超七極(ちょうななきょく) Gio(ジオ)巨大設計図(きょだいせっけいず)

超七極 Gio UC 光文明 (9)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/侵略者 11500
このクリーチャーを召喚する時、自分の手札にある他のコスト9のカードを好きな数、相手に見せてもよい。こうして見せたカード1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
進化:光のクリーチャー1体の上に置く。
ブロッカー
W・ブレイカー
巨大設計図  UC 自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から、コスト7以上のクリーチャーをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の下に置く。
※殿堂入り

DMEX-17で登場した/自然エンジェル・コマンド/侵略者ツインパクト
《超七極 Gio》《巨大設計図》そのものが合体してツインパクトとなった。

デッキのほとんどがコスト7以上の【九極侵略】《巨大設計図》と非常に相性が良く、自分自身がコスト9サポートを受けられるため、白緑型にして投入して下さいと言っているようなカードである。
当然、自身の呪文面で自身のクリーチャー面を回収することも可能。2枚以上を回収できれば《超七極 Gio》のコスト軽減能力でマナコスト的にお釣りが来るため、積極的に唱えて引き込んだはいいものの重すぎて出せるカードがない、ということも起こりにくい。
元となった《巨大設計図》《超七極 Gio》も併せて、それぞれ4~8枚体制で《極まる侵略 G.O.D.》を目指したい。序盤に墓地へ落としたこのカード自体は、続けて呼び出した《God of Dream/Grenade of D-moll》リアニメイトしてやろう。

環境において

DMEX-17期には白青緑構築の【ナウ・オア・ネバーループ】オリジナルチャンピオンシップ優勝が報告された。主要パーツが手札補充の範囲内に入るというのが採用理由で、ツインパクトを利用することもあって無理のない構築にした上でメインデッキの約半分を回収対象で占めることが可能。
またDMBD-18期には 《樹食の超人》【墓地ソース】【グルメ墓地ソース】)でも大型獣の確保のために活躍し始めた。
デッキ内をコスト7以上のクリーチャー32枚で埋め尽くしつつ本家《巨大設計図》と合わせて8枚体制にすることで、安定して4枚の手札補充が可能となり、それを 《樹食の超人》墓地に落とすことで爆発的な墓地肥やしが可能となる。
このカードを使える環境というのは2マナ域でコスト踏み倒しメタではなく手札補充を使える環境であり、これは高速化した環境が是正された結果と言えなくもない。
このカードの呪文面に収まる7コスト以上のクリーチャーのカードプールの広さから、様々なカードが【グルメ墓地ソース】のパーツとしてスポットライトを浴びるに至った。中には墳墓避け的に回収対象を5、6種類程度1枚積みした型が結果を残している。
実際のゲーム運び上ツインパクト元の《巨大設計図》を4枚採用しなくとも困らず、寧ろ手札補充における濁りとなることから、そちらを3枚に抑えた構築もしばらくすると増えていった。

【4色ウェルキウス天門】【白緑天門】でも活躍に至った。

王来篇終期のオリジナルでは抜き4色《超七極 Gio/巨大設計図》基盤の【ナウ・オア・ネバーループ】が流行。この型は、単なるコンボデッキではなくコントロールプランが取れるグッドスタッフ寄りの構築なのが特徴。

専用デッキでは《ストリーミング・シェイパー》を超える手札補充効率を発揮し、それが不健全と判断されたためか、2022年8月15日付で殿堂入り。登場から296日での殿堂入りは、1発プレミアム殿堂を除けば殿堂入り指定時点で《月下旋壊 ド・リュミーズ》と並んで史上9位タイのスピード記録。ツインパクト化を遂げたカードの殿堂入りはこれが初。[1]

近くに《アクアン》が殿堂入りに復帰したため、そちらが指標となってリソース要員として認めるかどうかが取り沙汰されたが、このスピードでの規制ですら肯定意見が多数であった。同日付で《樹食の超人》も殿堂入りしており、これらの殿堂入りは【グルメ墓地ソース】を消滅させるための方策と見られる。《樹食》を殿堂入りさせた上でこのカードまで殿堂した理由は、《巨大設計図》との8枚体制であれば比較的容易に1枚制限の《樹食》を引っ張り込むことができ、規制の意味が薄くなるためか。

殿堂入り後も《巨大設計図》と合わせての基盤のデッキが散発的に入賞実績を残している。

備考

  • 殿堂入りのこのカードの影響で、非ツインパクト《超七極 Gio》《巨大設計図》も1枚しか使えなくなる、ということはない。あくまで殿堂入りとはカードに対しての制限であるため。
    • そのため、そちらは4枚(ツインパクトのこちらと合わせれば5枚)入れることが可能。
      • なまじ「このカードを使うために緑を入れる」ぐらいのカードパワーがあったため、白緑型【九極侵略】も同様に大ダメージを受けた。

関連カード

収録セット

参考