Magic(マジック)The() Gathering(ギャザリング)

アメリカ合衆国のWizards of the Coast社が製作しているトレーディング・カードゲーム。

「マジック:ザ・ギャザリング」と読む。通称「マジック」「ギャザ」もしくは「MTG」。

日本では同社の日本支社が展開している。(2004年まではホビージャパン、2012年まではタカラトミー)

世界初のトレーディング・カードゲームであり、後発のTCGは基本的にこのゲームの影響を受けている。デュエル・マスターズもこのゲームを基にして作られた。

このゲームの文明(色)、マナ種族という概念が取り込まれ、タップブロックなど一部の用語や俗称も引用されている。

  • 創始者は数学博士のリチャード・ガーフィールド氏。
  • 漫画「デュエル・マスターズ」は、連載開始時からしばらくの間MTGを題材としていた。デュエルの神殿編の黒城 凶死郎戦まではマジックが使用されていたが、その次の白凰戦からデュエル・マスターズに切り替わり、今日までそちらが題材となっている。
    • 題材がデュエル・マスターズになってからは劇中でMTGについて触れられることはなくなる。
      しかし、MTG時代のデュエル描写が回想としてわずかに登場したり、SX編の終盤の倒壊を食い止める展開でデュエル・マスターズクリーチャーに混じって《こそこそするホムンクルス/Sneaky Homunculus》が登場したりした。
    • MTG時代から続投したキャラのうち、ストーリーの影響でデュエル・マスターズでのまともなデュエル描写がないキャラが存在する。
      本作が進行の遅い月刊雑誌の連載故にアニメでしかデュエル・マスターズでのデュエル描写がないキャラも少なくない。
  • コロコロアニキ連載漫画の「切札勝舞はマジック:ザ・ギャザリングを使いつづける」は、この時にデュエル・マスターズに切り替わらなかったifストーリーとなっている。
  • 原作漫画におけるデュエル・マスターズカードは本来「デュエルに敗北した者は命を落とす」という文字通り命懸けの代物であり、その事実を知った黒城から必死の思いで説得された勝舞が遂に「カードゲームで死にたくないからやめる」という極めて真っ当な理由でデュエル・マスターズのデッキを捨ててMTGの世界に戻る…という流れになっている。
  • 「Magic」と「The」の間に入るのは「・」(中点)ではなく「:」(コロン)である。よって、「マジック・ザ・ギャザリング」という表記は厳密には正確ではない。

コラボカード

参考

関連URL