灼熱連鎖(ラスト・バーニング) テスタ・ロッサ》

灼熱連鎖 テスタ・ロッサ SR 火文明 (7)
エグザイル・クリーチャー:アウトレイジMAX 6000
W・ブレイカー
灼熱ドロン・ゴー:名前に《テスタ・ロッサ》とある自分のクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。そうした場合、自分の山札の上から5枚を墓地に置き、その後、その中からエグザイルではない名前に《テスタ・ロッサ》とあるクリーチャーをすべてバトルゾーンに出す。そのクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。自分のターンの終わりにそのクリーチャーを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。
自分の他の、名前に《テスタ・ロッサ》とあるエグザイル・クリーチャーをバトルゾーンに出すことはできない。

DMR-11で登場したエグザイルアウトレイジMAX
エグザイル・クリーチャーとなった新たなテスタ・ロッサ
新能力灼熱ドロン・ゴーを持つ。

場のテスタ・ロッサが破壊された時に登場し、山札の上から墓地経由で最大5枚のテスタ・ロッサを1ターンだけ呼び出せる。
コスト踏み倒しができるのは自身の能力で墓地に落としたクリーチャーのみであるため、事前の墓地肥やしは無意味。《電脳決壊の魔女 アリス》などで、山札の上を操作しておきたい。
「テスタ・ロッサ」の名の付くカードはこのカードを除き4種類あるが、やはり出したいのは無限攻撃のできる《灼熱の斬撃 テスタ・ロッサ》
4コストのテスタ・ロッサから《ヒラメキ・プログラム》を打って、《侵入する電脳者 アリス》を出して確実に無限攻撃ができるようにすることも考えられる。

《イーヴィル・フォース》《不屈!熱血!! テスタ・ロッサ》を早出ししつつターンエンド時に自壊させてこのカードの灼熱ドロン・ゴーを発動するという運用法もある。この場合、ターン終了ステップ開始時までにこのカードでテスタ・ロッサカテゴリのクリーチャーを出すわけではないので、山札送りのデメリットはトリガーしない。

  • 山札送りは「自分のターンの終わりに」誘発するため、相手ターン中に起動すると山札に戻す必要がなくなる。
  • 当たり前だがこのクリーチャーがいる状態でも、これまでのエグザイルではないテスタ・ロッサを並べることはできる。もし「名前に《テスタ・ロッサ》とあるエグザイル・クリーチャー」からエグザイル指定の記述が抜け落ちていれば、自身の能力が完全に腐りただの欠陥品と化してしまうだろう。

関連カード

収録セット

参考