悪撃縫合(あくげきほうごう) ドルゲペイン》

悪撃縫合 ドルゲペイン SR 水/闇/自然文明 (6)
クリーチャー:ディスペクター/デーモン・コマンド/ジャイアント 5000+
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
マッハファイター
パワード・ブレイカー
自分のクリーチャーが攻撃する時、カードを2枚引いてもよい。そうしたら、自分の手札を1枚捨てる。
自分の墓地のカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。

DMRP-18で登場した//自然ディスペクター/デーモン・コマンド/ジャイアント

自分のクリーチャーが攻撃するたびに手札交換手札墓地を増やしつつ自身のパワーを強化できるパワード・ブレイカー
元々のパワーは低めなので、実際にバトルが発生するまでに墓地を貯めておきたい。

手札交換は自身だけのアタックトリガーではなく、自分のクリーチャー攻撃全体に反応する疑似付与である。
攻撃可能なクリーチャーの数だけ合計1枚の手札補充と1枚の墓地肥やしを行え、自身もマッハファイターなので攻撃の的さえあれば即誘発できる。任意効果なのでライブラリアウトの心配もない。

《連結秘伝アンビバレンツリンク》といったアタック・チャンス呪文を踏み倒すのも効果的だろう。
ただし使用宣言をすべて済ませてからアタックトリガーなどの解決が始まるため、手札交換で引いてきた呪文はその攻撃中に唱えることはできない。

優秀な種族を3つ併せ持ち、様々なデッキに投入が検討できる。
中量級ディスペクターなのでササゲールで早期着地がしやすい。軽減のためのコストの破壊もパンプアップに生かせる。

ジャイアントを持つため【不死樹ドルゲーザ】において、除去しつつ墓地を肥やすカードとして役割を持つことができる。対抗馬は《マテン龍樹》《ダクライ龍樹》か。
こちらはコストが軽くマナ基盤になり、墓地肥やしの方式が手札交換なのが利点。またEXライフ故の場持ちの良さによりフシギバースの種に最適。さらにEXライフのシールドが残っていればフシギバースを使った後も場に残るというメリットもある。

また、//自然コマンド持ちマッハファイターであるため【青黒緑デッドダムド】における、侵略・盤面処理の潤滑油として期待が持たれる。
EXライフによりシールド追加しつつ、マッハファイターですぐ侵略ができ、攻撃と防御を一手で行うことができる。
他にもコマンドを活かすならば《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》との組み合わせも強力で、封印による墓地肥やしパワーアタッカー付与墓地0枚の状況からパワーを9222まで上げたり、スレイヤー付与でEXライフシールドを犠牲に一方的に大型を討ち取ったりできる。

《龍装艦 チェンジザ》による呪文コスト踏み倒しを無用なブレイクを挟まずにトリガーできるため、【チェンジザドンジャングル】とも好相性。《原初の決闘者 アダム》でのコスト踏み倒し範囲内なのも良い。GR召喚採用型など横並びする型なら、総攻撃のついでに手札交換能力でニンジャ・ストライクを回収することも期待でき、ワンショット失敗時の保険も行える。

その他

《剛戦攻ドルゲーザ》《無敵魔カースペインの『縫合』ディスペクター

#region2(合成元との関係){{
-両者の多脚生物状の下半身をそれぞれ半分に割り、そのまま太い糸で接合している。
--ほとんど密着した状態からそれぞれの上半身が生えている形であり、《カースペイン》が《ドルゲーザ》を押しのけて敵に向かって殴りかかっているように見える。そのためか、《ドルゲーザ》の表情がかなり歪んでいる。押しのけられて苛立っているようにも、今の立場を訝しみ悩んでいるようにも見える、何とも味のある表情である。[1]
--フレーバーテキストに使われている言葉はDM-24版《カースペイン》とDMPP-04シークレット版《ドルゲーザ》のそれらを彷彿させる。
---フレーバーテキストの「『絆の対極』に位置」というワードを素直に読めば半身同士仲が悪いようにも思えるし、「怒りと恨みと呪いを『仲間に』撒き散らす」というワードを深読みすれば少なくとも半身同士は仲が良い(自分自身を仲間とは言わない)とも考えられるので、楽しそうに見えるのも別に矛盾しているわけではない。
-ディスペクターにありがちなことだが、《ドルゲーザ》の種族からアースイーターが削除されてしまっている。
--アースイーターがない《ドルゲーザ》関連カードには他に《怒流牙 サイゾウミスト》がいる。
}}
DMRP-18スーパーレアディスペクターでは唯一、背景ストーリーレクスターズと交戦していない。

アニメ「キング!」7話における「キャップvsヒミコ」でヒミコが使用。マッハファイター《つぶやきブルーバード》を、アタック・チャンスによって唱えた《接続秘伝ドミニオンスパイク》によるバトル《オニカマス <シャッフ.Star>》を破壊した。その後、《カラフル・ダンス》などの墓地肥やしによりパンプアップされ、キャップシールドを4枚ブレイクした。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMRP-18
    怒りと恨みと呪いを仲間に撒き散らす、の対極に位置する存在。

収録セット

参考


[1] Deadmanは「なんか楽しそう」と語っている