【白青ギャラクシールド】

「雷光の聖騎士」 SR 光/水文明 (6)
クリーチャー:メタリカ/エンジェル・コマンド/チーム銀河 8500
<ギャラクシールド>[光/水(4)]
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、裏向きにして新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置く。
自分のシールドがブレイクされる時、このクリーチャーがバトルゾーンまたは表向きで自分のシールドゾーンにあれば、シールドブレイクのかわりに自分の手札を1枚捨ててもよい。

ギャラクシールドを使い、防御とコスト踏み倒しをしつつロックするデッキ

主要ギャラクシールド

《「雷光の聖騎士」》核。cipで相手のクリーチャーを1体シールド送り。自分のシールドブレイクされる時かわりに手札を1枚、捨てることができる
《「絶対の楯騎士」》ターン、途切れる事無く擬似ギャラクシールドを行える

候補ギャラクシールド

《「正義帝」》シールドに表向きに置かれると相手のターン中、自分のシールド全てをS・トリガーに変える
《「綺羅星の豪傑」》cip表向きシールド追加
《「驚愕の鉄人」》表向きで置かれるとカードカードを1枚づつサーチcipで相手クリーチャーバウンス
《「流水の大楯」》序盤の要。2ターン目からプリン効果を連続で使用できるブロッカー
《「希望の空兵」》攻撃可能な低コストブロッカーパワーもそこそこ高く、状況に応じて手打ち
《「不屈の輪」》pig表向きシールドになる。シールド・セイバー付与できるクリーチャーと相性良好
《「純愛の紅」》シールドゾーン表向きで置かれた時またはcipで相手のクリーチャーを1体フリーズ
《「蒼刀の輝将」》手札補充要員。ギャラクシーGOが成功すれば中型ブロッカー
《三・騎・繚・乱》時間差3ドロー手札補充にもシールド追加による一時しのぎにもなれる
《仮面のマジン・クロスノーム》攻撃を妨害されないT・ブレイカーアタックトリガー手札補充プリン効果による妨害も
《「自由のクルト」》能力は弱いが1マナで使える。シールド枚数を稼ぐ時に役立てるか
《「予言のジェス」》
《「流星の雫」》

候補

《青守銀 アドマニ》準バニラだが、ギャラクシールドを行えばタダ
《赤攻銀 イザヤック》
《「古の守護者」》序盤に出しておけばギャラクシーGOを妨害されない
《紅の猛り 天鎖》タップして出、シールドが7枚ないとアンタップしない。シールドを増やせるギャラクシールドと高相性。
《「自由のクルト」》の様に、素の能力が弱くても低コストで使えると特に相性が良い
《煌龍 サッヴァーク》ドラゴン・W・ブレイカー。自分のクリーチャー離れる時、表向きシールド墓地に送ることによって留まらせる
《処罰の精霊ウラルス》cipで自分のクリーチャー1体につきシールドを1枚表向きにできる
《聖霊王アルカディアス》以外の呪文ロック
《終末の時計 ザ・クロック》S・トリガーcipターンの残りをとばす
《「光魔の鎧」》S・トリガーcipで自分の手札からシールド追加
《ツドイノ裁徒》メタリカ全てにシールド・セイバー付与《「不屈の輪」》と相性良好
《守護すぎる守護 鋼鉄》シールドゾーン表向きなら自軍全員をシールド・セイバーに。《「不屈の輪」》と相性良好
《トライガード・チャージャー》シールド交換ができるチャージャー
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》クリーチャー面はコスト踏み倒しメタ呪文面は呪文メタキャントリップ
《正義の煌き オーリリア》コスト5以下指定の呪文ロック
《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》G・ゼロ付き墓地利用メタ
《「機械の番犬」》各ターン、はじめてカードがシールドゾーンに追加されると手札補充
《護天!銀河MAX》バウンス表向きシールド追加の二つを選べる
《「策略のエメラル」》cip表向きシールド交換
《希望のジョー星》ギャラクシールドコスト失くす
《凄惨なる牙 パラノーマル》表向きでシールドにあれば小型クリーチャーの存在を許さない

回し方

序盤はブロッカーや低コストギャラクシールドを使用して展開。
相手に攻撃可能なクリーチャーがいれば《「流水の大楯」》《「純愛の紅」》などを使って妨害する。
2ターン連続で妨害でき、仮にブレイクされても再使用できるため粘り強く妨害できる。

マナが4~6枚になる中盤は、2枚以上のギャラクシールドを使用して妨害しつつ、隙を見て手札補充を行う。
これで息切れする事無く相手の攻撃を妨害しつつ、終盤に向けて切り札を準備できる。

終盤は大型ギャラクシールドを展開。この頃には前半に展開したギャラクシールドから大量の小型クリーチャーも並んでいる頃だろう。
《「雷光の聖騎士」》《「絶対の楯騎士」》《仮面のマジン・クロスノーム》と言った大型クリーチャーと共に、一斉攻撃を仕掛けよう。
特に《「雷光の聖騎士」》を展開できれば、手札を消費する事で自分のシールドブレイクを防ぐ事ができるため心強い。cipS・トリガーを持たない相手クリーチャーシールド送りにしていれば、最後にそのシールドブレイクして安全に勝利を目指せる。

その他

このデッキに《凄惨なる牙 パラノーマル》をタッチしただけのものが【ドロマーギャラクシールド】と広く呼ばれ、2020年7月1日殿堂レギュレーション改訂以降の環境にある程度定着した。

参考