入れておくだけでデッキの闇/火をかさ増しできたもの高い使用率の理由の一つと言える。
      【黒赤速攻】のような7マナまでチャージをしないデッキでもない限り、デッキに黒と赤が入っていたなら《竜極神》を1枚も入れない合理的な理由を考えるのは難しい。

サイクル

DMPP-08友好色ゴッド・カード

  • 光/水:《金剛修羅王》 / 《金剛修羅王ガナストラ・ガラサラマ》
  • 光/自然:《G・A・E》 / 《G・A・E・ペガサス・レオパルド》
  • 水/闇:《邪道外道神》 / 《邪道外道神キキカイカイ》
  • 闇/火:《竜極神》 / 《竜極神ゲキメツ》
  • 火/自然:《炎地武神》 / 《炎地武神バルザック・オルメガス》

フレーバーテキスト

  • DMPP-08
    • 世界に降り立った双竜極神は、その力で破壊活動を行う者たちを撃滅した。(竜極神/竜極神ゲキメツ)
    • 闇の力を持つ竜極神は、収まらぬ憎悪と、絶えぬ悪意を持つ封魔に呼応し、世界に飛来した。(竜極神ゲキ)
    • 仙界より現れた紅き竜極神は闘竜の闘志に呼応して世界に飛来した。(竜極神メツ)

収録セット

デュエル・マスターズ プレイス

参考