魔帝連結(まていれんけつ) ガイゼキアール》

魔帝連結 ガイゼキアール VR 光/闇/火文明 (6)
クリーチャー:ディスペクター/デーモン・コマンド/レッド・コマンド・ドラゴン 9000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
カードが自分のシールドゾーンから墓地に置かれた時、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶カードを1枚引く。
▶相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
▶相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

DMRP-17で登場した//ディスペクター/デーモン・コマンド/レッド・コマンド・ドラゴン

共通効果のEXライフと、スピードアタッカーW・ブレイカーに加え、自分のシールドが焼却された時に3つのモードから1つを選んで誘発する効果を持つ。

『連結』ディスペクターらしくEXライフシールドが離れた時の能力を持つが、誘発の対象がEXライフシールドからシールドゾーン全体に拡大された代わりに、墓地送りでなければ発動できなくなった。
単純なシールドブレイクでは効果が起動しないので、効果の発動には手間がかかる。

起動する効果はドローハンデスタップの中からいずれか1つ。それぞれコスト査定的には1~2コスト相当であり、強力とは言えないが選択肢が多いため完全に腐ることは少ない。

EXライフシールドを身代わりにして能力誘発させるデザインと思われるが、相手の除去を待つ必要があるため自力で起動させる手段も用意しておきたい。
墓地送りでなければ効果が誘発しないため、組み合わせるカードはかなり限られる。例えば、シールド操作に長けた鬼札王国月光王国のカードでも、その多くが行うのはシールド回収であり、色こそ合っているが相性は悪い。

能力を活かすなら、エンジェル・コマンド《デュアルショック・ドラゴン》等は組み合わせ先として相性が良い。特に《偽りの星夜 スター・イン・ザ・ラブ》と組めば、自身は全体除去を掻い潜りつつシールドの枚数分ハンデスできる。

その他能動的に誘発出来るカードはタグ:自己シールド焼却を参照。
特に相性の良いものの例としては以下のような物がある。

《黙示録、それはラグナロク》EXライフの残機が失われる事になるが、シールドを増やしつつ大量にこのクリーチャー能力を使える
《マリッジ・ブルー》こちらはEXライフの残機を温存しつつ2回このクリーチャー能力を使える。
S・トリガーを有する一方で、タイムラグ有りでシールドは増えないのに注意
《魔王と天使のサイン》このクリーチャーリアニメイトでき、能力の誘発もできる。ブロッカー化も相性が良い
《超次元の手ホワイト・ブラックホール》シールドを減らさずに能力を誘発出来る。ついでに、コスト5以下のサイキック・クリーチャーも出せる。
呼び出し先には覚醒を助けられる《時空の霊魔シュヴァル》がオススメ
《闇の破王 デス・キング》味方1体を犠牲にリアニメイト、その後自盾を1枚焼却。オシオキムーンフリーズも。
このクリーチャーを生贄にして、EXライフを消費させればバトルゾーンの犠牲0で効果2回発動。
コストが6のデーモン・コマンドでもあるので、上記の《時空の霊魔シュヴァル》を覚醒させるのにも役立つ
《爆衆 ボルカ-1》ササゲールで召喚を助けつつ、pigで能力を誘発できる

最後の能力を無視して運用する場合、このカードの独自性は対応アタック・チャンス呪文の多さにある。対応するのは以下の5種。
《混成秘伝デュアルスタック》
《連結秘伝アンビバレンツリンク》
《電融秘伝グリードソレノイド》
《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》
《炎龍秘伝カイザー・フレイム》

特に注目すべきは《ロストパラダイスワルツ》であり、このカードを最速で唱えられるのは唯一無二の特徴。スピードアタッカーを持っているので即座に攻撃できるのも相性が良く、EXライフを即座に剥がし能動的に革命チェンジ元になることができる。

最後の能力は前述のように相当手間をかけないと誘発できないため、《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》を最速で撃てるという特徴がこのカードを扱う上での焦点となる。

いっそのこと「着地しやすい耐性付きの準バニラ」というような感覚で《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命先に使うのも良いかもしれない。ただし、メジャーな型の【ドギラゴン閃】においては色が合わないのが難点。

その他

超獣王来列伝で予告されていたディスペクター
勝利王ガイアール・カイザー》と「時を操る悪魔」刻の斬将オルゼキアの『連結』ディスペクター

#region2(合成元との関係){{
-《ガイアール》の上半身を、《オルゼキア》の髑髏状の下半身にそのまま接合している。
--2体を接合しているジッパーが半分ほど開いてしまっており、中から赤い光が漏れ出しているのが見える。一度《ブランド》に貫かれEXライフを消費した後の姿かハンター特有の光る傷を表していると思われる。
--カード名の「帝」は、《ガイアール》の「カイザー(Kaiser:ドイツ語で皇)」が由来だろう。
--《ガイアール》は自分のシールドを、《オルゼキア》は自分のクリーチャー墓地に送ることを条件とした能力を持っている。このクリーチャー能力の誘発条件が「墓地に送られた時」になったのはそのためだろうか。一方で、《ガイアール》は超次元ゾーンからの展開、《オルゼキア》はスーサイドによる選ばせ除去と、どちらもクリーチャーの数を増減させる能力だったが、その性質は失われている。
-ディスペクターらしく、《ガイアール》の特殊種族ハンターが削除されている。また、『連結』3色に合わせる為、合成元がどちらも持っていないが追加されている。
--DMRP-17収録のディスペクターでは唯一、友好色のみを持つクリーチャー同士で合成されている。
}}

背景ストーリーでの活躍

単身で火文明を襲撃。《“罰怒”ブランド》アチーチ・タウン郊外に建設された地下格闘技場で修行していたところを急襲し、《ブランド》以外のファイター達を格闘技場ごとぶっ飛ばして残った彼と交戦する。
《ブランド》の拳に一度は貫かれるもすぐさま再生し素早さで翻弄したが、不死鳥の力を手にいれて帰ってきたダイナボルト《ブランド》と共闘を開始。
ダイナボルトエターナル・フェニックスという、シンクロした二つの炎によって加速した《“罰怒”ブランド》の体当たりが直撃し、撃破された。
勝利王」の魂は無事「超獣王来列伝」へと還り、後に《ブランド》へと受け継がれることとなる

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.自分の《魔帝連結 ガイゼキアール》がバトルゾーンにいる状況で、自分の《ギガジャドウ》の「出した時」の能力で自分のシールドを全て墓地に置きました。《魔帝連結 ガイゼキアール》の「カードが自分のシールドゾーンから墓地に置かれた時」の能力の選択肢を選ぶのは、《ギガジャドウ》の効果処理が終わった後ですか?それとも、効果処理を続ける前に使用する選択肢を選びますか?
A.効果処理を続ける前に使用する選択肢を選びます。選択肢を持つ能力は、トリガーした時点でどの能力を使うかを選ぶ必要があります。この場合、シールドが墓地に置かれた時点で、墓地に置かれたカードの数だけ能力がトリガーしているので、《ギガジャドウ》の効果処理の途中ですが、先に使用する選択肢をトリガーした能力それぞれにつき選びます。なお、《魔帝連結 ガイゼキアール》の能力を実際に解決するのは、《ギガジャドウ》の能力の解決を終えてからになります。(総合ルール 603.3a[1]
引用元


[1] 603.3a 誘発型能力が選択肢を持つ場合、その能力が誘発した時点で選択する選択肢を宣言します。