武家類武士目(ぶけるいもののふもく) ステージュラ》

武家類武士目 ステージュラ VR 自然文明 (7)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン/革命軍 11000
G・ゼロ―バトルゾーンに自分のスノーフェアリーが3体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、スノーフェアリーを好きな数、自分の墓地またはマナゾーンから手札に戻してもよい。
自分のスノーフェアリーが相手のクリーチャーとバトルする時、かわりにこのクリーチャーにバトルさせてもよい。

DMR-20で登場したジュラシック・コマンド・ドラゴン/革命軍
スノーフェアリーに関する強力な能力を3つ有する。

1つ目はスノーフェアリーに対応したG・ゼロ。発動に要求される数は3体とやや多めだが、スノーフェアリーは軽量かつ大量展開の得意な種族なので、この点はまず気にならないだろう。相手が積極的な除去をしてこない限り、3〜4ターン目にはパワー10000越えのW・ブレイカーを降臨させられる。

2つ目は墓地及びマナゾーンスノーフェアリーを一気に回収する豪快なcip能力
《霞み妖精ジャスミン》を筆頭に、マナゾーン墓地に関する能力の多いスノーフェアリーシナジーが強い能力である。破壊されたスノーフェアリーの再利用は勿論のこと、マナゾーン落ちたスノーフェアリーの再利用にも役に立つ。《カラフル・ダンス》などの墓地肥やしを連打した後で出せば、大型クリーチャーの残る強力なドローソースの様にも使える。

同じポジションには《ダイヤモンド・ブリザード》《ダイヤモンド・カスケード》が存在するが、それらと違いこちらは回収する数を調整する事ができるため、マナゾーンが空になってしまったり、墓地からマナゾーンに送るスノーフェアリーが1体も無くなる等という心配もなく、小回りが利きやすい。

3つ目は《爆竜勝利 バトライオウ》の様なバトルを肩代わりする能力。基本的に非力なスノーフェアリーにとってこの能力は非常に有難く、擬似的に全てのスノーフェアリーパワー11000となった感覚で動かせるようになる。《ダイヤモンド・フォール》パンプアップしたり、《護聖妖精トビ・ゴンゴン》タップしたりするとより効果的。

難点は除去耐性を持たない点と、自身がスノーフェアリーではない為に《ダイヤモンド・ブリザード》《ダイヤモンド・カスケード》回収できない点か。《天真妖精オチャッピィ》《きぐるみ妖精ユッキー》を活用するか、他文明も加えるなら《プライマル・スクリーム》《白骨の守護者ホネンビー》辺りを用意しておきたい。

総じて、スノーフェアリーの性質とこの上ないほどにマッチしたクリーチャーである。スノーフェアリーは定期的に強力なクリーチャーを輩出しており、このクリーチャーの将来性も高い。今後の【スノーフェアリー】における新たなフィニッシャーになりうるだろう。

  • カードイラストでは、《雪精 X-girls》の3人が背中に乗っている。彼女たちの「ステージ」となる「ジュラ」シック・コマンド・ドラゴンということだろう。
  • 「武士」の部分は「ぶし」ではなく「もののふ」と読む。意味自体はどちらも同じ。ハラグロXの元ネタから察するに、名前の由来はアイドルグループ・ももいろクローバーZの熱狂的なファンを意味する「モノノフ」からだろう。また「武家」はぶっちゃけの本名(武家茶太郎)にちなんだものと思われる。
    サムライを髣髴とさせるネーミングだが、種族には含まれていない。

関連カード

収録セット

参考