《ダイヤモンド・カスケード》

ダイヤモンド・カスケード C 自然文明 (5)
進化クリーチャー:スノーフェアリー 5000
マナ進化−自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、スノーフェアリーをすべて、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。そうした場合、スノーフェアリーをすべて、自分の墓地からマナゾーンに置く。

DM-32で登場したマナ進化スノーフェアリー
3体目のスノーフェアリー進化クリーチャー
マナ進化だが、能力的に【スノーフェアリー】専用の進化クリーチャーである。

《ダイヤモンド・ブリザード》と違い、墓地のスノーフェアリーはマナゾーンへ置かれる。上手く扱えばマナゾーンの枚数を維持したまま大量のスノーフェアリー回収できる。

《カラフル・ダンス》などの墓地肥やしから繋いだ場合、マナゾーンからまとめてスノーフェアリーを回収しつつ、一気に大量のマナブーストをすることが可能。
スノーフェアリーデッキを固め、大量の墓地肥やしからこのクリーチャーを出せれば、スノーフェアリーの大群を並べることができる。
逆に、このカードを使うならば何らかの墓地肥やしは必須と言えるだろう。

《ダイヤモンド・ブリザード》と比べると、大分使いやすくなっている。
【スノーフェアリー】であるならば、こちらもかなりの爆発力を発揮できるだろう。

  • カスケード(Cascade)とは階段状に緩やかに繋がる一連の小さな滝のこと。カード名を直訳すると「金剛石の小滝」。

関連カード

収録セット

参考