【超神機鎧冑ゼノメノン】

ゼノパーツジャイアント・インセクトを大量展開し、《超神機鎧冑ゼノメノン》進化してランデスするデッキ
《ゼノメノン》自身の/自然を主軸とし、必要に応じてが追加されることが多い。

超神機鎧冑ゼノメノン R 火/自然文明 (6)
進化クリーチャー:ゼノパーツ/ジャイアント・インセクト 5000
進化−自分のゼノパーツまたはジャイアント・インセクト1体の上に置く。
バトルゾーンにある自分の他のゼノパーツとジャイアント・インセクトすべてのパワーは+2000される。
自分のゼノパーツまたはジャイアント・インセクトが相手を攻撃してブロックされなかった時、相手は自分自身のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

主要カード

進化元の候補

火と自然の候補

水の候補

超次元超GR

《愛魂憎男》《ゼノメノン》の進化元になるGRクリーチャーGR召喚できる確率は⅙

このデッキの使い方

序盤は殴らずに進化元の展開に専念する。場にクリーチャーを最低3体は揃えてから《超神機鎧冑ゼノメノン》を進化。
そこから一斉攻撃を仕掛け、相手のペースを奪って勝利する。
自分のゼノパーツジャイアント・インセクトが全てランデス能力を得るので、大量展開して殴ればかなりのプレッシャーになるだろう。
相手のS・トリガーで多少除去されても、マナさえ奪ってしまえば逆転されにくい。

進化元としては《スナイプ・モスキート》《ムラマサのコンセント》などが優秀。
特に《ムラマサのコンセント》cip能力持ちのクリーチャーなので、能力を使った上で進化すれば無駄がない。

水を混ぜる場合、《電脳鎧冑アナリス》《ストリーミング・チューター》などで乏しい手札補充を補うこともできる。

新章デュエル・マスターズ以降で優秀な進化元が増えたので着実に強化されている。

このデッキの弱点

ブロックされなかった場合にしかランデスが出来ないこと。
《超竜バジュラ》のようなアタックトリガーとは違い、攻撃を通した場合のみランデスができるため、ブロッカーが豊富なデッキには相性が悪い。

このため《ブルーレイザー・ビートル》《フル・コマンド》《無限掌》を使って制圧したり、《無頼勇騎ウインドアックス》《クリムゾン・ワイバーン》でブロッカーを破壊したり、を混ぜて《サイバー・トンネル》《氷槍 パラディン・スピア》を使うなどして対策したい。

また、必然的にW・ブレイカーを持つような高パワークリーチャーが採用しにくいので全体除去を喰らいやすい。そういった場合は早めに《ゼノメノン》を立ててパワー強化を図ろう。

  • 一度の攻撃で何枚シールドをブレイクしても、《ゼノメノン》の能力で破壊できるマナは一枚だけである。そのため、W・ブレイカー等の複数枚のシールドブレイクとの相性はあまり良くない。

参考