真理銃(しんりじゅう) エビデンス》

真理銃 エビデンス VIC 水文明 (4)
ドラグハート・ウエポン
このドラグハートをバトルゾーンに出した時、または、これを装備したクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引いてもよい。
龍解:自分のターンの終わりに、そのターン、自分の水のクリーチャーまたは水の呪文を合計3枚以上、召喚または唱えていれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。
龍解後⇒《龍素王 Q.E.D.》

DMR-13で登場したビクトリーを持つドラグハート・ウエポン

バトルゾーンに出した時と装備したクリーチャー攻撃する時に1ドローできる効果と、ターン中に合計3回召喚呪文を唱えていれば自分のターンの終わりに龍解する効果を持つ。

ドロー効果を持つものの、他のドラグハート・ウエポンと比べても効果が地味なのでさっさと龍解してしまった方が良いだろう。

このウエポンを出すために召喚したドラグナーも回数に数えるため、そのターン中で龍解するならばあと2回召喚呪文の詠唱を行えば良い。
その際に使用するカード軽量のものならば何でも問題ないが、1コストで使いまわせる《アクア忍者 ライヤ》があればより簡単に条件を満たすことが可能。
その後、水のドラグナーがいればタダで唱えられる《龍素力学の特異点》が登場。出して2枚唱えて即龍解という技ができるようになった。

《龍波動空母 エビデゴラス》とも相性が良く、ウエポン能力はあちらの龍解を手助けし、あちらのドロー能力はこちらの龍解条件を達成させるパーツを集めてくれるということもあり共に助け合う関係にある。
装備できるドラグナーのうち、最もコストが軽いのは《龍覇 メタルアベンジャー》《龍覇 M・A・S》の2体。前者は呪文に対するアンタッチャブルを持つので場持ちが良く、ターンを費やしても龍解を妨害されにくい。
また、1コスト重くなるが《ν・龍覇 メタルアベンジャー R》から呼び出すと、cipとこのカード能力によって計2枚ドローすることができる。

呪文コスト踏み倒しプレイしてもカウントされる。《龍素知新》《甲型龍帝式 キリコ³》などで呪文唱えると一度で複数回カウントするため、呪文コスト踏み倒しするクリーチャーまたは呪文とは相性がよい。

王来篇環境ではウエポン面のみを目当てに【5色グレンモルト】に採用される場合がある。大規模ハンデスを受けた後に今引きの《最終龍覇 グレンモルト》に装備させれば、そのターン中にcipアタックトリガーの分で2ドローできる。

  • エビデンス(evidence)は、証拠・根拠の意。龍解後のQ.E.D.に対応している。

サイクル

DMR-13ビクトリーを持つドラグハート・ウエポンサイクル

関連カード

収録セット

参考