竜皇神(りゅうおうしん) ボルシャック・バクテラス》

竜皇神 ボルシャック・バクテラス OR 光/火文明 (10)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 17000
革命チェンジ:コスト7以上の名前に《ボルシャック》とある多色クリーチャー
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から4枚を見て、その中から《竜皇神 ボルシャック・バクテラス》ではないアーマードを好きな数出す。残りを好きな順序で山札の下に置く。
自分の他のクリーチャーすべてに「ブロッカー」と「スピードアタッカー」を与える。
各ターンの終わりに、自分の他のクリーチャーをすべてアンタップする。

DM23-RP4で登場した/アーマード・ドラゴン

コスト7以上の多色ボルシャックを対象とした革命チェンジを持つT・ブレイカーcip山札の上から4枚を捲り、自身以外のアーマードを好きなだけ出す能力を持つ。それに加え、自身以外の全味方クリーチャーに対し、ブロッカースピードアタッカーターン終了時のアンタップを付与する常在型能力を持つ。

強力なcipを持つが、革命チェンジ条件はコスト・文明・カード名の3要素が求められ猛烈に重い。
なお、このクリーチャーのチェンジ元となれるコスト7以上の多色ボルシャックのリストは下記。

cipは山札の上から4枚をめくり、その中のアーマードを好きなだけコスト踏み倒しで出す能力。自身は対象外となるので連鎖させることは出来ないが、デッキをアーマードで固めておけば十分過ぎる破壊力になる。
この手の大量展開系のカードは別途スピードアタッカーを付与する手段が無ければワンショットしづらいのが基本だったが、このカードは自前でスピードアタッカー付与を持つのである程度自己完結しているのが強み。
万が一ワンショットに失敗しても、ブロッカーターン終了時のアンタップで守りを固めることが出来る。

ドラゴンクリーチャーなので《ブランド <NEXT.Star>》などのドラゴン指定でコスト無制限のコスト踏み倒しにも収まる。そちらがドラゴン基盤なら先攻3ターン目に出ること、さらにボルシャックやアーマードが展開系能力を持っていることを考えると、3ターン目に過剰打点で襲い掛かる余地もある。《聖竜ボルシャック・ウルフェウス》《ボルシャック英雄譚》を同時に駆使して山盛りにアーマードを並べれば、掻き集めた《禁断竜王 Vol-Val-8》耐性とそちらでの追加ターン獲得でやりたい放題もできる。

コスト7以上の名前に《ボルシャック》とある多色クリーチャー

直前弾のDM23-EX2時点で該当するのは僅か5種であったが、収録弾のDM23-RP4で新たに3種追加された。
DM23-RP4発売時点では、自身含めて全9種となる。

  • 《竜皇神 ボルシャック・バクテラス》

背景ストーリーにおいて

太陽をその身に取り込んだ《轟炎の竜皇 ボルシャック・カイザー》の新たなる姿。
本気を出した《アビスベル=覇統=ジャシン帝》とも互角に渡り合える実力を持つ。

アニメ・漫画において

  • アニメ「デュエル・マスターズ WIN 決闘学園編」では第33から第34話でプリンス・カイザ斬札 ウィン戦でカイザが追い詰められた際に女神ウィナの導きにより、《轟炎の竜皇 ボルシャック・カイザー》が解き放った太陽を背景ストーリー同様取り込み進化し、使用しようとしたが、ボルシャック・カイザーのpig能力によって踏み倒された直後に暴走し、さらにデュエルフィールドを飛び出し「フィールド・オブ・ウィナ」を大破させ、学園長の判断によって準決勝は中断となった。
    背景ストーリーとは異なりボルシャック・カイザーはその力を最初から危険視しており「あの力は危険すぎる」とカイザに警告をした。
  • しかしCOMPLEXの策略で自分の母親の死の原因を作ったのがジャシンであると思い込まされたカイザが打倒ジャシンの決意を固め、その覚悟とカイザの母親から託された思いを汲んだボルシャック・カイザーが覚悟を決め単身火文明の《ボルシャックの古代神殿》の太陽に挑み、力を得ることに成功。無理矢理ながら力の制御に成功し、バクテラスの召喚が可能となる。その後は第43話での覚知山 ボウイ戦で本格的に使用し始めた。また、同話のミニコーナーである「今日のカード」としても紹介された。
    • 初召喚時の召喚口上は「見るがいい!二つの太陽が融合する力を、革命チェンジ!」「全ての闇を焼き払う力が欲しい…この身を焦がすことなど厭わない!我は絶望を切り裂く炎の翼!」「我は決して燃え尽きぬ信念の刃!」「運命のプロミネンスよ!光を放ち、爆裂に照らせ!爆!照!爆!照!バアアアアアアアアク!照!爆臨せよ!ボルシャック・バクテラス!」。カイザとボルシャック・カイザーの二人が交互に読み上げており、歴代の効果発動時やドロー、召喚時の台詞と比較しても非常に長い。
    • アニメ漫画におけるライバルキャラの切り札の強化形態であるが、DM23-RP4発売からまともに召喚されるのが2月中旬であり、その間DM23-RP4販売のメイン時期であるクリスマス商戦と年始が終わるという、近年の最高レアリティにあたる切り札クリーチャーの強化形態らしからぬ異例の扱いを受けている。

その他

  • カード名の「バクテラス」は、日本神話の主神「天照大御神」がモチーフか。
    太陽神、農耕神、機織神など多様な神格を持ち、このクリーチャーの場合、太陽神が当てはまる。
  • DM23-RP4のパック名で、「爆輝」と書いて「ばくてらす」と読む当て字が与えられている。

関連カード

収録セット

参考