《ガイアール・カイザー GS(ジーエス)

ガイアール・カイザー GS P 火文明 (5)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 7000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。

DMSP-02で登場したレッド・コマンド・ドラゴン/ハンター

《ガイアール・カイザー》のリメイクカードで、サイキック・クリーチャーから通常のクリーチャーになっている。

サイキック・クリーチャーコスト踏み倒し能力を失っているが、cipシューティングガイアールを彷彿とさせるブロッカー破壊を得た。
同様に、コストも8から《超次元シューティング・ホール》と同じ5まで下がっている。

《爆竜 GENJI・XX》のほぼ上位互換。あちらより1コスト軽くなり、G・ストライクまで付いて、コマンド・ドラゴンになった。
ブロッカー破壊cipになったため、毎ターンブロッカー破壊はできないが、革命チェンジに使用するのであれば差は無視でき、タップインにも強くなっている。
ただ、革命チェンジ元として考えるなら、このクリーチャーより早出ししやすい《“龍装”チュリス》《龍装者 バルチュリス》で十分なことが多いだろう。

と言っても、十王篇環境ではブロッカーを持つクリーチャー、及びブロッカー付与するカードがそれなりの数あったので、王来篇からもブロッカー破壊が思いがけない戦果を残してくれる可能性は十分ありうる。
また、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の封印を外せる点も見逃せない。

G・ストライク防御札になれることも考慮すれば、なかなか強力な侮れないポテンシャルを秘めていると言える。

環境において

DMSP-02期のオリジナル環境では、【赤黒ドギラゴン閃】でチャンピオンシップ準優勝を果たした。主にブロッカー持ちが多い【ギャラクシールド】系統、《蒼き守護神 ドギラゴン閃》本体がブロッカーを持っている【ドギラゴン閃】系統への対策と言える。

関連カード

収録セット

参考