執拗(しつよう)なる鎧亜(がいあ)牢獄(ろうごく)

執拗なる鎧亜の牢獄 UC 水/闇/火文明 (5)
呪文
相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。その後、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。その捨てたカードが手札に戻したクリーチャーと同じ名前のカードであれば、相手のシールドをひとつ選び、持ち主の墓地に置く。

DM-26で登場した//呪文

バウンスハンデスシールド焼却能力が1枚のカードに詰め込んである。《陰謀と計略の手》上位種といったところか。

イメージとしては、バウンスしたクリーチャーをランダムハンデスで引き当てたらボーナスが入る効果だが、名前さえ一致していれば実際にバウンスしたクリーチャーではなくてもシールド焼却は発動する。デッキに複数枚搭載されている可能性が高い《青銅の鎧》などを狙えば、それなりの確率でシールド焼却ができるだろう。

3カードなので序盤のマナ基盤としても優秀。《神秘の宝箱》マナに埋めれば序盤の動きが安定する。青黒赤の性質にマッチした優秀なカードの一つだと言えよう。

また、《陰謀と計略の手》と異なり、進化クリーチャーも対象に取ることができるため、《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》などの対策としても有効。

その他、《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》などの厄介なシールド・フォースの対策としても有効。相手の手札が少ない時を狙えばシールド・フォースシールド墓地に置いて無効化させることができる。また、シールド・プラスによって重なっているシールドでもまとめて墓地に置くことができる。《メロッペ》がいても《メロッペ》を先に除去できる。

  • 相手の手札が無いときに使えば、選んだクリーチャーを手札経由で墓地に置け、そのままシールド焼却もできる。
    • ただし進化クリーチャーなど、1体に複数のカードを含むクリーチャーを対象にする場合は運が絡む。

ルール

焼却が可能なパターン

焼却が不可能なパターン

少々ややこしいため、確認しておくことを強くオススメする。

デュエル・マスターズ プレイスでは

執拗なる鎧亜の牢獄 R 水/闇/火文明 (5)
呪文
相手のクリーチャー1体を手札に戻す。その後、相手の手札をランダムに1枚捨てさせる。その捨てたカードが手札に戻したクリーチャーと同じ名前のクリーチャーであれば、相手のシールド1つを墓地に置く。

さりげなく「同じ名前のカードであれば」から「同じ名前のクリーチャーであれば」に変更されている。
現時点では全く影響はないが、今後この違いが生きてくる可能性もある。
TCG版ではカードそのものの名前を見るため、ツインパクトカードのクリーチャー側だけ見ることはできなかったが、デュエプレ版はクリーチャー側の特性を見ることができそうである。

ゴッド・クリーチャーをバウンスした場合、そのゴッド・クリーチャーを呼び出すゴッド・カードをハンデスしてもシールド焼却はできない。

マッドネスをバウンスし、それと同じ名前のカードをハンデスしたらシールド焼却できる。「捨てたカード」は「捨てようとしたカード」と同じ意味であり、置換効果により結果として墓地に置かれなくても処理が行われるため。
ただし《円舞の使徒ラストル》がいて、そもそも「捨てることが禁止されている」場合はシールド焼却できない。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMD-24DMPP-08
    強さだけでなく、優しさも持たなければ英雄とはなれない。

収録セット

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズ プレイス

参考