【ボルフェウス・ヘヴン】 (デュエプレ)

概要

DMPP-09EXで登場した《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》を中心としたデッキ。
《インビンシブル・フォートレス》《ティラノ・リンク・ノヴァ》等の大型呪文を踏み倒してダイレクトアタックを狙う。

採用するカードによってビートダウンコントロール等、デッキの方向性が変わる。
DMPP-09EX期の初期では基本の光火、優秀なドローとブロッカーが多い光水火、除去と墓地利用が得意な光闇火が主流であった。
その後は光火型が主流となり、次点で光水火型も見られるが、光闇火型はほとんど見られなくなった。

New Divisionでは、再録がない限りDMPP-15が実装される前まで《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》が使用可能である。

超聖竜ボルフェウス・ヘヴン SR 光/火文明 (6)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド/アーマード・ドラゴン 13000
進化V−自分のエンジェル・コマンドまたはドラゴンのいずれか2体
バトルゾーンに出た時、自分の手札にある光または火の呪文1枚を、コストを支払わずに唱えてもよい。そうしなかった場合、カードを1枚引く。
攻撃する時、相手のクリーチャーを、パワーの合計が6000以下になるように好きな数選び、破壊する。
T・ブレイカー

主要カード

カード名文明概要
《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》光/火主力の進化Vクリーチャー。
《聖霊竜騎ボルシャリオ》光/火《ボルフェウス》を意識した種族、文明、効果をもつ優秀なクリーチャー。おそらくどの型でも4枚積みされる。
《翔天幻風ラルック》光/火こちらも《ボルフェウス》を意識した文明、効果をもつ。パワーの低さと上記2種と一部以外にはコスト軽減が1しかないことが難点。
エンジェル・コマンドかドラゴンのどちらかに偏重するならば不採用もありえる。

候補カード

AC:エンジェル・コマンド DG:ドラゴン ND:New Division(5-10弾)使用可能

クリーチャー

カード名文明ACDG概要ND
《コッコ・ルピア》定番のドラゴンサポート。
《ボルシャック・バディ・ドラゴン》《ラルック》や《ルピア》をサーチする。
《センチネル・ドラゴン》ドラゴンを継続的に出すことができる。【アポロヌス・ドラゲリオン】でも見られた動きは単純かつ強力。
《闘龍鬼ジャック・ライドウ》《ボルフェウス》をサーチできる。
《超竜騎神ボルガウルジャック》進化クリーチャー。《ボルフェウス》と違い、進化元が1体でも相手の盤面の制圧を狙える。
《バルケリオス・ドラゴン》G・ゼロで打点を一気に揃えられる。
《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》場に出せれば1枚で決着が狙えるDP殿堂カード。採用するなら《ヘリオライズ・ドラゴン》も候補となる。
《聖騎士ヴォイジャー》キャントリップエンジェル・コマンドコスト軽減効果をもつ。
パワーも3000とそれなりで《ラルック》や《ルピア》と違い除去され難い点が魅力。
《光輪の精霊 ピカリエ》キャントリップもちで腐りづらい進化元。
《新星の精霊アルシア》墓地から呪文を回収できる。
《神門の精霊エールフリート》山札から呪文を探索して手札に加える。
《清浄の精霊ウル》S・トリガーのブロッカー。メタモーフで1タップのcipもある。
《連珠の精霊アガピトス》光2コスト以下のクリーチャーをリクルートする。状況に合わせて候補を選択したい。以下「●」はリクルート候補。
《アシガ・ルピア》《ゼロ・フェニックス》やミラー時の《フォートレス》対策。
《宣凶師ベリックス》マナに置いた呪文を回収する。ブロッカーのため水採用時は《ロードリエス》で大量ドローも狙える。
《霊王機エル・カイオウ》光/水水文明採用時の候補。2コストでパワーの高いブロッカー。《ロードリエス》で大量ドローも狙える。
《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》場持ちの良いブロッカー《烈流神》の存在がネックだがサブフィニッシャーも務まる。
《聖霊王アルカディアス》呪文対策。他の呪文メタに比べればコストが低く扱い易い。
《聖霊王アルファディオス》光以外を封殺できるが、コストの重さがネック。おそらく10マナに伸びるまでには決着が付く。
《光神龍ベティス》S・トリガーのブロッカー。《ウル》とは種族が差別点。
《光神龍スペル・デル・フィン》呪文対策。《アルファディオス》と同じく重さがネック。
《龍聖霊ウルフェウス》《ボルフェウス》と似た呪文踏み倒しができる。《武者・ドラゴン》と友情タッグのファンデッキを組むのも一興だろう。
《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》光/火小型除去とブロッカーをもつS・トリガー。効果は優秀だが種族が合わない。
《血風聖霊ザーディア》光/火《ヘブンズ・ゲート》を採用するなら。

呪文

カード名文明概要ND
《インビンシブル・フォートレス》《ボルフェウス》で踏み倒す呪文候補。相手のシールドを3枚墓地に送り、逆転の目を与えない。
《ティラノ・リンク・ノヴァ》踏み倒し候補。相手のシールドを全てブレイクするが、S・トリガーは使われてしまう。使用感覚は《アポロヌス》に近いか。
《ボルカニック・アロー》コストを軽減した《ボルシャリオ》でサーチしつつ手打ちできるコストの軽量除去札。
コントロール系には強いが速攻相手には自分の首を締めかねない。《アシガ・ルピア》があればデメリットをケアできる。
《ホーリー・スパーク》防御札だが、《ボルフェウス》で踏み倒せばそのアタックトリガーを活かすことができる。
《バリアント・スパーク》メタモーフで《ホーリー・スパーク》となるS・トリガー。利点は手打ちがし易いコストであるという点。
《ヘブンズ・ゲート》エンジェル・コマンドのブロッカーを多く採用するなら採用候補となる。
《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》光/火S・トリガーと優秀な効果をもつ防御札。《クイーン・アルカディアス》《アルファディオス》のロックを突破できる。
《ボルフェウス》で踏み倒す呪文として見るとアタックトリガーが無駄となり相性が悪い。
《ラスト・バイオレンス》5色《ボルフェウス》で踏み倒すことが前提の5色レインボー呪文。踏み倒せれば絶大なアドバンテージが得られる。

他文明候補カード

水文明

#region2(闇、自然文明の候補){{
***闇文明 [#sdf71693]
-クリーチャー
|~カード名|~文明|~AC|~DG|CENTER:BG概要|~ND|h
|BG|>|>|CENTER:BG|BG|CENTER:|c
|《黒神龍メギラ》|闇| |◯|闇のドラゴンブロッカー群。それぞれ攻撃の可/不可と自壊条件が違う。
《ゾルヴェール》はドラゴンの墓地回収効果をもつ。|◯|
|《黒神龍ジャグラヴィーン》|闇| |◯|~| |
|《黒神龍ゾルヴェール》|闇| |◯|~| |
|《黒神龍グールジェネレイド》|闇| |◯|ドラゴンに擬似的な破壊耐性を与える。採用するなら《ロスト・チャージャー》等とセットで。|◯|
|BG|>|>|CENTER:BG|BG|CENTER:|c
|《神滅翔天ザーク・ゼヴォル》|闇/火| |◯|手札交換とスレイヤーをもつ。|◯|
|《竜極神》|闇/火| |◯|ゴッド・カード。《ゲキ》と《メツ》どちらの効果も優秀。サブフィニッシャーとなれる。|◯|
|《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》|光/闇|◯| |強力なロック効果をもつ。《ラルック》や《ボルシャリオ》から進化できる。
カードプールの拡大に伴い抜け道も多くなったので過信は禁物。|◯|
|《聖鎧亜キング・アルカディアス》|光/闇|◯| |~|◯|

-呪文
|~カード名|~文明|~概要|~ND|
|BG|CENTER:BG|BG|CENTER:|c
|《デーモン・ハンド》|闇|確定除去呪文。|◯|
|BG|CENTER:BG|BG|CENTER:|c
//|《崩壊と灼熱の牙》|闇/火|おそらく闇文明採用理由。《ボルフェウス》で踏み倒す前提ならタッチ採用もある。|◯|
|《崩壊と灼熱の牙》|闇/火|DMPP-09EX初期では《ボルフェウス》とのコンボが注目されたが、相手依存である点から《フォートレス》等で十分な場面が多い。
《ボルフェウス》で踏み倒す前提ならタッチ採用もある。|◯|

***自然文明 [#l09fed4a]
-クリーチャー
|~カード名|~文明|~AC|~DG|CENTER:BG概要|~ND|h
|BG|>|>|CENTER:BG|BG|CENTER:|c
|《コッコ・パルサ》|自然| | |ドラゴンのコスト軽減。|◯|
|《ペッペ・パイン》|自然| | |ドラゴンのコスト軽減とパンプアップをもつ。|◯|
|BG|>|>|CENTER:BG|BG|CENTER:|c
|《無双竜機ボルバルザーク》※|火/自然| |◯|追加ターンで勝負を決めるDP殿堂カード。|◯|
|《無双竜機ボルグレス・バーズ》|火/自然| |◯|マナ回収。|◯|
|《G・A・E》|光/自然| |◯|ゴッド・カードサーチ札でもあり、リンク後の場持ちが特に優秀。ドラゴンなので進化元になる。|◯|
|《龍仙ロマネスク》|光/火/自然| |◯|強力なマナブースト。|◯|

-呪文
|~カード名|~文明|~概要|~ND|
|BG|CENTER:BG|BG|CENTER:|c
|《ナチュラル・トラップ》|自然|マナ送りの除去呪文。|◯|
|BG|CENTER:BG|BG|CENTER:|c
|《神秘と創造の石碑》|光/自然|コスト軽減クリーチャーが立っていれば効果を発揮し易い。|◯|
}}

デッキの種類

弱点は【ドラゴンデッキ】の常である《コッコ・ルピア》への依存度が高いことが挙げられる。
《翔天幻風ラルック》があるとはいえコスト軽減が1か2かの差は大きく、《コッコ・ルピア》が引けない・除去された場合にテンポロスは免れない。
また、進化元のパワーラインが低いこともあり、《超竜騎神ボルガウルジャック》《邪眼皇ロマノフI世》が居る場合の《魔弾ロマノフ・ストライク》は致命傷になりやすい。

弱点はブロッカー破壊ブロッカーが数体並ぶので《アポカリプス・デイ》、《ヘブンズ・ゲート》型はハンデスに弱くなることが挙げられる。
また、DMPP-09EX期ではアンブロッカブル《烈流神》、高いパワーをもつ《竜極神》《超絶究極神》等のゴッドが環境に存在しており、中型のブロッカーの肩身がやや狭い。
そのため、相手のゴッドが見えたなら早めに動くことを意識したい。

  • 《翔天幻風ラルック》のコスト軽減を活かす2種族混成デッキも良いが、《ルピア》や《ヴォイジャー》と比較すると展開速度が遅くなってしまうことが難点か。
    とはいえ《ラルック》は《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》の進化元となれるので《ボルフェウス》を召喚して攻めるターンに差はあまり無い。
  • 光火自然型
    《龍仙ロマネスク》を筆頭に、マナに関する優秀なドラゴンを有する。
    《G・A・E》サーチ進化元に使えるのも良い。
    しかし、マナを伸ばしても《ボルフェウス》で勝負を決めるなら6マナくらいで十分であること、踏み倒す呪文候補が増えないことが懸念点だろうか。

このデッキの回し方

《翔天幻風ラルック》等のシステムクリーチャーを召喚し、相手の除去が追いつかない物量で展開する。
展開する際に、《聖霊竜騎ボルシャリオ》を召喚して踏み倒す呪文をサーチする。
準備が整えば《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》に進化し、呪文踏み倒しを含めて致死級のダメージを相手に与える。

しかし《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》が進化Vであるが故に進化を急ぎすぎると《ボルフェウス・ヘヴン》が除去された際に息切れを起こしてしまう。
時には場を整えることを優先するのも大事だろう。

長所

《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》と、それを意識した(デザイナーズコンボ)《聖霊竜騎ボルシャリオ》《翔天幻風ラルック》の組み合わせが良好であり、
《ボルフェウス・ヘヴン》の召喚と大型呪文の踏み倒しの難易度は高く無い。
早ければ5ターンで決闘を終わらせる様は、《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》を彷彿とさせる。
《ボルフェウス・ヘヴン》の呪文踏み倒しに目が行きがちだが、アタックトリガーと呪文を唱えなかった場合の1ドローも優秀であり、
単体でも盤面を制圧できるカードパワーがある。

最低でも《ボルフェウス・ヘヴン》、《ボルシャリオ》があれば良い[2]ので、デッキの自由度は高い。
種類の多いエンジェル・コマンドドラゴンを進化元にしている点も、デッキ構築の自由度を高めている。

短所

他の進化V進化GV等のクリーチャーと同じく《超聖竜ボルフェウス・ヘヴン》を召喚すると、クリーチャー1体減ることになる。
《ボルフェウス・ヘヴン》が除去されるとフィールドアドバンテージを一気に失うので、そのケアができるように手札を最低限確保しておく等のことは重要だろう。

展開の軸である《翔天幻風ラルック》《コッコ・ルピア》《聖騎士ヴォイジャー》が除去されると展開が遅くなってしまう。
同様に、進化元が除去され続けると非常に厳しい戦いとなる。
採用率の高い《魂と記憶の盾》は勿論、【サバイバー】《暗黒凰ゼロ・フェニックス》対策となる《超竜騎神ボルガウルジャック》に場を制圧されると立て直しが難しい。

【ドルバロム】には、一度《悪魔神バロム・エンペラー》等で盤面を破壊されると《悪魔神ドルバロム》の召喚までに逆転することが難しくなる。

サンプルレシピ

公式のDMPP-09EX期サンプルレシピより。

参考


[1] 【アポロヌス】のリペアで【ボルフェウス】が組まれることもある。
[2] 《翔天幻風ラルック》は抜ける場合もある