龍の極限(ファイナル) ドギラゴールデン》

龍の極限 ドギラゴールデン LEG 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 14000
革命チェンジ:火または自然のコスト5以上のドラゴン
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。その後、相手の禁断クリーチャーを1体破壊する。
極限ファイナル革命:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このゲーム中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、次のターン、相手のパワー1000000以下のクリーチャーは、自分を攻撃できない。

DMR-23で登場した/自然メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団

《蒼き団長 ドギラゴン剣》同じ条件の革命チェンジ能力を持ち、cipマナ送り確定除去禁断クリーチャー破壊極限ファイナル革命による大抵のクリーチャーの足止めができる。極限ファイナル革命は、ファイナル革命と違って、革命チェンジ以外で出ても誘発する。

前身である《蒼き団長 ドギラゴン剣》と比較すると、こちらはファイナル革命に頼ることなく通常のcipで一仕事果たせる点が非常に優秀であり、ドラゴンの強力なcipを使いまわしたい場合、単体で除去しつつの猛攻を掛けたい場合など、《蒼き団長 ドギラゴン剣》より役立つ場面も多いだろう。パワーも《蒼き団長 ドギラゴン剣》よりも1000高い。

肝心の極限ファイナル革命だが、あまり強力とは言い難い。まず、第一の発動条件がゲーム中1度も他のファイナル革命を使っていないこと《蒼き団長 ドギラゴン剣》《蒼き守護神 ドギラゴン閃》等を先に呼び出してファイナル革命を使ってしまうと、このクリーチャー極限ファイナル革命はそのゲーム中使えなくなる。この極限ファイナル革命も「ファイナル革命」の一部であるため、極限ファイナル革命を2回以上使うこともできない。

そして、極限ファイナル革命の攻撃制限効果は、下記のルールにもある通り後からバトルゾーンに出てきたクリーチャーには効果がない。つまり、スピードアタッカーを初めとする召喚酔いしないクリーチャーの奇襲には無力。バトルゾーンにクリーチャーがいない状態からでもリーサルに持ち込める打点を並べられることも多々ある革命ファイナル以降の環境では、頼りない印象を受ける。少なくても敗北寸前の窮地を助けてくれる性能とは言い難い。

しかも、攻撃制限効果が機能するのは次のターンである。そのため、例えば相手のターン中に《蒼龍の大地》S・トリガー《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーで出ても、相手のクリーチャーそのターンの攻撃は足止めできない。そして、相手が追加ターンでも得ていない限りは、返しの自分のターンに攻撃制限効果がかかるため、効果が事実上完全に不発に終わる。
極限ファイナル革命革命チェンジ以外でも誘発するという一見利点に思えるところも、このように相手のターン中という望まぬタイミングで誘発してしまうデメリットにもなる。

極限ファイナル革命禁断クリーチャーの破壊はおまけとして、マナ送りと高い打点パワーに焦点を当てた方がいいだろう。

ルール

  • 「禁断クリーチャー」というのは、「禁断クリーチャー」というカードタイプを持ったカードを指す。そのため、カード名に禁断が含まれているクリーチャーも、カードタイプが禁断クリーチャーでなければ破壊できない。
    • 後に、種族に禁断を持つクリーチャーが登場したが、これも「禁断クリーチャー」とはみなされない。
  • テキストからわかりにくいが、パワー100万以下のクリーチャーが極限ファイナル革命の攻撃制限効果を受けても、後からパンプアップなどをすれば攻撃可能になる。逆に、パワー100万を超えるクリーチャーが後からパワーが100万以下に下がった場合攻撃できなくなる。
    • テキストをわかりやすく修正するなら、「相手のクリーチャーはすべて、パワー100万以下であれば攻撃できない」が適当だろう。

環境において

革命ファイナル環境では主に【モルト NEXT】で採用されている。《超戦龍覇 モルト NEXT》を3打点に変えつつ《超戦龍覇 モルト NEXT》cipを再利用し、さらにこのカードから他のクリーチャー革命チェンジすることによってこのカード自身も再利用できる。使い回しの効く0マナの《ナチュラル・トラップ》という側面もあり、そのように説明すればこのカードの強さが分かるだろう。

打点補強と《モルト NEXT》の回収は先に登場した《蒼き団長 ドギラゴン剣》で既に可能になったが、それに加えてこちらが【モルト NEXT】で採用されるに至ったのは、やはりデッキコンセプト上サーチや手札補充を殆ど入れられないという事情があり、かつて無制限であった《ドギラゴン剣》と合わせて最大8枚体制にすることによってデッキが安定したのだと言える。

どちらかというと純正の【モルト NEXT】ではなく【モルト「王」】との折衷型のデッキで輝くタイプのカードであり、このカード自体拡張性が高くない点を即死打点を形成しやすい【モルト「王」】の機構が補っていると言える。実際のところ『デュエル・マスターズグランプリ- 4th』の優勝デッキである【モルト「王」】折衷型の【モルト NEXT】にも3枚投入された。

【モルト NEXT】では《時の法皇 ミラダンテXII》でのロック下において、《フェアリー・ギフト》《スクランブル・チェンジ》を唱えた後に召喚した《蒼き団長 ドギラゴン剣》から革命チェンジして、マナ送り殴り返しで相手盤面を処理するというゲーム運びも稀にある。《蒼き団長 ドギラゴン剣》はコスト8と《時の法皇 ミラダンテXII》によるロック範囲外であり、素出しならファイナル革命が発動しないのでこちらの極限ファイナル革命の邪魔にならない。

後に《蒼き団長 ドギラゴン剣》殿堂入りすると、【赤黒ドギラゴン剣】における事実上のフィニッシャーとなった。《爆銀王剣 バトガイ刃斗》/《爆熱王DX バトガイ銀河》の登場後はそちらの龍解剤としての性質も帯びるようになった。

また、cipでの確定除去マナ送りのため、《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガーで捲れた際に《勝利のアパッチ・ウララー》等の強力なpig持ちや《ナゾの光・リリアング》等のエスケープ持ちを安全に処理できるのも《偽りの王 ヴィルヘルム》等にはない強みである。

《蒼き守護神 ドギラゴン閃》《ボルシャック・サイバーエクス》が登場し、【ドギラゴン剣】【ドギラゴン閃】に発展的解消を遂げて以降は、《ドギラゴン剣》、《ドギラゴン閃》、《サイバーエクス》に次ぐ10枚目以降の革命チェンジ元という立ち位置となった。

オリジナル環境では盤面の取り合いになることが多いことから5枚目以降の《サイバーエクス》として使われる場合が稀にあり、DMSP-02期にはこれを1枚入れた【赤黒ドギラゴン閃】チャンピオンシップ2位入賞を果たした。

その他

  • 《終焉の禁断 ドルマゲドンX》メタとしてデザインされたカードだと思われがちだが、アニメでの活躍を見る限り、むしろ《ドルマゲドンX》側が《ドギラゴールデン》に対抗するためのデザインになっているようだ。《ドルマゲドンX》の2回の耐性は《ドギラゴールデン》の2回除去に耐えることができ、《ドルマゲドンX》の999999というパワーも少しでもパンプアップすれば《ドギラゴールデン》の攻撃制限をかいくぐれる意図があるのだろう。
  • この効果を受けた状態でもパワーが100万を超えれば攻撃可能。(2017/1/20総合ルール変更によるもの)。パワーを100万以上に上げる方法は限られているが、特に《終焉の禁断 ドルマゲドンX》は僅か1の差で抑え込んでいるため、+1000程度の軽いパンプアップで抜けられてしまうので気を付けよう。
  • 総じて、「ドギラゴン」シリーズの集大成と呼べるカード。コスト踏み倒し、攻撃の遮断、確定除去、が全て揃っており、まさしく「切り札の中の切り札」。
  • DMR-23に収録されたこのカードの表面には《蒼き団長 ドギラゴン剣》のシールが貼られており、そのシールを剥がすことで使用可能となる。
    漫画「VS」やアニメ「VSRF」ではたびたびあるが実際はほぼ実現不可能だった「カードそのものが新しいクリーチャーに成長する」描写の再現ができる仕様である。ただしこのような演出はガチャと同様カジュアルなどの場にとどめられる。公式大会などでデュエル中にカードを変えるのはルール違反であり、デッキに投入する場合は最初からシールを完全に剥がした状態で《龍の極限 ドギラゴールデン》として投入する必要がある。
    • シールを剥がす際、極稀に《ドギラゴールデン》ごと剥がれてしまうという事例も報告されているため、剥がす際は慎重に。
    • また当然ながらドギラゴン剣のシールを他のカードに貼る事も可能で剥してみないと区別も付かない事もあり、カードショップでシングルで購入した際ドギラゴールデンと思いドギラゴン剣のシールを剥がすと別のカードだったという悪質な事例もある為、シングルで購入する場合は既にシールを剥がした物の方が安全である。
    • シール仕様ということもあり、他のレジェンドカードとは異なり表面が非常にツルツルしている。柄の付いたシール台紙、クッキングシートと言ったような具合でラミネカード仕様よりツルツルしている。
  • 勝太の最後の切り札であり、名前にも《ドギラ「ゴール」デン》と「ゴール」の文字がある。これは最初の切り札である《機神勇者スタートダッシュ・バスター》の名前にある「スタート」との対比とも考えられる。
    また、シール「のような」仕様だったDMX-01の一部のカードの存在も思い出される。
  • アニメ「VSRF」では《蒼き団長 ドギラゴン剣》がシール付きのこのカードにパワーアップしたのだが、勝太は当初その変化がほとんど分からなかった。第36話ではゲーム中にシールに気づき、剥がす事で《龍の極限 ドギラゴールデン》として登場させられる。剥がしたシールは滝川 るるの額に貼られた(貼られたシールは次話の第37話では無くなっており、捨てたのかは不明になっている)。
    第43話では、《宇宙一のカレーパン》を食べてパワー+1000000を得た際、このクリーチャーのCGが通常のカラーリングから金色シークレットのものに変化した。
  • シークレットカードも存在し、剣が銃に変形した状態が描写されており、翼がマントのように閉じている。この姿は「VSRF」の最終回のEDでそのCGが確認されている。

関連カード

収録セット

参考

#region2(公式Q&A){{

>Q.相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分のドラゴンが攻撃する時、自分は《龍の極限 ドギラゴールデン》の「革命チェンジ」能力の宣言をしました。どうなりますか?
A.《龍の極限 ドギラゴールデン》は「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の能力を持ちますので、バトルゾーンに出るかわりに《地封龍 ギャイア》の置換効果が適用されてしまいます。正常に移動することができないので入れ替えることができません。なので、《龍の極限 ドギラゴールデン》は手札に残り、攻撃したドラゴンで攻撃を継続します。(総合ルール 701.26b)
引用元

}}