《「破壊(はかい)(あか)!スクラッパーレッド!」「知識(ちしき)(あお)!ブレインブルー!」「魅惑(みわく)(みどり)!トラップグリーン!」「閃光(せんこう)黄色(きいろ)!スパークイエロー!」「強欲(ごうよく)(むらさき)!ハンドパープル!」「ブレイクあるところに(われ)らあり!シールド戦隊(せんたい)、トリガージャー!!」》

※正式な表記は《「破壊の赤!スクラッパーレッド!」「知識の青!ブレインブルー!」「魅惑の緑!トラップグリーン!」「閃光の黄色!スパークイエロー!」「強欲の紫!ハンドパープル!」「ブレイクあるところに我らあり!シールド戦隊、トリガージャー!!」》だが、ページ名はこのWikiの仕様上《「ブレイクあるところに我らあり!シールド戦隊、トリガージャー!!」》と表記する。

「破壊の赤!スクラッパーレッド!」「知識の青!ブレインブルー!」「魅惑の緑!トラップグリーン!」「閃光の黄色!スパークイエロー!」「強欲の紫!ハンドパープル!」「ブレイクあるところに我らあり!シールド戦隊、トリガージャー!!」 P 光/水/闇/火/自然文明 (7)
呪文
S・トリガー
次のうち2つ選ぶ。
►相手のクリーチャーを、パワーの合計が5000以下になるように好きな数選び、破壊する。
►カードを3枚まで引く。
►相手のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
►相手のクリーチャーをすべてタップする。
►相手のクリーチャーを1体破壊する。

DMEX-08で登場した5色レインボー呪文

《超法無敵宇宙合金武闘鼓笛魔槍絶頂百仙閻魔神拳銃極太陽友情暴剣R・M・G チーム・エグザイル~カツドンと仲間たち~》の1.5倍は長いカード名に目が行くが、その能力は強力。5000割り振り火力、3ドロー、1体マナ送りオールタップ、1体破壊効果をモードで2つ選んで実行できる。

コストや文明を考慮しなければ、S・トリガーとしてのスペックは最高峰。
5色ではあるが、S・トリガーで使えばマナ基盤は必要はなく、選択肢も10通りあるため、効果自体の汎用性はそこそこ高いだろう。《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》で唱えられることも見逃せないポイント。

十分マナを伸ばすことでマナ数0のハンデを克服できる普通の【5色コントロール】系統では、十分採用に値する。
一方、見ての通りツインパクトでもないため、マナの管理がギリギリな上に採用カードにクリーチャー面が付いていることが重要視される【5色ドギラゴン剣】には向かない。

スクラッパーとしては頭一つ抜きん出た性能であるため、【マグマジゴクワンショット】の強化パーツとしても優秀。

ウィークポイントは5色レインボー特有のマナ数0と文明の数、加えてそこそこのコストの重さから手打ちがしにくく、手札で腐りやすい事だろう。
そのため、《アクア・スーパーエメラル》などのシールド追加手段を用意したり、《魔光大帝ネロ・グリフィスII世》《龍聖霊ウルフェウス》といったS・トリガー以外でのコスト踏み倒し手段を用意したりといった方法で対処したい。

ルール

  • 「2回選ぶ」パーフェクト呪文と違って、こちらは「2つ選ぶ」なので、同じモードは選べない。また、呪文は上から解決するルールはモードでも適応されるため、下の効果を解決してから上の効果を解決するような事はできない。
  • 割り振り火力は「好きな数選び、破壊する」なので1体も破壊しないことができ、ドロー効果も、「3枚まで引く」なので、1枚もドローしないこともできる。そのため、ほぼありえないシチュエーションだが、除去タップドローもしたくはないが、この呪文だけ唱えたいという時は、割り振り火力とドローを選択するといい。

環境において

S・トリガーで捲れば《サイバー・ブレイン》の上位互換スペックなので、【ライベルモットループ】1枚積みされるケースもあるが、マナ数が0なのでおしゃれ枠に近いと言える。

しかし2023年1月中旬にこれを4枚入れた【ライベルモットループ】がオリジナルのチャンピオンシップで3位入賞した。

サポート

カード名関連

元ネタ

  • 各メンバーの名乗りの後の「ブレイクあるところに我らあり!」という台詞は本家スーパー戦隊シリーズ『百獣戦隊ガオレンジャー』の「命ある所、正義の雄叫びあり!」というキメ台詞のパロディと思われる。
  • 2021年現在、紫の戦隊キャラは初期メンバーとして登場した事は一度もなく、全員が追加戦士(もしくはゲスト、敵)である。
    「5人のみの名乗りに参加した」と言う視点ならば、初期メンバー3人+追加戦士2人であった「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のゲキバイオレットがこれに該当する。
    また、ゲキレンジャーは初期メンバー3人が赤青黄で、さらに番外戦士として緑(メレ)が1話のみ名乗りに参加しているため、(かなり例外的だが)現状唯一この5色が揃い踏みしている。
    • なお、戦隊における紫の戦士は基本的に「バイオレット」と呼ばれ、「パープル」と名乗った戦士は一人もいない。
    • 2023年3月放送開始の「王様戦隊キングオージャー」の初期メンバーとして「パピヨンオージャー」が発表、紫の初期メンバーが初登場した。レッド、ブルー、イエロー、パープル、ブラックのチームなので残念ながらこのカードの5色とは一致しない。
  • あまり知られていないが実はこれもコラボカードであり、カード横のコピーライトには「©SCG Power Rangers LLC&Hasbro」の文字がある。コラボ先は「パワーレンジャー」。海外での戦隊シリーズの名称である。
    • 「何故日本ではなく海外の戦隊なのか?」と疑問に思うかもしれないが、これは2018年に「パワーレンジャー」の版権を買い取ったHasbro社がWizards of the Coastの親会社である為。
      その上日本の戦隊は、デュエル・マスターズ擁するタカラトミーと競合するTCGであるバトルスピリッツを制作しているバンダイが版権を持っているのでコラボしにくい相手である。

その他

関連カード

収録セット

参考