血風聖霊(けっぷうせいれい)ザーディア》

血風聖霊ザーディア P 光/火文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/メルト・ウォリアー 5500
シンパシー:エンジェル・コマンドおよびメルト・ウォリアー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手のクリーチャーをパワーの合計が5500以下になるよう好きな数選び、破壊する。その後、自分の山札の上から1枚目を、裏向きのまま自分のシールドに加える。

月刊コロコロコミック2005年4月号付録として登場したエンジェル・コマンド/メルト・ウォリアー

シンパシーを持つ敵対色多色クリーチャーである。

cip能力で5500点の割り振り火力シールド追加ができる。ビートダウンには刺さるが、その分9マナとかなり重いのがネックなため、シンパシーである程度軽減したい。

しかし、エンジェル・コマンドメルト・ウォリアーは重いカードが多く、シンパシーの恩恵を受けにくい。
エピソード1では《激流アパッチ・リザード》《アパッチ・ヒャッホー》など、サイキック・クリーチャーを出す能力を持つメルト・ウォリアーがいくつか登場したので、それらと組み合わせて使うのがいいだろう。
《時空の霊魔シュヴァル》を出せる《光流の精霊ガガ・カリーナ》も相性がいい。

ただし、シンパシーを考慮しても大方7マナ前後で出てくることを考えると、ビートダウンの対策には遅すぎる。また、エピソード1辺りからのインフレで、8マナ以上のファッティカードパワーがどんどん上がっていることもあり、相対的に弱体化してきている。

能力自体は悪くないので、やはり素早くバトルゾーンに出すことを心掛けたい。
コスト9という点を活かして《聖霊龍騎セイント・ボルシャック》と共に【九極侵略】へ採用するのも手か。

デュエル・マスターズ プレイスでは

血風聖霊ザーディア SR 光/火文明 (9)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/メルト・ウォリアー 5500
シンパシー:エンジェル・コマンド、メルト・ウォリアー
ブロッカー
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をシールドゾーンに加える。その後、それが自分のターンなら、相手のクリーチャーをパワーの合計が5500以下になるよう好きな数選んで破壊する。

デュエル・マスターズ プレイスではDMPP-04で登場。 レアリティスーパーレアになった。ブロッカーが追加され、割り振り火力には「自分のターンに出た時」という条件が加わった。

環境において

DMPP-04で登場以降【ヘブンズ・ゲート】(デュエル・マスターズ プレイス)の主力ブロッカーとして活躍を続けている。【ヘブンズ・ゲート】の「ウィニーを大量に展開後ブロッカー破壊タップでブロッカーを無力化されてから一斉攻撃されると弱い」上述の「ウェーブストライカーが発動した《スカイフレーム・リザード》に弱い。」点などを見事に払拭している。速攻デッキに対して手打ち《ヘブンズ・ゲート》から登場すれば一発でゲームエンドになることも珍しくない。S・トリガーの《ヘブンズ・ゲート》だと火力は使えないものの、シールド追加ブロッカーが一体増えることで最低限の仕事はできている。

このクリーチャー自身はパワー5500と《ヘブンズ・ゲート》から出てくるブロッカーにしてはそこまで高くなく、除去する方法もそれなりにあるが、cipが優秀なのであまり気にならない。

TCG版から能力が大幅に変更された結果活躍の機会を得たカードは多数あるのに対し、このカードの主な変更点はブロッカーを得たくらいである。とはいえ、《ヘブンズ・ゲート》から6コスト域で出せるようになったことから、TCGとは打って変わって大活躍をしている。同じ能力でも、早期に出せることの重要性を認識させられる1枚である。

フレーバーテキスト

  • DMPP-04
    天上の炎を司る番人。その試練を乗り越えた者は、禁忌の力を手にする事ができるらしい。

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考