界王類絶対目(かいおうるいぜったいもく) ワルド・ブラッキオ》

界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ SR 自然文明 (11)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン 27000
ワールド・ブレイカー
相手のクリーチャーがバトルゾーンに出て、そのクリーチャーの能力がトリガーする時、かわりにその能力はトリガーしない。(例えば、相手は「このクリーチャーをバトルゾーンに出した時」で始まる能力を使えない)

DMR-13で登場したジュラシック・コマンド・ドラゴン

相手クリーチャーcip能力の誘発を封じる常在型能力を持つ。

cip能力無効化」という、相手によってはデッキの動きそのものを封じてしまう強力な能力を持つ。加えてパワー27000のワールド・ブレイカーという、凄まじい性能を誇るクリーチャーである。
問題は、やはり「コスト11」という圧倒的な巨大さをどうするかである。自然らしく純粋にマナブーストに頼るか、コマンド・ドラゴンであるという種族の優秀さを活かすのがメインとなるだろう。

《終末の時計 ザ・クロック》といった確実に止めてくるS・トリガークリーチャーをほぼ封殺することができるため、フィニッシャーとして非常に優秀である。ただし、除去への耐性は持っておらず、pig常在型能力は防ぐことができないので、過信は禁物。

環境において

ドラゴン・サーガ環境では、重さ故にそれほど活躍していなかった。

革命編から革命ファイナルにかけては、手軽に大型クリーチャーを出せる侵略革命チェンジと言ったギミックに押されて、ロマンカードという地位に甘んじていた。《ミステリー・キューブ》の殿堂入りも向かい風であった。

しかし《古代楽園モアイランド》の登場以降は評価が一変。それまでに研究が進んでいた【緑単ループ】《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》《古代楽園モアイランド》と共にフィニッシャーとして組み込まれるに至り、「VANモアイワルド」というロック体制が「大王VANナイン」に取って代わった。カウンター札を封じて1ショットキルするだけならこのカードと《古代楽園モアイランド》だけで打点ロックが十分足りることもあった。

それでも《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》が登場すると、10コストで手軽に「大王VANナイン」を用意できる上に相手にオールランデスを加えることもできるため、詰めの性能が比較的甘いこちらの積極利用は終息した。
デッキの性質上ほぼ自然1色にする必要があるため相性の良い【ゲイル・ヴェスパー】でも、デッキスペースを空費することでライブラリアウトの危険性があるため、それを逆手にとった《水上第九院 シャコガイル》でのフィニッシュが主となった。

超天篇環境では【5色蒼龍】のフィニッシャーの1体として使われる場合も中にはあったが、自然単色でありマナブースト系のカードと色が被り枠を取りづらいことから、採用は稀であった。

ルール

後述するが、cipはもちろんのこと、それ以外の能力も封じることがある。「「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力」以外の能力も対象に入るので、《黒豆だんしゃく》などと混同しないよう注意。

  • 《SSS級天災 デッドダムド》の「クリーチャーを重ねた時」に誘発する能力も、バトルゾーンに出た時と同じタイミングで誘発するため、このクリーチャーの能力で無効化される。
  • テキスト自体をなかったことにするわけではないので、「このクリーチャーをバトルゾーンに出したとき、またはこのクリーチャーが攻撃した時」など出したとき以外のタイミングでもトリガーする能力は、cipとしてトリガーする場合のみ無効になり、そのほかのタイミングでトリガーする場合は無効にならない。
  • バトルゾーンに出たことにトリガーする能力を無効にするので、バトルゾーンに出る際に適用されるシールド・フォースG・リンクを無効にすることはできない。また、cipとは違うためリンク時に誘発する能力も無効にならない。
  • 解決ではなく能力のトリガーを無効化する。したがってこのクリーチャーが出る前にトリガーしてストックされているcip能力は無効にならない。例として《獰猛なる大地》を唱えて先に自分のcip能力持ち、次に相手のこのカードという順番でバトルゾーンに出した場合、このカードが出る前にcip能力がトリガーしているので《獰猛なる大地》解決後にこのカードが残っていたとしてもcip能力の解決ができる。

その他

  • 実物のカードでは、テキストとホイルでイラストが見難く一見すると四足歩行に見えるが、公式サイトの画像を見ると小さな前足と逞しい後ろ足が確認できる。「ティラノサウルス」などに代表される「獣脚類」タイプの体型をしているようだ。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-13
    古き時代は、パワーがすべてだった。

収録セット

参考


公式Q&A

Q.バトルゾーンに《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》がいます。自分のターンに相手の手札を捨てたら、《斬隠蒼頭龍バイケン》で、相手はバトルゾーンに出す事を選びました。相手はその《斬隠蒼頭龍バイケン》の手札に戻す効果を使う事はできますか?それとも、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》がいるので、トリガーしなくなりますか?
A.《斬隠蒼頭龍バイケン》の能力は「相手のターン中に、手札から捨てられた時」に使えるので、バトルゾーンに出てトリガーしているわけではありません。そのため、《界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ》の能力を受けず、クリーチャーを手札に戻す事ができます。
引用元