【ゾンビパルテノンループ】

《ゾンビポンの助》《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》《アクア・ティーチャー》のコンボと山札回復札で毎ターン《エンドレス・フローズン・カーニバル》を使い回すループデッキ。超次元ゾーン超GRに依存しないためオリジナルでも使用可能。
《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》《エンドレス・フローズン・カーニバル》が登場した2020年7月時点で構築が可能になった。
ここではループのメインパーツを占める水文明に、有用なスノーフェアリーが多い白緑をタッチした構築を紹介する。

主要カード

その他有力カード

スノーフェアリー候補

《アクア忍者 ライヤ》や、《アクア・ティーチャー》を出すためのマナ基盤として使える文明のカードを優先したい。裏を返せば、《ライヤ》に依存しきらない構築に寄せれば寄せるだけ、スノーフェアリー側の構築の自由度は段違いに上がる。

《霞み妖精ジャスミン》初動マナブースト。自壊させなければ召喚回数稼ぎのためにも使える
《再生妖精スズラン》初動マナブースト。手札の状況に関係なくマナゾーンから出して召喚回数を稼げる
《珊瑚妖精キユリ》水を含む2コストのスノーフェアリー。コスト軽減能力の恩恵はこのデッキにほぼない
《虹色妖精ポミリン/レイニー・アトラス》《エンドレス・フローズン・カーニバル》サーチできるが、その他の主要カードを持って来れない
《眼鏡妖精コモリ》安定してアンタップインマナブーストができる
《応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」》実質0マナクリーチャーが出た回数を稼げる/汎用除去《ティーチャー》能力ループさせれば手札コストにも困らない

概要

召喚」のルールを悪用したループ。

まず、下記の3つのルール抑えておきたい。

  • 《ゾンビポンの助》はコスト0の無色なので、コストを支払わずに召喚できる。
  • 《ゾンビポンの助》はカードに能力が書かれていないバニラである。注釈文が書かれてあるが、これは能力ではない。
  • 召喚は、バトルゾーンに出せない状態でもクリーチャーを召喚することはでき、この場合「召喚は成立したがバトルゾーンには出ない」という扱いになる。
  1. 最速2ターン目に《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》を展開する。次のターンに《アクア・ティーチャー》と適当なクリーチャーを2体出し、自分のクリーチャーをバトルゾーンに出せない状態にする。
  2. スノーフェアリー5枚、《エンドレス・フローズン・カーニバル》《神出鬼没 ピットデル》山札回復用カードが手札にそろうまで《ゾンビポンの助》を何度も召喚し、《アクア・ティーチャー》の効果でドローし続ける。
  3. 手札にそろえたスノーフェアリー5体のディスカードを代替コストに、《エンドレス・フローズン・カーニバル》を唱える。これにより相手に強力なロックをかける。
  4. 《神出鬼没 ピットデル》山札回復用カードを手札から墓地に捨て、墓地スノーフェアリーごと山札に戻す。
  5. 一度相手にターンを返す。
  6. 2.に戻る。これを相手の山札が切れるまで行う。

山札回復を担える水文明のカードには《永遠の少女 ワカメチャ》《【今すぐ】うわっ…相手の攻撃止めすぎ…?【クリック】》の2種類がある。
前者はループ始動のキーパーツとなり、後者はデッキの防御力を強化できる。環境に合わせて枚数を調整すると良いだろう。

また、《アクア・ティーチャー》《アクア忍者 ライヤ》の3体を召喚する必要があることから、マナ基盤は水が重要になるため、デッキに投入するカードはスノーフェアリーを持つカードを入れるのが望ましい。

カード指定除去を警戒する場合は5マナ貯まるまで手札に《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》を溜め込んでも良い。
その場合ハンデスには注意。

弱点

現実的な確率では最速3ターン目にロックを始動できるものの、手札要求値が高く、4ターン目でも動けないこともザラにある。その局面にメタカードが間に合ってしまうケースも多い。
受けも強くないため【ドギラゴン閃】などの3ターンキルを目指す【速攻】には弱い。

アドバンスでは、【オカルトアンダケイン】などの墓地利用デッキは、《零龍》《百万超邪 クロスファイア》《暗黒鎧 ザロスト》などマナを必要としないクリーチャーを用いてロックを貫通してくるため天敵である。

他にも弱点は多く、下記の通り対策カードは充実している。

対策カード

各種軽量ハンデス

手札要求値が高いコンボであるため、序盤にキーカードを捨てさせることで優位に立ち回れる。
主要パーツは軒並み低コストであるため、ピーピングハンデスができる《ウォズレックの審問》が有用。

各種カード指定除去カード

《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》をどかす。
コスト2と軽いため、《種デスティニー》ら軽量カードでも十分対応できる。

呪文ロック・数字メタ

《エンドレス・フローズン・カーニバル》の詠唱を止め、ロックを防ぐ。
《ミラクルストップ》《奇天烈 シャッフ》など中域コストのものが多いが、決まれば勝率をグンと上げることができる。

《「敬虔なる警官」》

《アクア・ティーチャー》らの召喚を1ターン止めるロックカード。
《アクア・ティーチャー》を先に出されていてもバウンスできる。

その他

  • ドローや手札交換、マナブーストを充実させて安定感を高め、スノーフェアリーを初動、召喚回数稼ぎに最大限利用した型もある。
  • かつてのルールでは、「召喚した時」というのは、「召喚してバトルゾーンに出した時」と同義であり、バトルゾーンに出せない状態にあるクリーチャーは召喚することもできないため、このデッキは成立しなかった。このデッキの誕生によって、多くのプレイヤーが現在の召喚のルールを改めて見直すいい機会になったと言える。

参考