龍装者(りゅうそうしゃ) バルチュリス》

龍装者 バルチュリス UC 火文明 (5)
クリーチャー:ドラゴンギルド/ビートジョッキー 4000
自分のクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーが自分の手札にあり、その攻撃がこのターン2度目のクリーチャーによる攻撃で、このターン自分の《龍装者 バルチュリス》が出ていなければ、攻撃の後、このクリーチャーを出してもよい。
スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)

DMRP-05で登場したドラゴンギルド/ビートジョッキー

自分のクリーチャーの2度目の攻撃時、まだこのカードと同名のカードを出していなければ、その攻撃の後これを手札からバトルゾーンへ出せる。さらに自前でスピードアタッカーを持っており、コスト5以上のドラゴンなので、《蒼き団長 ドギラゴン剣》などに革命チェンジできる。

また、クリーチャーの2回目の攻撃の終わりまでは手札にあるので、S・トリガーなどで除去されることはないのも強い。

下記のような2ターンキルを狙わなくとも、予め盤面の条件を整えてから《ワ・タンポーポ・タンク》《異端流し オニカマス》を処理するコースなら、《蒼き団長 ドギラゴン剣》による3ターンキルが安定する。《蒼き団長 ドギラゴン剣》から並べた6打点でダイレクトアタックまで届かない状況で最後の一押しとして踏み倒すのもグッド。

ただ、手札にこれ自体を予め抱える必要がある上に2度目の攻撃ができるように盤面を維持できないと腐る。最初の攻撃によるブレイクS・トリガーを踏んで盤面を荒らされて踏み倒しの機会を逸したら、こればかりは仕方ないだろう。ケアの仕方としては、《異端流し オニカマス》のようなアンタッチャブルをはじめとした耐性を持ったクリーチャーを2回目の攻撃要員にすることが挙げられる。

ルール

  • 「このターン自分の《龍装者 バルチュリス》をバトルゾーンに出していなければ」というのは素出しも含まれるので注意。
  • 後述の問題はあるが、慣例上、自身の踏み倒しでも「このターン自分の《龍装者 バルチュリス》が出た」扱いとなり、1ターンに2体以上踏み倒すことはできない。
    • 2度目の攻撃でS・トリガー《ゴースト・タッチ》を使われ、手札から出る前にハンデスされて出せなくなる事態を防ぐため、結果として1体しか踏み倒せなくても2枚以上宣言だけはしておくテクニックがある。
      • 使用宣言した《龍装者 バルチュリス》はランダムハンデスを行う際にも使用宣言済みの証として表向きにし続ける必要がある(公式Q&A)。これは、《龍装者 バルチュリス》をピンポイントでハンデスの的にできるという意味ではなく、ジャッジなどを利用して表向きのカードが混ざったまま見ないでランダムに相手が選ぶという意味となる(類似例)。

遅延誘発型能力ではないかの疑惑

  • 「攻撃する時、〜〜攻撃の後」はアタックトリガーであり、その成否は「攻撃する時」のタイミングの解決で決まる。(例:《Disオウジェノ》、デュエプレの《死神明王 XENOM》
    • 《龍装者 バルチュリス》の場合、《バルチュリス》が実際に出るのは「攻撃の後」のタイミングである。ゆえに、複数宣言した時点でそのターン《バルチュリス》が1体も出ていなければ、宣言したすべての《バルチュリス》が出るのではないかとの疑惑が浮上している。

2ターンキル

1ターン目に《スナイプ・モスキート》を、2ターン目に2コストで出せるスピードアタッカーを用意し、1回目の《スナイプ・モスキート》の攻撃でこのカードを手札に加え、2回目の攻撃の後これを踏み倒し、これからそのまま《蒼き団長 ドギラゴン剣》に革命チェンジし、そのままファイナル革命《無頼勇騎タイガ》などの適当な多色クリーチャーを踏み倒せば2ターンキルも十分可能である。

ただ、《蒼き団長 ドギラゴン剣》2ターンキルはパーツ要求値が高く、マナに埋めるカードや初手にあるカードに制約が掛かる。色の都合などからも上記のようなコンボを行う場合は、必要パーツとしてマナ埋めするための自然単色のカードが事実上1枚追加される。そのため、コンボ用パーツの内1枚は先攻なら必然と2ターン目に今引きで引き当てなければならない理窟になる。

《“破舞”チュリス》《超音速 レッドゾーンNeo》《超音速 ターボ3》を軸として、1ターン目にマナに埋めた《勝利のアパッチ・ウララー》《蒼き団長 ドギラゴン剣》での踏み倒し先にする2ターンキルコンボではマナの管理はそこまで煩雑ではないが、前提として《超音速 ターボ3》の能力で手札補充した3枚から《蒼き団長 ドギラゴン剣》を供給する必要がある。

環境において

効果判明当初は《蒼き団長 ドギラゴン剣》の2ターンキルの新たなるお供として大いに騒がれたが、実際に登場するころには長期戦には向かない上に短期決戦に使用するにも癖のあるカードあるとして過小評価されるようになった。だが《プラチナ・ワルスラS》と《勝利のアパッチ・ウララー》が殿堂入りすると1ショットキルに必要な打点を揃えるのが比較的難しくなったため、打点補強として重宝されるようになった。《勝利のアパッチ・ウララー》の殿堂入りが囁かれていた時期に開催された『DMGP-6th』で【トゥリオドギラゴン剣】のパーツとして使用されて有用性が認められたのが直接のブレイクの要因。

その後、『超CSII in 金沢』あたりから【墓地ソース】の打点補強としての採用が目立った。《「アフロ行きま〜す!!」》《埋葬の守護者ドルル・フィン》と続ければ、相手の攻撃を《埋葬の守護者ドルル・フィン》でブロックしてpig発動まで持ち込む必要があるが、4ターン目には《暴走龍 5000GT》《百万超邪 クロスファイア》、このカードにより6打点を形成でき、そのまま《暴走龍 5000GT》召喚ロックで安全に1ショットキルできる。自己踏み倒しで出す場合は当然召喚ではないので味方の《暴走龍 5000GT》能力には引っかからない。
《零龍》の登場とともに生まれた【零龍墓地ソース】では《暗黒鎧 ザロスト》《復活の儀》による早期の墓地肥やしから《5000GT》《クロスファイア》が2ターン目、3ターン目に出てくる事もしばしば見られるようになり、早ければ2ターン目からロック付き即死打点の形成ができるようになった。

DMBD-09DMBD-10期には【サンマックス】における需要が高まった。《S級原始 サンマックス》T・ブレイクして《テック団の波壊Go!》S・トリガーで踏むと自分の《伝説の禁断 ドキンダムX》禁断解放されるが、《伝説の禁断 ドキンダムX》単騎の状態でこのカードの使用宣言をすることで一気にダイレクトアタックまで持って行けるということが注目されたのが需要の要因である。当然禁断解放によって封印による全体除去を放つため、あらゆるコスト踏み倒しメタを退かした状態で悠々着地することが可能。《テック団の波壊Go!》の全体バウンスで封印6枚を手札に加えることができるので、手札に抱えるのも楽。軽量除去マッハファイターが蔓延しており多くのコスト踏み倒しメタの影響を受けないGR召喚が普及している影響からコスト踏み倒しメタが少なくなったため、ただでさえ着地が容易である状況となった。

【ドギラゴン閃】でも主要パーツとして活躍していた。特にDMRP-16期に流行した3コストチャージャー採用型の【赤黒ドギラゴン閃】では素出しすることも多かった。

しかし【赤青ドギラゴン剣】が環境から姿を消し、【青赤緑ドギラゴン閃】が成立した辺りから採用率に陰りが見え始め、徐々にドラゴン基盤の【ドギラゴン閃】が隆盛するにつれて打点にしかならない汎用性の低さが目立って行った。アドバンスドラグナー系統の【ドギラゴン閃】の場合はこれが無くとも展開系ドラグハートで十分なのが大きい。一見コンセプトに合致していそうな【我我我ブランド】ですらコスト踏み倒しメタに引っ掛かることから採用はまばらで、これを使うぐらいならシールド回収を繰り返して1コストウィニーを並べて貯めるプレイングをした方がマシであった。とはいえ【赤白ドギラゴン閃】で以前使われるなど、環境で全く見ない訳ではなかった。

その他

  • プレイヤーを攻撃することを自己踏み倒しの使用宣言条件としている訳ではないため、軽量マッハファイターで手軽に使用条件達成に近付くことができる。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMBD-15
    友との鍛錬の日々。それが勝利を呼び込んだのだ!
  • DMBD-19
    “覇道”の能力によって2ターン連続で攻撃する時、1ターン目に全力でブレイクするべきではない場合もあります。手札にバルチュリスがいるなら、2ターン目の2回のアタックで全部ブレイクできるように調整することで、S・トリガーに邪魔されずにバルチュリスでとどめをさすことができるからです。

収録セット

参考


公式Q&A

  • 1つ目の能力について

Q.自分のクリーチャーのターン中2度目の攻撃時に、《龍装者 バルチュリス》の「攻撃する時」の能力の使用を宣言しました。
この攻撃で相手のシールドをブレイクしたところ、相手は「S・トリガー」で《ゴースト・タッチ》を唱えました。この際、処理はどうなりますか?
A.効果の使用を宣言した《龍装者 バルチュリス》は表向きにしたまま、相手は《龍装者 バルチュリス》を含めた自分の手札をランダムに1枚選び、捨てます。この際、使用宣言して表向きになっていた《龍装者 バルチュリス》が捨てられてしまった場合、攻撃の後、《龍装者 バルチュリス》は出せません。
引用元(2022.5.20)