鬼札(おにふだ)アバクと鬼札王国(おにふだおうこく)

鬼札アバクと鬼札王国 SR 闇/火/自然文明 (3)
クリーチャー:デモニオ 13000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から5枚を墓地に置く。その後、このクリーチャーを破壊する。
<鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、真上の能力を無視する。
スピードアタッカー
マッハファイター
T・ブレイカー
このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。

DMEX-15で登場した//自然デモニオ

cipで山札の上から5枚墓地肥やし後自壊鬼タイムでそれを無視、スピードアタッカーマッハファイターT・ブレイカー、自身は墓地召喚可能の6つの能力を持つ。

自壊すると言っても、このカードに関しては墓地肥やしのメリットとしての性質を持つ。
1枚のカードで自身含め墓地に6体のクリーチャーを置く事ができる。

墓地召喚で出せば、すぐさま《復活の儀》《墓地の儀》のリンク条件が達成される。

コスト3で6体の墓地肥やしは、殿堂入り《カラフル・ダンス》以上のアドバンテージであり、フルクリーチャーなら確実に《百万超邪 クロスファイア》G・ゼロを達成できる。
同じくフルクリーチャーならば、3ターン目にこのカードを召喚して自壊、4ターン目に墓地からこのカードを召喚して自壊すれば墓地に11体のクリーチャーが貯まるため、余った1マナで《暴走龍 5000GT》を出すことも可能。
このカード1枚で継続的に墓地肥やし出来るため、墓地回収と合わせて《単騎連射 マグナム》などの殿堂入りロッククリーチャーへのアクセスを目指すコントロール寄りの構築にも採用を検討できる。

クリーチャーとして使いたい場合は鬼タイムを達成しなければならないという点ではデメリットといえるか。

しかし黒赤緑墓地手札マナと踏み倒せる範囲も広く、自他問わずシールドを減らすことも得意な上、《屍術師インフェルノ・カイザー》がおり、そちらの踏み倒し範囲内かつ自前で墓地にいけるなど相性の良いカードも存在する。《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》によらない黒赤緑ビートダウンに仕上げられるようになった。

鬼タイム時はわずか3コストT・ブレイカースピードアタッカーマッハファイター墓地召喚を兼ね備えたパワー13000のクリーチャーと、かなりのスペックのアタッカーとして扱える。【墓地ソース】などのビートダウンの場合《一王二命三眼槍》ターンを凌ぐことができるため、鬼タイムを達成した状態で自分のターンを迎えやすい。【ドギラゴン閃】系列を相手にすることを考えると、鬼タイムを達成した場合は《蒼き守護神 ドギラゴン閃》マッハファイターで処理する役を担うことができる。

3色ゆえの欠点はあるだろうが、それを補って余りあるカードパワーを誇るスペックであると言える。

自分のシールドを管理しないデッキでは、クリーチャーとして融通が利きづらいのはマイナス。

環境において

DMEX-15期にこれを入れた黒赤緑構築の【墓地ソース】オリジナルで流行。以降も、自然コスト踏み倒しメタフシギバースなどを同時採用できることなどから、王来篇環境 (オリジナル)で偶にチャンピオンシップ上位入賞を果たすことがある。

登場からしばらく、【ゼロ・ルピアループ】墓地肥やし手段として使われることもあった。鬼タイムを発動すれば最悪これを並べて適当なクリーチャーとでワンショットプランを取れる、マッハファイターを活かせば《「大蛇」の鬼 ジャドク丸》のような確定除去級のシステムクリーチャー除去手段に化けるというのも採用理由としてはあった。

ルール

他のカード・デッキとの相性

テキスト関連

  • 鬼タイムの実際のテキストは以下のようになる。
    <鬼タイム>自分と相手のシールドの数が合計6つ以下なら、真上の■能力を無視する。

その他

関連カード

収録セット

参考