革命(かくめい)0(ゼロ)トリガー

DMR-17(初出はプロモによる先行収録)で登場した能力語

革命の鉄拳 R 火文明 (3)
呪文
革命0トリガー―クリーチャーが自分を攻撃する時、自分のシールドが1枚もなければ、この呪文をコストを支払わずに唱えてもよい。
自分の山札の上から4枚を見せ、その中から火のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャー以下のパワーを持つ相手のクリーチャーを1体破壊する。
この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに自分の山札に加えてシャッフルする。
ボルシャック・ドギラゴン LC 火文明 (7)
進化クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 12000
革命0トリガー―クリーチャーが自分を攻撃する時、自分のシールドが1枚もなければ、このクリーチャーを手札から見せてもよい。そうしたら、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードが火の進化ではないクリーチャーなら、バトルゾーンに出し、このクリーチャーをその上に置く。
進化−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。 

能力としては、ダイレクトアタックが成立しかけている瀬戸際のみに有効なニンジャ・ストライクのようなもの。

S・トリガーと比較した場合の相違点は以下の通り。

ルール

  • 特に制限はないため、一度のダイレクトアタックに対して何枚も革命0トリガーを使用することが可能。ただし、唱える場合は唱える枚数をあらかじめ使用宣言して相手に公開し、後々唱える必要性がなくなったとしても必ず宣言した枚数分使う必要がある。また、一度革命0トリガーの処理に移るとそこから唱える枚数を追加することはできない。これらの諸事項もアタック・チャンスと同様。
  • 複数枚革命0トリガー呪文を使用宣言した時、まだ使用していない革命0トリガー呪文は手札の中である。例えば、《革命の鉄拳》を革命0トリガーで2枚使用宣言して、1枚目で《勝利のアパッチ・ウララー》を破壊したとすると、そのpigで相手が手札を見ようとしている時、この時2枚目の《革命の鉄拳》は手札に無ければならない。(2018年4月29日正式回答)
  • 革命0トリガーはトリガー能力である。つまり、複数枚革命0トリガーを使用宣言した場合、1枚目の革命0トリガーを解決してから出したクリーチャーのcipの方を解決してもよいし、2枚目以降の革命0トリガーから解決してもよい。
  • 革命0トリガーの解決時に何かしらの効果でシールドが1つ以上になっていた場合、革命0トリガーは不発に終わる。
  • もちろん、自分のシールドが1つ以上の時は、使用宣言ができない。革命0トリガーは使用宣言時と解決時双方シールドが0でなければ使えない。
    • そのため、自分のシールドが1つの状態で相手が攻撃した時に、《八極 ハリルヤ》の効果でシールドを手札に加えて自分のシールドを0にしてから《ミラクル・ミラダンテ》を出すというプレイングは不可能。
  • 革命0トリガーの使用宣言タイミングは、ニンジャ・ストライクの攻撃された時の使用宣言時と同じため、そちらを参照されたし。

《ボルシャック・ドギラゴン》《ミラクル・ミラダンテ》の革命0トリガーについて

山札の上のクリーチャーを進化元にするのはデッキ進化を彷彿させるが、こちらは一旦先に山札の上の進化元をバトルゾーンに出してから進化するため、デッキ進化とは挙動が全く異なる。

  • 一旦先に山札の上の進化元をバトルゾーンに出してから進化するため、進化元がcip能力を持っていればそれはトリガーする。
  • バトルゾーンに出したクリーチャーが、常在型能力によるパワー低下でパワーが0以下になった時、進化する前に状況起因処理で破壊されるため、革命0トリガーは不発に終わる。(進化元のcip能力はトリガーする)

テクニック

  • シールドを0にして自分のターンへと移行しやすくなるため、革命能力へのサポートとしては最適。
  • 進化元がG・リンクしてバトルゾーンに出た場合、そのリンクしているクリーチャー・オブジェクトから進化する。

その他

  • 有効になるかどうかの判断は山札の上クリーチャーの有無によって行われる。対して革命0トリガーはいずれも自身は対象にならないようにデザインされているため、同じ革命0トリガーを多く積んだ場合は成功率が低下してしまう。《賢者の紋章》に関しては同名カードも条件に入っているが、その分他の条件が厳しくなっている。

革命0トリガーを持つカード

参考