《ドレミ(だん)光魂(こうこん)Go(ゴー)!》

ドレミ団の光魂Go! R 光/水文明 (6)
呪文
S・トリガー
次のうちいずれかひとつを選ぶ。
►相手のクリーチャーをすべてタップする。
►カードを1枚引く。その後、光または水のコスト5以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の手札から唱えてもよい。

デュエ祭ジャンケン大会優勝者賞として先行登場し、DMR-23に収録された/S・トリガー呪文

《反撃のサイレント・スパーク》ドロー1枚分が呪文コスト踏み倒しになったスペック。

能力を簡単に言うとコスト5以下の呪文にS・トリガーを与えるというものである。

コスト5以下というのは、範囲が狭いようでいてかなり多くの呪文をその射程にとらえている。
代表的なものを挙げると、敵獣1体をタップで足止めしつつカウンターの布石を打てる《超次元シャイニー・ホール》や、唱えられる呪文の範囲をコスト7にまで広げられる《龍素知新》等がある。
それ以外にもまたはコスト5以下には、バウンスシールド送り、タップ手札補充などの便利な呪文が数多く存在している。呪文を主体としたデッキにはすんなりと入るだろう。

こちらが攻めに回る時や、相手が大量にクリーチャーを並べて殴り掛かって来た時には全体タップを選べばいいので、このカード腐る場面はほとんど存在しないと言ってよいだろう。あるとすれば《偽りの王 ナンバーナイン》等の呪文メタを使われている時ぐらいのものか。

マナ基盤としても優秀であり、踏み倒し対象の呪文がほぼ無いデッキの単純な防御札として使われるケースすらある。

環境において

革命ファイナル環境終期から新章デュエル・マスターズ環境にかけて【ロージアミラダンテ】【知新ジャスティス】で活躍。特に前者では手札を多く抱え込むことがざらであり対象範囲内の呪文も数多く存在するので、あるとないとではカウンター性能が段違いである。

しかし双極篇環境になると、前者のデッキはより汎用性を高めてくれるツインパクト、特に呪文面の役割が被りがちな《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》の登場によってこのカードの採用を見送ることが多くなり、後者のデッキは《龍素知新》の殿堂入りによる壊滅的な弱体化によってデッキごと環境から姿を消した。代わりに《トライガード・チャージャー》を獲得して以降光の呪文の比率が上がった【ブライゼシュート】において、シールド追加呪文をカウンターで仕込む役割を与えられるようになった。

その他

サイクル

DMR-23で登場した「Go!」サイクル
カード名に革命ファイナルで結成された革命軍イラストにその属する団員が描かれている。全てS・トリガー呪文で2つの異なる効果モードで選べる。

関連カード

収録セット

参考