()()かれし永劫(えいごう)、エムラクール》

引き裂かれし永劫、エムラクール P 無色 (15)
クリーチャー:エルドラージ/ゼニス 15000
飛行(このクリーチャーは、飛行を持たないクリーチャーから攻撃もブロックもされない)
T・ブレイカー
このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、このターンの後もう1度自分のターンを行う。
このクリーチャーが攻撃する時、相手はバトルゾーン、シールドゾーン、マナゾーンにある自身の表向きのカードを合計6枚選び、墓地に置く。
エターナル・Ω(このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりに手札に戻す)

DMEX-08で登場したエルドラージ/ゼニス

Magic:The Gatheringとのコラボカードである。

15コストという途方もないコストをしているが、その能力は強力で、ほぼすべてのクリーチャーに攻撃ブロックもされない能力を持つ。アタックトリガー破壊シールド焼却ランデスを相手に選ばせる形で合計6枚行う能力も強力(本家の「滅殺」の再現)。ただし、裏向きカードは選べないので、バトルゾーンマナゾーンが空でもシールドを燃やし尽くしていきなりダイレクトアタック…とはいかないので注意。

そして、何と言っても召喚時限定cipによるエクストラターン獲得が魅力。事実上のスピードアタッカーとしても使える。
召喚さえすれば無条件でエクストラターンを得ることができるのは《勝利宣言 鬼丸「覇」》にはない持ち味。

問題は15コストという莫大なコスト。あらゆるマナブーストを駆使しても、普通にコストを支払って召喚するのはオーバーキルだろう。そのため、「召喚」扱いになるコスト踏み倒し《イッツ・ショータイム》《天運ゼニスクラッチ》などから出すことを考えたい。

仮に召喚したとしても1体でフィニッシュに持って行くことは難しい。例えば、相手のクリーチャーが4体以上あり、シールドゾーン表向きのカードがない場合、残りの枠の分でランデスを浴びたとしても、S・トリガーを踏ませてターンを凌ぎ、返しにスピードアタッカーで返り討ちにする、と言う負け筋が考えられる。

また、【サッヴァーク】などシールドゾーンに大量のカードを蓄えるデッキなどでは延命されやすい。

そしてさらに、後述のルールで詳しく述べるが、アタックトリガーによる除去は、相手側に《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》《滅亡の起源 零無》《零龍》のいずれかがバトルゾーンにあると、墓地送りにするカードを1枚に抑えられてしまうという大きな弱点も抱えている。

ロマン性は光るが「それだけのマナがあるなら他の現実的なフィニッシュ手段が豊富」というオーバーキルカード特有の難点を抱えている。
【ターボゼニス】全盛期とは異なり、マナブーストからのフィニッシャー展開というビッグマナのスタイルが下火になってしまっているのも向かい風。
とはいえ本家《エムラクール》の根強いファンによるファンデッキでの需要があり、封入率が低い事もあってシングルカードにおける相場もかなり高め。

ルール

暫定回答

両面カードどちらの面が表でも「表向きのカード」として扱われる。そして、《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》《滅亡の起源 零無》《零龍》は5枚のカードで構成されており、バトルゾーンを離れないため、相手がこれらのカードをバトルゾーンに用意していた場合、墓地送りにするカードの枚数を1枚に抑えられてしまう。

暫定回答なし

バトルゾーンに自分の《煌龍 サッヴァーク》がいる状態で、自分のバトルゾーンにあるクリーチャーAと表向きのシールドカードBが墓地送りにする場合、《サッヴァーク》の置換効果でBを墓地送りにしてAをバトルゾーンに残せるかは暫定回答なしになっている。もし、置き換えられるのであれば、墓地送りになるカードの枚数を減らせる。

収録セット

参考


[1] MtGでは《対抗呪文》などのカードによってカードのプレイを阻止する事が可能。打ち消しとはそれの事である。
[2] 対象の色のカード効果で選ばれず、そのクリーチャーやエンチャントからのダメージも0にしてしまう能力。このエムラクールであれば有色の呪文がほぼ効かない
[3] 本家は「伝説のクリーチャー」である為、ルールにより1枚しか存在できない