(おう)龍覇(りゅうは) グレンモルト「(やいば)」》

王・龍覇 グレンモルト「刃」 R 火文明 (9)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー 9000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、コスト3以下のドラグハート・フォートレスを2枚まで、または、コスト5以下の火のドラグハートを1枚、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す
スピードアタッカー
W・ブレイカー

DMR-16極に先行収録され、DMR-16真で登場したガイアール・コマンド・ドラゴン/ヒューマノイド爆/ドラグナー
《龍覇 グレンモルト「爆」》のスペックから1コスト増えた代わりに、ガイアール・コマンド・ドラゴンコスト3以下のドラグハート・フォートレスを2枚まで出すことができる能力が追加されている。

ドラゴンが付加されたことによって受けられる恩恵は非常に多く、特に自身から呼び出すことができる《爆熱天守 バトライ閣》《爆銀王剣 バトガイ刃斗》との相性は抜群。自身がドラゴンであるため、召喚したターンの攻撃によってドラゴンがもう1枚めくれれば、それだけで龍解条件を満たすことができる。
元々スピードアタッカーであるため自身への恩恵はあまりないが、同弾の《闘将銀河城 ハートバーン》を呼び出すことももちろん可能。前述の《爆熱天守 バトライ閣》と合わせて呼び出せば、後続のドラゴンおよび龍解後の《爆熱DX バトライ武神》スピードアタッカーにして一気に勝負を決めることができる。また《ハートバーン》が既に出ている時に《銀河剣 プロトハート》を装備させて攻撃すれば、即座に《ハートバーン》を龍解させることもできる。

2枚のドラグハート・フォートレスを呼び出す能力は、《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》の完成を目指す際に役立つだろう。《最前戦 XX 幕府》とも相性が良く、2枚出して攻撃すれば即座に2体ものブロッカー除去が行えるのはもちろん、他に攻撃可能なのクリーチャーが1体でもいれば、龍解させて一気にW・ブレイカー2体を展開するような使い方もできる。その他、《龍魂教会 ホワイティ》を2枚出して相手2体をフリーズさせることでタップキルまたは足止めを行う、《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》のような動きも考えられる。

対抗馬として《超戦龍覇 モルト NEXT》が存在するが、あちらとはドラグハートの呼び出しが無条件であること、素でスピードアタッカーを持っていることなどで差別化が可能。

環境では【準赤単】のサブフィニッシャーとしても軽さとカードパワーで勝る《次元龍覇 グレンモルト「覇」》に使い勝手で劣り、どうしても【準赤単】の主流とは言えない状況にあった。しかし《爆流忍法 不死鳥の術》を軸とした【モルト NEXT】のサブフィニッシャーとして利用すると《超戦龍覇 モルト NEXT》との差別化点が光り、時を経て新章デュエル・マスターズ期になった頃にもこれを3枚入れた《爆流忍法 不死鳥の術》軸の【モルト NEXT】チャンピオンシップ優勝を果たしている。

サイクル

DMR-16極のドラグナーサイクル。
いずれもcipで、コスト3以下のドラグハート1枚(グレンモルトのみコスト3以下のドラグハート・フォートレスを2枚まで)か、同じ文明のコスト5のドラグハート1枚を呼び出すことができる。

関連カード

収録セット

参考