【ロストパラダイスワルツ】

概要

連結ディスペクタートリガーとするアタック・チャンスを持つ《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》暴発効果により、アドバンテージを稼ぎながらのビートダウンを行う。

聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ VR 光/闇/火文明 (6)
呪文
アタック・チャンス:光と闇と火を持つディスペクター(自分の光と闇と火のすべてを持つディスペクターが攻撃する時、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。)
次の自分のターンのはじめまで、自分の手札に加える、コスト8以下のシールドカードすべてに、「S・トリガー」を与える。
自分のシールドを1つブレイクする。その後、相手のシールドを1つブレイクする。

主要カード

文明カード名コスト備考
光/闇/火《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》6コンセプト。自分のシールドコスト8以下をS・トリガーし1枚暴発させつつ、相手のシールドも削る。

候補ディスペクター

アタック・チャンスの対象となるディスペクター一覧は《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》を参考。
このデッキではその中でもS・トリガー化等との噛み合わせからコスト8以下のスピードアタッカーの選出となる。

文明カード名コスト備考
光/闇/火《聖魔連結王 ドルファディロム》8相手の単色呪文ロックおよび単色クリーチャーの殲滅と、制圧能力は非常に高い。しかし8コストという重さは連結カラーではワンテンポ遅れやすく、他の候補が対応している《ドラゴンズ・サイン》踏み倒し範囲外となる。
《熱核連結 ガイアトム・シックス》7二度の9000火力と被選択時オールハンデスによる疑似アンタッチャブルで対処され辛い。
《滅印連結 ヴァルハルザーク》7自軍登場時のタップ能力、相手クリーチャー破壊時のシールド追加能力により攻守ともに有用。
《覚醒連結 XXDDZ》7味方全体にスピードアタッカー&スレイヤーを付与する他、EXライフコストにした自分のターン開始時までの呪文ロックが強力。
《魔帝連結 ガイゼキアール》6連結派閥では最軽量のためマナカーブを繋げやすい。カウンターのドローハンデスタップの選択効果もささやかだが腐る事は少ない。
光/火《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》8コストが重いアタック・チャンス非対応の多色ディスペクターだが、自身の能力で《ロストパラダイスワルツ》を墓地回収アタックトリガーで踏み倒す、EXライフ付きでパワーが《ドルファディロム》を超える大型ブロッカーなため暴発候補として無理を押して採用する価値がある。

候補ディスタス

文明カード名コスト備考
光/闇《腐聖 ブラッドウ-2》3相手プレイヤーを攻撃できないキャントリップブロッカー
光/火《神官 フンヌ-2》3スピードアタッカー警戒ブロッカー
《勇聖 アールイ-2》3スピードアタッカーであり、破壊されても後続のディスタス等を呼べる。
闇/火《腐勇 ドルマーク-2》3スレイヤーG・ストライク
光/闇/火《魂具 ドリスコ-3》33色としては淡白だがササゲール3により唯一7マナディスペクターへ繋がる。G・ストライク
《Disアサイラム》4スピードアタッカー、自分のクリーチャーが破壊されるたび相手のクリーチャーをフリーズする。

その他候補

《ロストパラダイスワルツ》で捲れること、《覚醒連結 XXDDZ》がいれば更にスピードアタッカー化できること等を加味して選択したい。上記の《ロストパラダイス》からディスタス~ディスペクターまで全てが多色のため、できれば単色を優先し事故率の軽減を図るべきだろう。

文明カード名コスト備考
《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》25《ミクセル》はコスト踏み倒しメタとして優秀かつ、《ジャミング・チャフ》は手打ちもしやすく《ロストパラダイスワルツ》で捲れても強力。
《ドラゴンズ・サイン》5このデッキのディスペクターのほとんどを踏み倒せる、何時捲れても効果を発揮しやすいS・トリガー。
《音感の精霊龍 エメラルーダ》5S・トリガーの暴発が使用可能なシールド入れ替えを行えるブロッカー。《ドラゴンズ・サイン》にも対応している。
《残虐覇王デスカール/ロスト・ソウル》87オールハンデスにより相手の選択肢を一気に削ることが出来る。《覚醒連結 XXDDZ》が場にいる場合《残虐覇王デスカール》として場に出すのも有り。防御力を増強したい場合は《ロスト・Re:ソウル》
《凶鬼卍号 メラヴォルガル》8お互いのシールドを2枚効果ブレイクするため一気に決着が近づく。
《悪魔龍 ダークマスターズ》73枚ピーピングハンデスしつつW・ブレイカーが残る。
《黒神龍ブライゼナーガ》6自分のシールド全てを暴発させられる。既にいるディスペクターのEXライフが消えてしまうのには注意がいるが、追加のディスペクターを複数踏み倒せたのならば十分だろう。
《スクリーム・チャージャー》4墓地肥やしと闇のカード墓地回収チャージャー。闇単色ながらマナを伸ばしつつ《ロストパラダイスワルツ》を探すことができる優秀な1枚であり、暴発で捲れても唱えたばかりの《ワルツ》を即手札に補充できる。
《龍装車 マグマジゴク/地獄スクラッパー》77《ロストパラダイスワルツ》で捲れれば自前でスピードアタッカーかつお互いの効果ブレイクによりワンショットと更なる踏み倒しを見込める。呪文面のS・トリガー火力【速攻】対策にも。

このデッキの回し方

3マナ目でササゲール持ちディスタスを出し、4マナ目でディスペクターへと繋げたい。
出したディスタスが、ササゲール2なら《魔帝連結 ガイゼキアール》のみ、《魂具 ドリスコ-3》なら7マナディスペクターへと繋げることが出来る。
攻撃しアタック・チャンスで《聖魔王秘伝ロストパラダイスワルツ》を踏み倒し、その効果で更にシールドから踏み倒しをしてビートダウンしていこう。
もし《ロストパラダイスワルツ》を引けていない場合、単純にディスペクターでアタックするだけでは中途半端な利敵行為に終わりやすいので、《スクリーム・チャージャー》等で探すことを優先しよう。

長所

暴発が上手くいけば4ターン目に連結ディスペクターが複数並んだり、呪文ロックや大量ハンデスカードで相手のテンポを大きく崩すことが出来る。《ロストパラダイスワルツ》を唱えた際のシールドは相手のターンにもS・トリガー化している為、返しのワンショットも防ぎやすい。

短所

《ロストパラダイスワルツ》が引けなかったり、暴発先が軽量ディスタスだった場合デッキの動きとしてはかなり落ちる。
また、こちらが動く前に【速攻】にシールドを多量に割られてしまうと、暴発できる枚数が減り攻守ともに先細りするだろう。

暴発オールサンライズ

《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》アタックトリガー《オールサンライズ》を唱えて山札シールドを入れ替え、《バウ・M・ロマイオン》のEXライフシールドが離れた時の能力で《ロストパラダイスワルツ》を唱えることで、山札のカードを全て暴発させるデッキ。要求カードの多さから【白青赤天門】の基盤を用いる型が多い。

候補カード

《オールサンライズ》キーカード。山札のカードをまとめて1つのシールドにする
《その子供、可憐につき》《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》スピードアタッカーにする
《T・T・T》基本は序盤の手札補充用だが、スピードアタッカーを付与するのは次に召喚したクリーチャーのため、S・トリガーで出したクリーチャーをSA化できる
《神の試練》薄くなった山札を引き切り追加ターンを獲得する
《星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート》《ヘブンズ・ゲート》より早く《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》を出すなら。クリーチャー面はコスト9だが、ツインパクトの特性により《ロストパラダイスワルツ》で直接出せる
《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》自軍にダイヤモンド状態を付与。《その子供、可憐につき》と違い除去されても効果が持続し、またG・ストライク対策にもなる

コンボを決めた際にはシールドが0枚になっている筈なので、スーパー・ボーナス革命0も容易に発動させることが出来る。
《神の試練》を唱える時、確実に追加ターンを獲得するためにも《T・T・T》などドロー呪文やEXライフ能力で山札を2枚にしておくのが望ましい。逆にEXライフで増えたシールドは《ロストパラダイスワルツ》で減らせばスーパー・ボーナス革命0の妨げにはならない。

参考