《インフェルノ・ゲート》

インフェルノ・ゲート R 闇文明 (5)
呪文
進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。
※プレミアム殿堂

DM-19で登場した呪文

自分の墓地から進化ではないクリーチャーを1体リアニメイトする。

単純明快で短い一文の能力テキストだが、その内容はとんでもなく凶悪である。
進化であれば、コスト文明種族能力なども問わずリアニメイトできる。
墓地クリーチャーサルベージを挟まず直接場に出せるリアニメイト特有の即効性に加え、このカードは超高コストフィニッシャーですら、たった5コストコスト踏み倒しできるのである。

デュエル・マスターズにおいて、初めて登場したリアニメイトカードだが、おそらくは前例がないためにうまく調整できず、このような性能になってしまったのだろう。
しかし制限のないコスト踏み倒しが必要以上に上振れすればゲーム性の破壊につながるのは明白である。
年数を経るごとに踏み倒す対象の質が上がると、《インフェルノ・ゲート》も順当に殿堂プレミアム殿堂と制限されていった。

《母なる大地》《ミラクルとミステリーの扉》《エンペラー・キリコ》などと共に、コスト踏み倒しの強力さを物語る象徴的カードである。
また、デュエマにおけるリアニメイトの元祖ながら、その強力さを証明したカードでもある。

環境において

DM-19《インフェルノ・ゲート》が登場。当時から《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》が大暴れしてしており、プレイヤー達は《ダンディ・ナスオ》とのコンボをすぐに見出した。間もなく【茄子サファイア】が確立され、その名を轟かせることになる。これは、リアニメイトコスト踏み倒しすればマナブーストをせずとも《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》を出せるという変化をもたらし、【除去サファイア】など新たなサファイアデッキのアーキタイプを生み出すこととなった。サファイアの運用性は跳ね上がり、後に「サファイア地獄」と呼ばれた惨状を生み出すことになる。

今でこそ多くのプレイヤーから凶悪な1枚と認知されているカードではあるが、当時のカードプールでは踏み倒して出せる強力なフィニッシャー《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》くらいしかいなかったため、プレイヤーのヘイトはその《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》に集中しており、このカードが危険と判断されるには至らなかった。

しばらくして《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》プレミアム殿堂入りとなる。《インフェルノ・ゲート》で呼び出せる強力なフィニッシャーがいなくなってしまったため、この呪文環境から身を引くことになった。

《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》禁止から1年を待たずに、DM-22にて《光神龍スペル・デル・フィン》が登場。《インフェルノ・ゲート》が待ちわびた優秀な高コストフィニッシャーであり、《インフェルノ・ゲート》の地位を再び押し上げる要因となった。

2008年4月15日に《インフェルノ・ゲート》を含め多くのカードが殿堂入り殿堂入りは痛手ではあったが、《魂と記憶の盾》《母なる大地》が同時に殿堂入りしたことはリアニメイトデッキにとっては追い風でもあった。

戦国編ではこのカードの調整版である《インフェルノ・サイン》が登場。同時期に登場した《邪眼皇ロマノフI世》と組み合わせた【ロマノフサイン】《龍仙ロマネスク》と合わせた【ロマネスクリアニメイト】が確立し、メタゲーム入りを果たすとリアニメイト戦術は最盛期を迎えた。
この時の主力はもっぱら《インフェルノ・サイン》であったが、《魔龍バベルギヌス》と《インフェルノ・ゲート》を使い8以上の高コストクリーチャーコスト踏み倒しを狙う戦術も行われた。

そして神化編2009年12月19日、《インフェルノ・サイン》殿堂入りと共に《インフェルノ・ゲート》もプレミアム殿堂へ。手軽なリアニメイト手段は一気に少なくなり、リアニメイトという戦術は限られたデッキでしか扱えなくなった。この頃《ボルシャック・クロス・NEX》が登場し、《インフェルノ・ゲート》のプレミアム殿堂は新たな高コストフィニッシャーを出すための措置であるといわれた。

その他

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-19
    地獄の扉を開くことなど、悪魔神にとっては容易いことだ。

収録セット

参考