偽りの星夜(コードナイト) オレオレ・ダークネス》

偽りの星夜 オレオレ・ダークネス R 闇文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 9000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のコマンド1体につき、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
W・ブレイカー

DMR-07で登場したエンジェル・コマンド/アンノウン

cipで自身のコマンドの数だけハンデスする能力を持つ。
自身がエンジェル・コマンドなので、最低1枚は確約されているが、予め他のコマンドを並べておくことで更にハンデス出来る。

《ウェディング・ゲート》で他のコマンドと同時に出せば手札を2枚、このカードを2体出せば4枚もの手札を捨てさせることが可能。他のエンジェル・コマンドと異なり、自分のシールドを参照したり墓地に置いたりする必要がない点はメリットと言える。

また、7コストと手出しにも十分に耐えうる重さでもある。【ウェディング・ゲート】以外のデッキでは、後に登場した確実に3枚ピーピングハンデス可能な《悪魔龍 ダークマスターズ》の方が安定感において分があるが、このクリーチャーの真価はその《ウェディング・ゲート》に対応しているという点なので、特に差別化を気にする必要はないだろう。

カウントするのはエンジェル・コマンドも含めた全てのコマンドなので、デーモン・コマンドフレイム・コマンドの他、《勝利のガイアール・カイザー》などの各種コマンド・ドラゴンも勘定に入る。

大型ハンデスの強さは《ロスト・ソウル》などで証明済みであり、そこにパワー9000のW・ブレイカーが付いてくる。単純にしてかなり強力なスペックであり、効率よくコマンドを並べられるデッキ構成を心掛ければ存分に活躍してくれるだろう。

関連カード

フレーバーテキスト

収録セット

参考