勝熱英雄(ジョーネツヒーロー) モモキング》

勝熱英雄 モモキング KGM 火/自然文明 (8)
クリーチャー:ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札 12000
<キリフダッシュ>[火/自然(6)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火/自然(6)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、その攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。
多色ではない呪文の効果、または、多色ではないクリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

DMRP-13で登場した/自然ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札

コスト8と重いが、キリフダッシュによって早期召喚を狙える。

さらに、スピードアタッカーT・ブレイカー、2回攻撃という《勝利天帝 Gメビウス》を彷彿させる攻撃性能を誇り、さらに単色クリーチャーの能力・呪文の効果で選ばれない耐性まで持っているため、この奇襲性能にいきなり対処できるデッキは限られる。
なお、呪文とクリーチャー以外であれば多色でなくても選ぶことが出来る。例《*/弐幻ニャミバウン/*》

このクリーチャーを除去できる可能性があるS・トリガー多色呪文は18種。

  1. 《テック団の波壊Go!》
  2. 《ハムカツ団の爆砕Go!》
  3. 《「破壊の赤!スクラッパーレッド!」「知識の青!ブレインブルー!」「魅惑の緑!トラップグリーン!」「閃光の黄色!スパークイエロー!」「強欲の紫!ハンドパープル!」「ブレイクあるところに我らあり!シールド戦隊、トリガージャー!!」》
  4. 《龍幻のトラップ・スパーク》
  5. 《アルカディア・スパーク》
  6. 《ゴースト・パイレーツ》
  7. 《無法のレイジクリスタル》
  8. 《キャロルの空中ライブ》
  9. 《リアルとデスの大逆転》
  10. 《天使と悪魔の墳墓》(条件付)
  11. 《ドンドン水撒くナウ》(条件付)
  12. 《ひみつのフィナーレ!》(条件付)
  13. 《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》(条件付)
  14. 《支配のオラクルジュエル》(条件付)
  15. 《族長の無双弓》 (条件付)
  16. 《蒼龍の大地》(条件付き+効果バトル)
  17. 《復活と激突の呪印》(効果バトル)
  18. 《パペット・ナイト》(効果バトル)

このクリーチャーを除去できる可能性があるS・トリガー多色クリーチャーは2種。

  1. 《悪魔聖霊フンボルト》(条件付でS・トリガーを得る)
  2. 《禁断R タガイニ》(条件付)

《支配のオラクルジュエル》《族長の無双弓》《禁断R タガイニ》に至ってはアンタップ状態のクリーチャーしか除去できない[1]ため、最初の攻撃の後に《超戦龍覇 モルト NEXT》式でアンタップするこのクリーチャーは選べないだろう。

どの能力も、特にジョーカーズを必要としているわけではないので、入るデッキは多いだろう。切札 ジョーの新切り札の名に恥じない活躍ぶりに期待がかかる。

コストが軽減されるとは言え、キリフダッシュに6コストと多めのマナを要求されることは明確な弱点。
相手もこのカードへの対抗策を練る時間が作れるうえ、6マナも残した状態でニンジャ・ストライク等で攻撃を凌がれてしまった場合のテンポロスはかなり痛い。

ルール

確認待ち

  • 「多色のクリーチャーの能力」というのは、その能力がトリガーした時点での、誘発元のクリーチャーの文明を参照されると思われる。これは、《ケンゲキオージャ 〜究極火焔〜》の「バトルゾーンにある相手のクリーチャーの能力」が、クリーチャーの能力がトリガーした時点での、そのトリガー元のクリーチャーがいるゾーンを参照しているという裁定に基づいている。
    • 例えば、バトルゾーンに相手の《勝熱英雄 モモキング》と自分の《革命類侵略目 パラスキング》がいる時に、《龍装者 グルド54号》をバトルゾーンに出した時、《龍装者 グルド54号》は《革命類侵略目 パラスキング》によって多色になっているので、《龍装者 グルド54号》のcipでまず《パラスキング》を破壊して単色になってから、《勝熱英雄 モモキング》を選んで破壊するというプレイングは可能と思われる。

関連カード

収録セット

参考


[1] 《禁断R タガイニ》は除去の選択権が相手に存在する