《ローズ・キャッスル》

ローズ・キャッスル UC 闇文明 (3)
バトルゾーンにある相手のクリーチャーすべてのパワーは-1000される。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DM-30で登場した

相手クリーチャー全てに-1000のパワー低下をかける常在型能力を持った。常在型効果で無条件のパワー低下を仕掛ける能力はこのカードが初。

シールドブレイクされればすぐに効果は消えてしまうが、除去呪文のような感覚で相手クリーチャーを最低1体破壊しつつ出せば、3コストと軽いのでアドバンテージ的には損失は少ない。《解体屋ピーカプ》のような低パワースピードアタッカーの足止めにもなるため、ビートダウンにもある程度強かった。
運よく残ったならば、このカードのコストパフォーマンスターン経過に従いさらに上がっていく。

ただし、速攻に入るウィニーにはパワー1000を上回るものも多いので、このカードがそのまま対策になるとは限らない。《死神術士デスマーチ》《ねじれる者ボーン・スライム》を使う【墓地進化速攻】には効果的だが、《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《無頼勇騎タイガ》などのパワーが主力のステロイドには大して効果が無い。

今では、常在型能力によるパワー低下に関するルールを説明するときの教材として使われる。

ルール

環境において

ウィニーインフレが大して進んでいない登場当時は、パワー1000のシステムクリーチャーが幅を利かせていたため、数ターンもの間それらを場に出す事すら防げた。

パワーを下げるため火力の補助も出来、特に《地獄スクラッパー》《火焔タイガーグレンオー》などの複数火力とは相性がよかった。

覚醒編当時、射程に入る主なクリーチャーは以下の通りであった。

《希望の親衛隊ファンク》登場後はより汎用性の高いそちらが優先されるようになった。そもそも通常のデッキの場合はマナブーストしつつ防御S・トリガー《ドンドン吸い込むナウ》で凌げば5マナ到達などすぐであり、5コストという重さは機能しづらかった。何ならドラゴン・サーガ環境を支配していた【グレンモルト】の場合、《天真妖精オチャッピィ》S・バックを利用すれば3ターンに《希望の親衛隊ファンク》を着地させることも十分できたほどで、そうなると【黒緑速攻】ほどの速度の速攻でも手の施しようが無かった。

革命編以降の環境では侵略革命チェンジなどで出てくる大型によるビートダウンが主流となっているため、このカードが全く刺さらない場面が激増。

ジョーカーズビートジョッキーなど、新章デュエル・マスターズの新しい支配種族の多くは2000というパワーラインが1つの基準となっているため、やはりこのカードが腐る場面が目立った。一時期【ジョバンニスコール】【ゲイル・ヴェスパー】へのピンポイントメタとして候補に挙がることもあったが、やはりピンポイントなので、環境での活躍は絶望的になった。

他のカード・デッキとの相性

その他

  • 薔薇城と、そのままの意味で呼ばれることがある。(>俗称一覧
    また、ファイアー・バードにはパワー1000が多いため、別名「焼き鳥城」とも呼ばれる。
    実際に漫画「SX」番外編では歩亜崎ララが、アニメではT (トト)ザキラが使用し、いずれも勝舞ファイアー・バードを焼き払っている。
    一方でこのカードが環境で刺さる場面が減ったことで退場したことが、後に《コッコ・ルピア》の復権にもつながっていたりする。

サイクル

DM-30アンコモン

関連カード

収録セット

参考