《レッド・ABYTHEN(エビセン)・カイザー》

レッド・ABYTHEN・カイザー VIC 火文明 (7)
サイキック・クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/エイリアン 6000
相手がこのクリーチャーを選ぶ時、相手のマナゾーンにあるカードをすべて持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー
《ブラック・WILLOW・カイザー》《ホワイト・TENMTH・カイザー》覚醒リンク後⇒《シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン》

DMX-05で登場したサイキックレッド・コマンド・ドラゴン/エイリアン

《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》と同様の、相手から選ばれた時に相手マナをすべてランデスする能力を持つ。

このクリーチャーを選ぶ事は相手にとって相当のリスクがあるため、事実上のアンタッチャブル能力持ちクリーチャーであると言える。気軽にこのクリーチャーを選択できるようなデッキは超軽量型の速攻マッドネスドローゴーぐらいのごくごく一部だろう。

またバトルゾーンに選ばれる自分のクリーチャーがこのカードしかない場合、《超次元シャイニー・ホール》《超次元ミカド・ホール》などの、必ずクリーチャーを選ぶ必要のあるカードの使用を抑制する限定的なロックカードとしても機能する。

このクリーチャーを呼び出す超次元呪文の多くが、《超次元ボルシャック・ホール》《超次元シューティング・ホール》などの除去効果を持ったカードであるため、《光波の守護者テルス・ルース》《神魂の守護者シュノーク・ラー》などでランデスに耐性を付けることでの対処はあまり現実的ではない。

他に考えられる対処方法としては、

もしくは、このカードを無視して先に殴り勝ってしまうのが有効である。5マナ超次元呪文から出てくるとはいえ、パワー6000のW・ブレイカーはそれほど飛び抜けたスペックではない。厄介な存在ではあるが、自分で使う場合には過信は禁物である。

ルール

テクニック

環境において

登場から系のデッキの数多くに採用され、エピソード1のカードの中でも屈指の壊れカードと評価された。このカードの影響でエピソード1環境において《魔刻の斬将オルゼキア》《DNA・スパーク》の評価が上がったという。

ドラゴン・サーガ環境では【グレンモルト】で使われ、《熱血星龍 ガイギンガ》と共に使って疑似アンタッチャブル2種類体制にするのが強かった。

革命ファイナル環境では【赤黒ドギラゴン剣】の盤面補強として使われたが、《オリオティス・ジャッジ》《百族の長 プチョヘンザ》など選ばない除去が環境に多かったため良いカード止まりであった。

新章デュエル・マスターズ以降はコスト踏み倒しメタの普及によってそもそもの着地を邪魔されることが多くなり、さらに双極篇で登場したマッハファイターのおかげで仮に着地しても安心できなくなった。

それでも超天篇では《SSS級天災 デッドダムド》対策として【5色ドギラゴン剣】で採用されることもある。

その他

  • 登場以来、相手クリーチャーを選ぶカードの効果が強制だった際にしばしば名が挙がるカード。もし強制だった場合、思わぬところで足元をすくわれる可能性があるので要注意。環境次第ではめったに見ないこともあるが、相手の超次元ゾーンには常に細心の注意を払いたい。
  • カード名の「ABYTHEN(エビセン)」とは、名古屋(正確には愛知)名物「海老煎餅(えびせん)」の事であるが、フレーバーテキストの元は株式会社カルビーのスナック菓子「かっぱえびせん」のキャッチコピーである。ちなみに、両者に直接の因果関係はない。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMX-05
    やめられない!とまらない!それがABYTHENの力!

収録セット

参考