英知(えいち)ザクス・コット》

英知ザクス・コット P 光文明 (4)
進化クリーチャー:ライトブリンガー 6500
シールド進化:自分のシールドを1つ選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。(裏向きのカードは裏向きのまま、見ないで置く)
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、その下に重ねたカードをすべて自分の手札に加える。こうして「S・トリガー」能力を持つカードを手札に加えた時、それをコストを支払わずに使ってもよい。

DMEX-08で登場した進化ライトブリンガー

自分のシールドを重ねて出すシールド進化と、バトルゾーン離れるときににあるカード手札に加えてそのなかにあるS・トリガーを持つカードを使う能力を持つW・ブレイカー

手札に加えるカードのうちS・トリガーはその場で使えるため、このクリーチャー除去が元々のシールドブレイクしたのと同じような感覚となる。

S・トリガーカードの踏み倒し能力に目が行くが、バトルゾーンに進化元を必要としない進化クリーチャーであるため即座に攻撃でき、コスト4にしては高めなパワーW・ブレイカーもあって、ビートダウン性能も高い。
バトルゾーン進化元を必要とせず、バトルゾーンを離れる時にそのシールドだったカード手札に加えられるため、ディスアドバンテージになりにくい。
シールドが減る点以外は目立った欠点のない、安定した性能と言える。

S・トリガーカードの踏み倒しを能動的に使いたければ、革命チェンジが手っ取り早い。召喚酔いせずに攻撃できるため、相性がいい。ただし、ドラゴンではないため、革命チェンジ先のパワーには期待し辛いのが難点。

S・トリガーを使える性能を活かして、擬似的に暴発させるのもありだろう。とはいえ、このクリーチャーをわざわざ出してから除去するのは単純な暴発に比べて一手間あるため、なんらかのコンボに組み込むなど差別化を図りたい。

ルール

  • 「「S・トリガー」を使う」ではなく、「「S・トリガー」能力を持つカードをコストを支払わずに使う」能力であることに注意。「「S・トリガー」能力を持つカードをコストを支払わずに使う」能力の詳細については、《サイバー・I・チョイス》や下記の公式Q&Aを参照。

暫定回答

  • 離れる時に発生する効果で「S・トリガー」を持つカードを使った後に、《英知ザクス・コット》が指定されたゾーンへ移動する。クリーチャーやオーラなどを使ってバトルゾーンに出してcipなどがトリガーした時、それらは《ザクス・コット》が別のゾーンに移動してから解決する。呪文を唱えた場合は、《ザクス・コット》がゾーンを移動する前に解決する。
  • お互いのプレイヤーの《ザクス・コット》が同時にバトルゾーンを離れる場合、アクティブ・プレイヤーの《ザクス・コット》の処理から入る。
  • 《ザクス・コット》の離れる時に発生する効果は、離れる事が確定した段階で割り込む効果であり、離れる時に発生する置換効果より後に処理される。したがって、《ザクス・コット》の離れる時の能力を処理した後に、《ザクス・コット》をウルトラ・セイバーで守るというプレイングは不可能。
    • 同じ理由で、《ザクス・コット》がバトルゾーンから墓地以外のゾーンに離れる時、《ザクス・コット》の効果で《インフェルノ・サイン》を唱えて、《気高き魂 不動》をバトルゾーンに出しても、《ザクス・コット》はバトルゾーンを離れる。

暫定回答なし

  • 《ザクス・コット》が離バトルゾーンを離れる時の効果を処理している間、《ザクス・コット》がどのゾーンにいる扱いになるかは暫定回答なしになっている。どこでもないゾーンでこの効果が発生することになる可能性も十分ある。また、他のクリーチャーと同時にこのクリーチャーがバトルゾーンを離れる時も、このクリーチャーの離れる時の効果を処理している間、その他のクリーチャーがどこにいるのかも暫定回答なし。
    • 《伝説の禁断 ドキンダムX》と同時に離れる時、《ドキンダムX》の特殊敗北効果と、《ザクス・コット》の離れる時効果、どちらが先に処理されるかも暫定回答なし。
    • ただし、このクリーチャーが他のクリーチャーと同時にバトルゾーンを離れることになった時に、何かしらの置換効果で他のクリーチャーより先にバトルゾーンを離れることになった場合は、離れる時効果を処理している間、他のクリーチャーはバトルゾーンにいる扱いになる。
  • 《ザクス・コット》をクリーチャーAに革命チェンジさせる場合、Aがバトルゾーンを出るよりも先に《ザクス・コット》の能力の処理が先に割り込むため、Aがバトルゾーンに出るよりも前に処理を行う。しかし、Aが手札にある扱いになるかは暫定回答なし。

確認待ち

  • 《ザクス・コット》2体バトルゾーンにいて、片方がバトルゾーンを離れる時に、その時の効果で手札に加えたカードが《デーモン・ハンド》《ナチュラル・トラップ》でそれらの使用宣言を行い、まず《デーモン・ハンド》を唱えてもう片方の《ザクス・コット》を破壊した場合、その《ザクス・コット》の離れる時効果が、《ナチュラル・トラップ》を唱える前に割り込めるか。
  • 《ザクス・コット》とG・リンクしているゼン&アクが同時にバトルゾーンに離れる時、《ザクス・コット》の離れる時効果が発生している時、それらはまだG・リンクしている状態か。

裁定変更の変遷

DMEX-08発売後から、裁定に大きく振り回されているカードである。

まず、DMEX-08発売直後の公式サイトのよくある質問の項にてこのような記載があった。

Q≪英知ザクス・コット≫が持つ「バトルゾーンを離れる時」の能力は、このクリーチャーが山札、手札などの非公開ゾーンに移動した際にも使うことが出来ますか?
Aいいえ、出来ません。墓地、マナゾーンなど、公開ゾーンに移動した場合のみ使用することが出来ます。
(このQ&Aのページは現在削除されている)

この正式回答はかなり物議を醸すものであった。このクリーチャーの3つ目に能力は、テキストには「バトルゾーンを離れる時」と書かれてあるが、この回答を見るに、バトルゾーンを離れる前に効果が発生する常在型能力ではなく、バトルゾーンを離れた時に能力を解決するトリガー能力だと思われる。おそらく解決時に非公開ゾーンから手札に加わると、相手に「S・トリガーだった証明ができない=S・トリガーが使えない」できないという理屈でこうした回答になったのだろう。しかし、手札というゾーンは「対戦相手からは見えないが自分は見ることのできる、特殊な非公開ゾーン」である。非公開ゾーンへの移動だからS・トリガーは使えないという話になるならブレイク暴発などどのような手段でも使えない」ことになってしまう。一応、普通に「S・トリガー」と使う時は手札に加わる時に使い、このクリーチャーの能力で「S・トリガー」を持ったカードを使う際はカードが手札に加わってから使うというタイミングの違いはあるが、《生命と霊力の変換》を使ったときと同じく、わかりやすいように元の手札と、新たに加わった手札を分けておく裁定にすればにすればいいだけの話である。

そして何より、「バトルゾーンを離れる時」と書いてあるのに、墓地かマナゾーンに置かれる時にしか効果が発生しないというのはいささか腑に落ちない話である。

流石に過去の「離れる時」の裁定とかけ離れたものであったためか、後に現行の「離れる時」を踏襲したものへと裁定変更された。
質問が絶えなかったのか、一時期は「現在能力の処理について見合わせを行っている」と事務局から回答が返ってくることもあったようだ。

その後、裁定変更によってこの問題は解決した。《英知ザクス・コット》の裁定変更のお知らせ

しかし、上記にある暫定回答なしの裁定が生まれてしまった。

その他

  • カード名はWizards of the Coastのザック氏とスコット氏(ザック・ヒル/Zac Hill, スコット・ララビー/Scott Larabee)を合わせたものではないかという説がある。
  • 《ザクス・コット》がカード指定除去などによって1番上だけ離れる場合、再構築より前に離れる時の効果は発生しないルールから、再構築が先に発生し、《ザクス・コット》の離れる時能力は使えない。ちなみに下にある裏向きのカードはすべて状況起因処理によって墓地に置かれる。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMEX-08
    アブソリュートリー! ― 英知ザクス・コット

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《英知ザクス・コット》が持つ「バトルゾーンを離れる時」の能力はどう使いますか?
A.《英知ザクス・コット》がバトルゾーンを離れるタイミングで、離れる効果の処理に割り込んで発動します。離れる前に、下に重ねたカードを全て手札に加え、その中に「S・トリガー」を持つカードがあった場合、それを即座に使うことが出来ます。
引用元

Q.相手が《スパイラル・ゲート》を唱えて、自分のバトルゾーンにある《英知ザクス・コット》を手札に戻そうとしました。《英知ザクス・コット》が持つ「バトルゾーンを離れる時」の能力を使う場合、処理はどうなりますか?
A.まず《英知ザクス・コット》の効果を解決します。下に重ねたカードを全て手札に加え、「S・トリガー」を持つカードを使った後、《英知ザクス・コット》は《スパイラル・ゲート》の効果で手札に戻ります。その後、一連の処理によって新たに誘発した効果がある場合、その解決を行います。
引用元

Q.《英知ザクス・コット》を、《海底鬼面城》により要塞化されたシールドの上に進化して出そうとしています。この場合、《海底鬼面城》は《英知ザクス・コット》の下に置かれますか?
A.いいえ、置かれません。要塞化した城はシールドゾーンにあるカードではありますが、シールドではないため、シールドのみが《英知ザクス・コット》の下に置かれ、《海底鬼面城》は墓地に置かれます。
引用元

Q.《英知ザクス・コット》が持つ「バトルゾーンを離れる時」の能力で、《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》を手札に加えました。「S・トリガー」を持っているのは呪文側の方だけですが、これを≪ナ・チュラルゴ・デンジャー≫として使い、バトルゾーンに出すことは出来ますか?
A.はい、出来ます。《英知ザクス・コット》の効果でツインパクトカードを手札に加えた場合、その片側が「S・トリガー」であれば、もう片側もコストを支払わずに使うことが出来ます。
引用元