【青緑ジョーカーズ】

自然ジョーカーズを主軸とした【ジョーカーズ】DMRP-11期に成立。

スゴ腕プロジューサー VR 水文明[ジョーカーズ] (5)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 3000
ブロッカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時またはバトルゾーンを離れた時、GR召喚する。
りんご娘はさんにんっ娘 VR 自然文明[ジョーカーズ] (6)
呪文
S・トリガー
このカードをバトルゾーンに出す。
このターンの終わりに、このカードをバトルゾーンから自分のマナゾーンに置く。
ジョリー・ザ・ジョルネード MAS 水文明[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ/ワンダフォース 10000
マスターJトルネード:相手のターンの終わりに、このクリーチャーが自分の手札にあり、このターン中に自分の他の「マスターJトルネード」能力をまだ使っていなければ、自分のジョーカーズ・クリーチャーをコストの合計が10以上になるように好きな数選び、手札に戻してもよい。そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を3回する。
自分のジョーカーズはブロックされない。

主要カード

《スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘》素出ししてよし、S・トリガーで出してよしのカウンター獣
《ジョリー・ザ・ジョルネード》カウンター戦術の中心

主要Jチェンジ要員

クリーチャーJチェンジ用途
《タイク・タイソンズ》4場を離れた時に1マナ加速
《シューズッキュン》4マッハファイター。ミクセルやオニカマスと相打ちする役目も考慮するなら
《ソーナンデス》8マッハファイターで敵を殴りつつ、手札を捨ててマナ回収

他自然

主要Jトルネード要員

《バブるーと》アタックトリガーJトルネードするとGR召喚
《スッポンジトム》アタックトリガーでJトルネードすると2ドロー
《できんダック》アタックトリガーでJトルネードからのパワー6000以下バウンス

無色

超GRゾーン

【青緑ガンバトラー】

主要カード

このデッキの回し方

序盤はコスト軽減マナブースト、GR召喚を活かして展開し、5マナ貯まったあたりで《ヘルコプ太》召喚して大量ドロー《奇石 ミクセル》の能力を《ガンバトラーG7》が受けない7マナ辺りになったら1ショットキル打点と本体を用意し、そのまま《ジョジョジョ・マキシマム》を絡めて詰める。

長所・短所

【青ジョーカーズ】と比べてマナが伸びるのでメタカードには比較的強い。しかしが増えたのでプレイング次第では事故率が上がる。

勿論《ガンバトラーG7》軸のご多分に漏れず準備段階での全体除去、クリーチャーによる過剰なカウンターの連打、《ウォズレックの審問》などの軽量ピーピングハンデスには弱い。

打点はギリギリになりがちなので相手の《DROROOON・バックラスター》が予め立っている中で《スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘》が捲れるとそこから展開されて除去を連打されて崩れることもしばしば。

環境において

DMRP-11発売直後はそこそこ使われたが、相手への干渉が苦手なことと《DROROOON・バックラスター》《スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘》の組み合わせに手を焼くことから早々に環境から脱落した。

ところがDMEX-08期のチャンピオンシップを2日連続で優勝したという報告が聞かれ、そのレシピが話題となった。そちらのレシピには《洗脳センノー》《Mt.富士山ックスMAX》《シックス・ピストルズ》が投入されているのが特徴。

【ダンダルダデリート】

主要カード

【青緑ガンバトラー】に《無限合体 ダンダルダBB》《オールデリート》《禁断〜封印されしX〜》タッチし、《オールデリート》の早期踏み倒しによる勝利を勝ち筋として取り入れたデッキタイプ。

《タイク・タイソンズ》によるJチェンジ、軽量GR召喚クリーチャー《ジョリー・ザ・ジョルネード》マスターJトルネードのコストを用意し、《ジョリー・ザ・ジョルネード》《無限合体 ダンダルダBB》を捲ってから《無限合体 ダンダルダBB》アタックトリガー《オールデリート》を踏み倒して勝つ。

早ければ4ターン目に《オールデリート》唱えられる上に、初見では《禁断〜封印されしX〜》《テック団の波壊Go!》対策にしか見えずタネがバレにくい。また、《オールデリート》が唱えられなくとも《ガンバトラーG7》で勝ちに行けるため勝ち筋は広め。一方、《ジョリー・ザ・ジョルネード》《無限合体 ダンダルダBB》が早期に捲れるかどうかは運次第なので、真剣勝負用というより嗜みに適したデッキ。

DMRP-12発売直前にチャンピオンシップ準優勝を記録したデッキタイプ。

【青緑ジョラゴン】

主要カード

《ジョット・ガン・ジョラゴン》核。ジョラゴン・ビッグ1手札から捨てたジョーカーズcipを使える
《アイアン・マンハッタン》cipで相手のシールドを2枚残して全てブレイク。更に、手札を1枚捨てると次のターン相手はクリーチャーを2体以上出せなくなる
《キング・ザ・スロットン7/7777777》展開補助及び相手依存の除去札
《ワイルド・シールド・クライマックス》《ジョラゴン》専用の防御札。cipでパンプアップした上で強制バトル
《燃えるデット・ソード》cipで相手の場、手札、マナから1枚ずつボトム送り+3ドロー

超GRゾーン

このデッキの回し方

《ジョット・ガン・ジョラゴン》本体が着地するまでは通常の【ジョット・ガン・ジョラゴン】とほぼ同じだが、《天啓 CX-20》でドローを進めて動きを安定させるところが既存の【ジョット・ガン・ジョラゴン】とは異なる。

その後はループせずに《アイアン・マンハッタン》で相手の展開を封じ、《キング・ザ・スロットン7/7777777》で展開し、《バイナラドア》除去《燃えるデット・ソード》ランデスで雑に勝ちに行く。もしくは《ジョリー・ザ・ジョルネード》のcipで展開し、《マシンガン・トーク》《ゴッド・ガヨンダム》が捲れたらそのままソリティア気味に動く。

長所

《ジョット・ガン・ジョラゴン》さえ着地すればジョラゴン・ビッグ1でハンデスににらみを利かせることができる。

《アイアン・マンハッタン》が刺さるデッキには一方的に勝ちに行ける。侵略ループ1ショットキルなどには滅法強い。

短所

タップイン除去《時の法皇 ミラダンテXII》などでの召喚ロックなど【ジョーカーズ】系統に共通する弱点をこのデッキも持っている。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》が出る前はハンデスに弱い。

除去もGRクリーチャーでありマナドライブの条件が若干重い《バイナラシャッター》を考慮しなければ相手依存《7777777》にほぼ一任されるため、運次第では相手に好き放題動かれることも。

環境において

DMBD-09DMBD-10期からDMSD-13期にかけては【青黒緑デッドダムド】がトップメタであり、そちらに確定で入る《無修羅デジルムカデ》や諸々のハンデス手段に既存の【ジョット・ガン・ジョラゴン】は手を焼いていた。ところが、DMRP-11にトップメタが【青赤緑ミッツァイル】に変わったため、そちらに劇的に刺さる《アイアン・マンハッタン》を持つこのデッキが環境の2番手に浮上した。6マナ貯まるまで積極的に妨害を仕掛けない【青赤緑ミッツァイル】に対して悠々と準備を進められるのも大きく、環境から《奇石 ミクセル》が減少して《ジョット・ガン・ジョラゴン》コスト軽減《キング・ザ・スロットン7》コスト踏み倒しが使いやすくなったことも無視できない。「DMGP-9th」開催から1週間が経過したあたりからチャンピオンシップ4位以内入賞が目立って行った。「DMGP-9th」でもベスト16に輝いている。

2020年1月1日の殿堂レギュレーション改訂では実質無規制となったため、相対的に大幅強化。

【コントロール青緑ジョーカーズ】

【青緑ジョーカーズ】をの防御札とJトルネード《無限合体 ダンダルダBB》による重量級呪文コスト踏み倒しに寄せたアーキタイプ。

主要カード

超GRゾーン

このデッキの回し方

序盤はひたすらマナブーストを行い、一刻も早く《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》展開する。

相手の攻撃を《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》のDスイッチからの《シチュ―引き回し》で凌いだり《全能ゼンノー》で止めたりして、《スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘》《ジョリー・ザ・ジョルネード》などでさらに展開。

手札と盤面の準備が整ったら《ソーナンデス》から《無限杖 フェニクジャーラ》にJチェンジ。《無限合体 ダンダルダBB》があらかじめ立っていればそこから《無双と竜機の伝説》《デビル・リンク・タブー》を踏み倒して安全に1ショットキルする。

弱点

6マナは伸びないと中々フィニッシュまで届かないので、ランデスには比較的弱い。

初動が呪文頼みなので呪文メタもキツイ。腐りやすい軽量マッハファイターなどもカットしているので相手の軽量システムクリーチャー自体が厄介。

【赤青ジョーカーズミッツァイル】などの3ターン目から4ターン目に過剰打点と呪文ロックで押すデッキに対しては防御札が腐りやすい。

参考