G(ゴッド)・リンク

ここではTCG版でのG・リンクについて解説する。デュエル・マスターズ プレイスでのG・リンクについては、ゴッド・カードへ。

G・リンク《リンク可能ゴッド》の左/右横 (バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時はどちらか1枚を選ぶ)

DM-24で登場した、特定のゴッド同士を合体させるキーワード能力

竜極神ゲキ VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ 7000+
このクリーチャーがブロックされた時、相手は手札をすべて捨てる。
W・ブレイカー
G・リンク《竜極神メツ》の左横 (バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時はどちらか1枚を選ぶ)
このクリーチャーは、リンクしている時「Q・ブレイカー」を得る。
竜極神メツ VR 火文明 (7)
クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
このクリーチャーが相手を攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー3000以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
W・ブレイカー
G・リンク《竜極神ゲキ》の右横
このクリーチャーがリンクしていて攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選び、持ち主の墓地に置いてもよい。

常在型能力であり、G・リンクを持つゴッドバトルゾーンに出す時、対象のゴッドバトルゾーンに出ていれば、G・リンクした状態でバトルゾーンに出すことができる。

G・リンクすると、パワーマナコストが合算され、能力文明などの特性を全て併せ持つ1体のクリーチャーとなる。

多くのゴッドリンクした時にのみ得られる能力を持っており、リンクに成功すれば強力なフィニッシャーとして運用できるようになっている。

  • 極神編のメインテーマの一つであり、様々なカードが登場した。神化編でも再度フィーチャーされており、上下左右でリンクする神帝サイクル神王サイクル、起源神サイクルが登場した。
  • リンクした場合、バトルゾーンを離れる時はいずれか1体を選ぶ。進化クリーチャーが破壊される時には下の進化元カードも一緒にバトルゾーンを離れてしまうので、ディスアドバンテージが小さいという点では、G・リンクのほうが進化よりも優れている。
  • この能力を持つカード、つまりゴッドはカードフレームがG・リンク用の特別な形状になり、リンクさせるとカードイラストが繋がるようになっている。また、フルフレームでないゴッドテキスト欄の横には半円が描かれており、リンクすると円が完成するようになっている。

ルール

能力の分類について
特性の共有について
  • リンクしているクリーチャーが持つ文明を全て持つ。
  • 進化クリーチャーと非進化クリーチャーがリンクしている場合、それは進化クリーチャーとして扱う。
  • リンクしているクリーチャー全てのカード名を同時に持つ。各クリーチャーのカード名を繋げて1つのカード名になる訳ではない。
バトルゾーンに出す時について
  • 同じ名前のゴッドが(間接的に)リンクできるのは今のところ五元神のみであるが、当然上のルールに従った上でリンクさせる事になる。
バトルゾーンを離れる時について
  • G・リンクしているクリーチャーがバトルゾーンを離れる場合、ゴッドの持ち主が、クリーチャーとして表出したカードのうち1枚を選び、そのカードのみがバトルゾーンを離れる。その結果、リンクの外れ方によって、1体以上のクリーチャーがバトルゾーンに残る。
    • この時、どのカードがバトルゾーンを離れるかに関係なく、バトルゾーンを離れる直前のリンク状態の特性を持つクリーチャーがバトルゾーンを離れる扱いとなる。その移動先が墓地なら、そのクリーチャーは破壊されることになる。
  • カード指定除去によってクリーチャーとして表出したカードが1枚以上対象になった場合も、ゴッドの持ち主が、クリーチャーとして表出したカードのうち1枚のみを選び、そのカードがバトルゾーンを離れる。この時、必ずしもカード指定除去の対象になったカードを選ぶ必要はない。
    リンクしているこのクリーチャーが非進化クリーチャー扱いだった場合、離れたカードの下にあったカードは状況起因処理墓地に置かれる。
    リンクしているこのクリーチャーが進化クリーチャー扱いだった場合、離れたカードの下にあったカードは再構築される。再構築の結果、G・リンクが適正であるかを再チェックする。適正であればG・リンク状態を維持する。不適正ならG・リンクは外れる。
その他のルール

その他

参考


公式Q&A

Q.進化元がある《蒼世神 ADAM》がいて、《名も無き神人類》を出す時、名前に《創聖神 EVE》を指定して《蒼世神 ADAM》とリンクさせると進化クリーチャー扱いになりますか?
A.はい、《名も無き神人類》は進化クリーチャーではありませんが、リンクしているクリーチャーが進化クリーチャーなので、進化クリーチャーとして扱います。
引用元

Q.バトルゾーンにG・リンクしている《究極神アク》《超絶神ゼン》がいます。《あたりポンの助》《究極神アク》を指定したらどうなりますか?
A.能力が無視されることによって《究極神アク》《超絶神ゼン》のG・リンクが解除されます。《究極神アク》は能力が無視されたままですが、G・リンクが解除された《超絶神ゼン》の能力は無視されません。
引用元

Q.G・リンクでリンクした《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》で攻撃する時、《蒼き団長 ドギラゴン剣》の「革命チェンジ」能力の宣言をしました。
リンクしているゴッドがバトルゾーンを離れる場合、1枚のみが離れますが、処理はどうなりますか?
A.「革命チェンジ」は失敗となり、《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》はどちらもバトルゾーンを離れず、攻撃を継続します。
リンクしているゴッドのように、クリーチャーを構成するカードすべてが手札に戻らない場合も入れ替えは失敗となります。
引用元

Q.自分の《真滅右神ラウドパーク》が1体いる状況で《プロジェクト・ゴッド》を唱え、山札の上から《神人類 ヨミ》が3枚めくれました。
1体目の《神人類 ヨミ》《真滅右神ラウドパーク》G・リンクした状態でバトルゾーンに出た後、2枚目の《神人類 ヨミ》が出る際に1枚目の《神人類 ヨミ》《真滅右神ラウドパーク》のリンクを外せば《神人類 ヨミ》《真滅右神ラウドパーク》G・リンクした状態でバトルゾーンに出せますか?
同様に、3体目の《神人類 ヨミ》もバトルゾーンに出る際に2体目の《神人類 ヨミ》《真滅右神ラウドパーク》のリンクを外せばG・リンクした状態でバトルゾーンに出せますか?
A.はい、出せます。クリーチャーは1体ずつバトルゾーンに出ますので、1体目の《神人類 ヨミ》《真滅右神ラウドパーク》G・リンクした状態でバトルゾーンに出た後、2体目以降の《神人類 ヨミ》《真滅右神ラウドパーク》《神人類 ヨミ》のリンクを外してG・リンクした状態でバトルゾーンに出すことができます。(総合ルール 400.7 803.1a)
引用元

Q.自分のリンクしている《神帝ムーラ》《神帝マニ》と、《赤攻銀 マルハヴァン》《アクア・ガード》がいる状況で、相手は《トーチング・パニッシュ》を唱えました。相手が効果で《神帝ムーラ》を選び、破壊する際、《赤攻銀 マルハヴァン》の「自分のコスト4以上のクリーチャーが破壊される時」の置換効果を適用し、《アクア・ガード》を破壊できますか?
A.はい、破壊できます。リンクしているゴッドは、それぞれの特性をすべて持っています。破壊される《神帝ムーラ》はコスト7のクリーチャーですので、《赤攻銀 マルハヴァン》の置換効果を適用して《アクア・ガード》をかわりに破壊できます。
(総合ルール 803.1b[7]
引用元

Q.自分のリンクしている《神帝ムーラ》《神帝マニ》《赤攻銀 マルハヴァン》がいる状況で、相手は《トーチング・パニッシュ》を唱えました。相手が効果で《神帝マニ》を選び、破壊する際、《赤攻銀 マルハヴァン》の「自分のコスト4以上のクリーチャーが破壊される時、かわりに」の置換効果を適用し、リンクしている《神帝ムーラ》を破壊できますか?
A.いいえ、破壊できません。リンクしているゴッドは1体のクリーチャーとして扱います。効果でクリーチャーを参照する際、リンクしているゴッドのうち片方の特性のみを参照することはできませんので、《赤攻銀 マルハヴァン》の置換効果で《神帝ムーラ》のみの破壊はできません。
(総合ルール 803.1b[7]
引用元

Q.自分のリンクしている《神帝ムーラ》《神帝マニ》と、タップ状態の《赤攻銀 マルハヴァン》がいる状況で、相手は《トーチング・パニッシュ》を唱えました。相手が効果で《神帝ムーラ》を選び、《神帝ムーラ》が破壊された時、《赤攻銀 マルハヴァン》の「自分のコスト3以下のクリーチャーが破壊された時」の能力はトリガーしますか?
A.いいえ、トリガーしません。リンクしているゴッドは、それぞれの特性をすべて持っています。墓地に置かれた《神帝ムーラ》はコスト3のクリーチャーですが、破壊される時点ではコスト7のクリーチャーでしたので、《赤攻銀 マルハヴァン》の能力はトリガーしません。
(総合ルール 803.1b[7]
引用元

Q.自分のリンクしている《龍神ヘヴィ》《破壊神デス》《ダーク・ルピア》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《デーモン・ハンド》を唱えました。効果で《龍神ヘヴィ》《破壊神デス》を破壊する際、自分はそのうち《破壊神デス》のみを墓地に置きましたが、《ダーク・ルピア》の「自分のドラゴンが破壊された時」の能力はトリガーしますか?
A.はい、トリガーします。リンクしているゴッドは、それぞれの特性をすべて持っています。墓地に置かれた《破壊神デス》はドラゴンを持ちませんが、リンクしていた《龍神ヘヴィ》はドラゴンを持ちますので、《ダーク・ルピア》の効果で相手のクリーチャーを1体破壊できます。
(総合ルール 803.1b[7]
引用元

Q.自分のリンクしている《龍神ヘヴィ》《暗黒破壊神デス・フェニックス》《龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、その《暗黒破壊神デス・フェニックス》進化元《ボルシャック・ドラゴン》がいます。この《暗黒破壊神デス・フェニックス》のみが離れ、再構築により進化元の《ボルシャック・ドラゴン》が残る際、《龍神ヘヴィ》《ボルシャック・ドラゴン》《龍神メタル》はリンクしたままですか?
A.いいえ、リンクは外れます。不適正なカードのリンクは外され、それぞれバトルゾーンに別々のクリーチャーとして残ります。
また、この場合、《破壊神デス》がバトルゾーンを離れているので、リンクが外れた後、《龍神メタル》の「このクリーチャー、《龍神ヘヴィ》、《破壊神デス》の3体がリンクしていて、《破壊神デス》が離れた時」の能力で、《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》を再び「G・リンク」させることができます。
引用元

Q.自分のリンクしている《龍神ヘヴィ》《暗黒破壊神デス・フェニックス》がバトルゾーンにいる状況で、その《暗黒破壊神デス・フェニックス》の進化元に《ボルシャック・ドラゴン》がいます。この《暗黒破壊神デス・フェニックス》のみが離れ、再構築により進化元の《ボルシャック・ドラゴン》が残る際、《龍神ヘヴィ》《ボルシャック・ドラゴン》はリンクしたままですか?
A.いいえ、リンクは外れます。不適正なカードのリンクは外され、どちらもバトルゾーンに別々のクリーチャーとして残ります。
(総合ルール 703.4e[8]
引用元

Q.自分のリンクしている《龍神ヘヴィ》《暗黒破壊神デス・フェニックス》がバトルゾーンにいる状況で、その《暗黒破壊神デス・フェニックス》の進化元に《龍神メタル》がいます。この《暗黒破壊神デス・フェニックス》のみが離れ、再構築により進化元の《龍神メタル》が残る際、《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》はリンクしたままですか?
A.はい、リンクした状態でバトルゾーンに残ります。リンクしていた《暗黒破壊神デス・フェニックス》の状態定義効果を、《龍神メタル》が引き継ぎます。
(総合ルール 801.4c[9]
引用元

Q.自分のリンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、その上に《ボルシャック・モモキング》を進化してバトルゾーンに出しました。この一番上の《ボルシャック・モモキング》のみが離れ、再構築により進化元のクリーチャーが残る際、下のカードはリンクしたままですか?
A.いいえ、どちらか片方のクリーチャーのみがバトルゾーンに残ります。《ボルシャック・モモキング》を出した時点で、進化元に置くカードの順番を決定する必要があります。《ボルシャック・モモキング》が離れて再構築が行われる際、重ねた《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》のうち、上に置いた方がクリーチャーとしてバトルゾーンに残り、もう一方はその下に重ねられたままになります。
(総合ルール 801.1b[10]
引用元

Q.自分のマナゾーンにカードが6枚あり、相手の《獣軍隊 ヤドック》と自分の《龍神ヘヴィ》がバトルゾーンにいる状況です。自分が《インフェルノ・サイン》を唱えて、効果で墓地から《龍神メタル》をバトルゾーンに出す際、《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》の「G・リンク」と、《獣軍隊 ヤドック》の置換効果の適用はどちらが先になりますか?
A.置換効果の適用が先です。置換効果によって《龍神メタル》が実際にバトルゾーンに出ない場合、状態定義効果は何もしません。結果的に、《龍神メタル》のみが《獣軍隊 ヤドック》の置換効果でマナゾーンに置かれます。
(総合ルール 110.4f[11]
引用元

Q.自分のマナゾーンにカードが7枚あり、相手の《獣軍隊 ヤドック》と自分の《龍神ヘヴィ》がバトルゾーンにいる状況です。自分は《龍神メタル》をリンクした状態でバトルゾーンに出す際、このリンクした《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》《獣軍隊 ヤドック》の置換効果でマナゾーンに置かれますか?
A.いいえ、マナゾーンに置かれません。バトルゾーンに出る《龍神メタル》はコスト7のクリーチャーです。《獣軍隊 ヤドック》は実際に出るクリーチャーの情報のみを参照しますので、《獣軍隊 ヤドック》の置換効果は適用されません。
(総合ルール 803.1d[12]
引用元

Q.自分のマナゾーンにカードが7枚あり、相手の《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》と自分の《龍神ヘヴィ》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《龍神メタル》をリンクした状態でバトルゾーンに出しました。このリンクした《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》《奇石 ミクセル》の「相手のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーを相手がバトルゾーンに出した時」の能力で山札の一番下に置かれますか?
A.いいえ、山札の一番下に置かれません。バトルゾーンに出た《龍神メタル》はコスト7のクリーチャーです。《奇石 ミクセル》の能力は実際に出たクリーチャーの情報のみを参照しますので、《奇石 ミクセル》の能力はトリガーしません。
(総合ルール 803.1c[13]
引用元

Q.《緊縛の影バインド・シャドウ》と自分のアンタップ状態の《龍神ヘヴィ》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《龍神メタル》をリンクした状態でバトルゾーンに出しました。このリンクした《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》はタップ状態になりますか?
A.いいえ、アンタップ状態です。バトルゾーンに出る《龍神メタル》は火のクリーチャーです。《緊縛の影バインド・シャドウ》は、実際に出るクリーチャーの情報のみを参照しますので、《緊縛の影バインド・シャドウ》の状態定義効果は適用されません。
(総合ルール 803.1d[12]
引用元

Q.自分のリンク状態の《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、相手が《テック団の波壊Go!》を唱えて、「相手のコスト6以上のクリーチャーを1体、破壊する。」効果で《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》を選んだ場合、どうなりますか?
A.リンク状態の《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》のうち、どちらか好きな方を1体自分が選び、破壊します。
(総合ルール 803.7)
引用元

Q.自分のリンク状態の《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》がバトルゾーンにいる状況で、相手が《テック団の波壊Go!》を唱えて、「バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードをすべて、持ち主の手札に戻す。」を選択し、効果を解決した場合、どうなりますか?
A.結果的に、自分は《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》のうち、好きな方を手札に戻します。
リンク状態の《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》はコスト8のクリーチャーですが、カードとして参照される場合にはどちらもコスト4のカードであるため《テック団の波壊Go!》の効果で両方が同時に手札に戻ろうとします。その際、状況起因処理によって自分は《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》のうち1枚を選び、手札に戻します。

+  (総合ルール 803.7)

引用元(2021.10.22)

Q.自分のリンク状態の《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、相手が《テック団の波壊Go!》を唱えて、「バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードをすべて、持ち主の手札に戻す。」を選択し、効果を解決した場合、どうなりますか?
A.結果的に、自分は《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》のうち、好きな方を手札に戻します。
リンク状態の《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》はコスト10のクリーチャーですが、カードとして参照される場合にはコスト4と6のカードであるため《テック団の波壊Go!》の効果で《極限龍神ヘヴィ》が手札に戻ろうとします。その際、状況起因処理によって自分は《極限龍神ヘヴィ》《極限龍神メタル》のうち1枚を選び、手札に戻します。
(総合ルール 803.7)
引用元


G・リンク (デュエプレ)

起動型能力へと変更された。

G・リンク[文明(X)]:《リンク可能ゴッド》とリンクして《G・リンク形態》になる。

メインステップ中にバトルゾーンにあれば、指定されたコストを支払い、そのクリーチャーとしてバトルゾーンに出現する。
この際、能力で指定された《リンク可能ゴッド》はバトルゾーンに出た扱いとなり、cipなどは使用可能である。

詳細はゴッド・カードを参照のこと。


[1] リンク位置の「下側」ではない
[2] 総合ルール803.1b「リンクしたゴッドを構成する各カードの個別の特性は変更されない」による。また、《神帝スヴァ》自身が離れた場合は、総合ルール603.5cにより、離れる直前のカードの特性を参照し、特殊敗北能力が誘発する。
[3] 「破壊されるかわりに手札に戻す」等
[4] 「〜するかわりに破壊する」等
[5] バトルの敗北、パワー低下
[6] 進化クリーチャーの処理と同様
[7] リンクしたゴッドは、1 体のクリーチャーとしてそれを構成する各ゴッドの名前、能力、文明などの特性をすべて持つものとして扱います。ただし、それを構成する各カードの個別の特性を変更させるものではなく、集合体として 1 体のクリーチャーとして扱うことに注意してください。
[8] リンクしたゴッドの情報が不適正になった時、そのリンクは外れる。
[9] 再構築されたクリーチャーは新たにバトルゾーンに出るわけではなく、すでにバトルゾーンにあったものとして扱います。バトルゾーンに出た時に誘発する効果は発生しません。また、それらのクリーチャーはターンのはじめから進化クリーチャーの下に存在していたのであれば、新たに召喚酔いしません。また、再構築前に受けていた効果があれば再構築後も引き継ぎます。
[10] 複数のカードを進化元として進化クリーチャーをバトルゾーンに出す場合、進化元となるカードを好きな順番で、その進化クリーチャーの下に重ねて置きます。
[11] 状態定義効果は、カードがゾーンに置かれる際、その状態を変更させます。これらは置換効果同様に効果に割り込んで処理をしますが、置換効果として扱わず、複数の効果が同時に存在する場合、それらすべてが適用されます。置換効果によってカードが実際にそのゾーンに置かれない場合、状態定義効果は何もしません。
   例: 永遠のリュウセイ・カイザー、緊縛の影バインド・シャドウ、「超感覚の聖狗」、不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー

[12] ゴッドがバトルゾーンに出る際に、置換効果や G・リンク以外の状態定義効果が適用される場合、そのゴッドがリンクして 1 体のクリーチャーになったとしても、実際にバトルゾーンに出るカードの特性を参照します。
[13] ゴッドがバトルゾーンに出ることでカードの能力が誘発する場合、そのゴッドがリンクして 1 体のクリーチャーになったとしても、実際にバトルゾーンに出たカードの特性を参照します。