破壊(はかい)

デュエル・マスターズ総合ゲームルール Ver.1.29より

701.6.破壊する

701.6aカードを破壊するとは、それをバトルゾーンから墓地に置こうとすることです。

701.6b破壊されたカードはその結果として墓地に置かれます。

キーワード処理の1つ。

上述の通り、バトルゾーンにあるカード墓地に移動させようとすることである。

除去としては最もポピュラーな方法。
墓地に送られたカードは気軽に手出しできないので、破壊による除去は確実な妨害行動と言える。

ただし、墓地に送られたクリーチャーは、リアニメイトバトルゾーンに戻されたり、サルベージ手札に加えられることもある。文明が主体のデッキを相手にする場合は注意が必要である。

《デーモン・ハンド》《めった切り・スクラッパー》など、クリーチャーを破壊する効果は一般的に文明文明に多く見られる。
その中でも主に火文明が持つ、一定のパワーやコスト以下のクリーチャーを破壊するものを、俗に火力と呼ぶ。
その他、タップされたクリーチャー殴り返しするなどして相手クリーチャーを破壊することが可能。

もちろん、相手も自分のクリーチャーを破壊しようとしてくるので、あらかじめハンデスしたり、ブロッカーを用意するなどして対策したい。

破壊はデュエル・マスターズの基本的なルールの1つなので、よく念頭に置くべきだろう。

2022年4月8日のルール変更により、従前の「クリーチャーをバトルゾーンから墓地に置こうとすること」から「カードをバトルゾーンから墓地に置こうとすること」に変更された。

ルール

  • バトルゾーンにあるカードが墓地に置かれたこと、あるいは置こうとすることが「破壊」である。
    • 進化クリーチャーの下のカードが墓地に置かれる場合は、特性を持たないカードが破壊された扱いとなる。ドラゴンが破壊されることを置換する「セイバー:ドラゴン」なら、進化クリーチャーの下にあるドラゴンがバトルゾーンから墓地に置かれる時、置換対象外の破壊なので効果を使うことができない。
  • バトルゾーンから墓地以外に置かれようとしたカードが置換効果で墓地に置かれた場合は、結果的に「破壊」扱いになる。
  • バトルゾーンにあるカードを墓地に置こうとするのが「破壊」というのであって、手札やマナゾーンなど、バトルゾーン以外のゾーンからカードを墓地に置こうとするのは破壊扱いにならない。
  • バトルに負けて墓地に置かれる場合も「破壊」に該当するため、「墓地に置かれる(た)時」「破壊される(た)時」の能力の誘発に関係する。
    • カードの下にあったり、封印として裏向きでバトルゾーンにあったカードがバトルゾーンから墓地に置かれた場合、クリーチャーとして破壊されたわけではないため「このクリーチャーが破壊された時」の能力は使えない。
+  2022年4月8日ルール改訂前

「破壊した」と「破壊された」について

  • 「破壊した」というテキストだと、結果としてバトルゾーンから墓地に置かれなくても参照される。「破壊」とは「結果として墓地に置かれる(701.6b)」だけであり、「バトルゾーンから墓地に置かれそうになる(701.6a)」だけでも破壊になる。
    • 2012年7月17日施行のルールによって、最新の裁定と同じく、クリーチャーが実際にバトルゾーンから墓地に置かれなくても「破壊したクリーチャー〜」の効果が使えるようになった。後述の《ヒラメキ・プログラム》も、この裁定と同一視され、結果的に破壊されなくても特性を参照できた。

「時」がある「破壊された」とあるテキスト

「時」がない「破壊された」とあるテキスト

  • 2つの能力にまたがる「破壊する」と「破壊された」が存在する《BAKUOOON・ミッツァイル》は、「時」がある「破壊された」とあるテキストと同じく、実際に破壊されたクリーチャーのみをカウントする
  • 《禁断竜王 Vol-Val-8》のような「このターン破壊されたクリーチャー」を意味する指定も、1つの能力内で破壊を実施するものではないため、「時」がある「破壊された」とあるテキストと同じく、実際に破壊されたクリーチャーのみをカウントするEXライフなどで、破壊を置き換えて墓地に置いたという結果が残せなかったら、このターン破壊されたクリーチャーとして数えることはできない。

破壊されない」について

  • 破壊されない」というのは「離れない」効果の一種で、バトルゾーンから墓地に置かれることはないが、墓地に置こうとすることはできる。そのため、墓地に置かれはしないものの、「破壊されないクリーチャー」を破壊することはできる。

701.23. (封印を)外す

701.23a 封印を外すとは、封印を付けられているカードから封印を墓地に置こうとすることです。

ルール変更により、「封印を外す」という行為は、「封印を破壊する」と全く同じ意味となった。

《FORBIDDEN SUNRISE 〜禁断の夜明け〜》が、「封印の破壊」以外の方法で封印がすべてなくなった場合に誘発するかは不明。

その他

  • バトルに基づく破壊を、俗に戦闘破壊という。
  • 闘魂編DMC-13まで「持ち主の墓地に置く。」という表現だったが、聖拳編以降は「破壊」に置き換わった。再録されたものも「破壊」という言葉に置き換えられる。現在では、「クリーチャーを墓地に置く」と表現されているものも「破壊」と同義と見なすと、正式回答が出ている。
    • かつては、再録されずテキストが変わっていないものについては、元のテキストのまま解釈することになっていた。例えば《闇侯爵ハウクス》pig能力は「破壊されたとき」ではなく、「墓地に置かれた時」のテキスト通りに解釈された。この場合、破壊としては扱われない墓地送り(進化元封印としてカード指定除去された場合)でも能力が使えるということになっていたが、現在の裁定ではこのルールは消滅した。
    • 混乱を防ぐためかDMEX-08では「墓地に置かれる時」「墓地に置かれた時」が「破壊される時」「破壊された時」に置き換えられている。
    • DMSD-20DMSD-21発売に伴う総合ルールのアップデートで、クリーチャー以外の「バトルゾーンから持ち主の墓地に置く」効果すべてがルール上破壊に該当することになった。

参考


公式Q&A

Q.自分の《Code:1059》をバトルゾーンから墓地に置いた時、《黒神龍グールジェネレイド》の「ドラゴンが破壊された時」の能力はトリガーしますか?
類似例:《ダーク・ルピア》
A.はい、トリガーします。オーラが墓地に置かれても、それは破壊されたことになります。《Code:1059》はドラゴンですので、それが破壊されたことにより《黒神龍グールジェネレイド》の能力がトリガーします。
引用元(2022.4.8)

Q.自分の《ダーク・ルピア》がバトルゾーンにいる状況で、自分の封印が1つ、墓地に置かれました。そのカードがドラゴンである《ボルシャック・栄光・ルピア》だったのですが、ドラゴンが破壊されたとして、《ダーク・ルピア》の「自分のドラゴンが破壊された時」の能力で相手のクリーチャーを1体破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。バトルゾーンから墓地に置かれた封印は破壊されたことになりますが、裏向きのカードは特性を参照できません。表面がドラゴンだったとしても、その特性を確認できないので、《ダーク・ルピア》の能力はトリガーしません。
引用元(2022.4.8)