勝熱英雄(ジョーネツヒーロー) モモキング》

勝熱英雄 モモキング KGM 火/自然文明 (8)
クリーチャー:ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札 12000
<キリフダッシュ>[火/自然(6)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火/自然(6)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、その攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。
多色ではない呪文の効果、または、多色ではないクリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

DMRP-13で登場した/自然ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札

コスト8と重いが、キリフダッシュによって早期召喚を狙える。3ターン目に《タイク・タイソンズ》Jチェンジして《勝熱龍主 モモキング》を出せば、《タイク・タイソンズ》の離れた時のマナブーストと《勝熱龍主 モモキング》のコスト軽減効果によってそのまま召喚できる。しかし、要求値が高いうえにこれだけでは仕留めることができないのが厳しい。

さらに、スピードアタッカーT・ブレイカー、2回攻撃という《勝利天帝 Gメビウス》を彷彿させる攻撃性能を誇り、さらに単色クリーチャーの能力・呪文の効果で選ばれない耐性まで持っている。さらに、このクリーチャーのアンタップ効果は、《超戦龍覇 モルト NEXT》と同じく攻撃の後解決される遅延誘発型能力なので、オールタップ系の効果は効かないため、この奇襲性能にいきなり対処できる手段は限られる。
なお、《覇闘将龍剣 ガイオウバーン》等のクリーチャー以外のドラグハート《罪罰執行 ジョ喰ンマ》等のオーラなど、クリーチャーでも呪文でもない単色のカードの効果では選ぶことができるため注意。

どの能力も特にジョーカーズを必要としているわけではないので、入るデッキは数多い。切札 ジョーの新切り札の名に恥じない活躍ぶりに期待がかかる。

コストが軽減されるとは言え、キリフダッシュに6コストと多めのマナを要求されることは明確な弱点。
相手もこのカードへの対抗策を練る時間が作れるうえ、6マナも残した状態で、キリフダッシュが失敗した時の損失は痛い。

このクリーチャーを除去できる可能性があるS・トリガー群

対象に取らない除去カードは割愛する。

#region2(多色呪文:31種){{
//破壊
+《リアルとデスの大逆転》
+《剥楯!月光MAX》
+《テック団の波壊Go!》
+《襲来、鬼札王国!》
+《モモダチトレーニング!!!》
+《天使と悪魔の墳墓》(条件付)
+《支配のオラクルジュエル》(条件付)
+《選伐!美孔麗MAX》(条件付)
+《ドンドン火噴くナウ》(条件付)
//バウンス
+《護天!銀河MAX》
+《ゴースト・パイレーツ》
+《無法のレイジクリスタル》
+《ドンドン水撒くナウ》(条件付)
+《得波!ウェイブMAX》(条件付)
//マナ送り
+《龍幻のトラップ・スパーク》
+《ハムカツ団の爆砕Go!》
+《族長の無双弓》 (条件付)
//シールド送り
+《殴厳!暴拳MAX》
+《ヘヴンとバイオレンスの衝撃》(条件付)
//山札送り
+《アルカディア・スパーク》
+《キャロルの空中ライブ》
//効果バトル
+《蒼龍の大地》(条件付き+効果バトル)
+《復活と激突の呪印》(効果バトル)
+《パペット・ナイト》(効果バトル+スレイヤー)
+《デモニオの鬼瓢箪》(効果バトル+スレイヤー)
+《灰燼と天門の儀式》(条件付+効果バトル)
+《ドンドン火噴くナウ》(条件付)
//複数該当
+《「破壊の赤!スクラッパーレッド!」「知識の青!ブレインブルー!」「魅惑の緑!トラップグリーン!」「閃光の黄色!スパークイエロー!」「強欲の紫!ハンドパープル!」「ブレイクあるところに我らあり!シールド戦隊、トリガージャー!!」》
+《S・S・S》(条件付)
+《調和と暴動の混乱》(条件付)
+《ひみつのフィナーレ!》(条件付)
}}

#region2(多色クリーチャー:4種){{
//破壊
+《禁断R タガイニ》(条件付)
//バウンス
+《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》(条件付、条件付でS・トリガーを得る)
//マナ送り
+《ライマー・サーベラ》(条件付)
//シールド送り
+《悪魔聖霊フンボルト》(条件付でS・トリガーを得る)

}}

ルール

  • テキストの「クリーチャーの能力」というのは、バトルゾーンにあるクリーチャーの能力を指す[1]。そのため、G・ストライクなどでバトルゾーン以外で発動した効果は、それが非多色であっても選ばれてしまう。
    • 一方で、「呪文の効果」はどのゾーンの呪文の効果でも対象になるため、単色の呪文のG・ストライクなどで選ばれない。
  • バトルゾーンで能力が誘発した非多色クリーチャーが、解決時にバトルゾーンを離れていても選ばれない。参照されるのは、誘発した時のクリーチャーの状態である。
  • 単色クリーチャーの「破壊された時」・「(バトルゾーンを)離れた時」の能力には選ばれない。現在の過去の状態を見るルールによって、「破壊された時」・「離れた時」の能力はバトルゾーンにあるクリーチャーの能力として扱われる。
  • 誘発した時に非多色だったクリーチャーが、解決時に多色になっていても選ばれない。逆に誘発した時に多色クリーチャーであれば、あとから非多色クリーチャーになっても選ばれる。

環境において

十王篇環境では【黒赤緑モモキング】【青赤緑モモキング】【4色万軍投モモキング】を中心にチャンピオンシップでの入賞報告が散見される。ドラゴンであることを活かして【モルト NEXT】に入れられ、そちらでも一定の結果を残した。だが、非多色単体除去タッパーにしか耐性がなく、よく使われる《テック団の波壊Go!》《襲来、鬼札王国!》をS・トリガーとして踏めば簡単に除去されるため良いカード止まりである。

DMEX-12にて、《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》が登場すると、クリーチャーの展開力に優れる【バーンメアジョーカーズ】に、サブフィニッシャーとして投入されるようにもなる。

王来篇環境【5色コントロール】が中心に立って多色だらけの対戦環境となると、耐性が機能しない場面が激増して大幅弱体化。

その他

  • 《ドンドド・ドラ息子》との相性は最高の一言。2ターン目に立てた《タイク・タイソンズ》からJチェンジで出せばキリフダッシュとJ・O・E付与の複合により3ターン目に召喚できる。しかも《ドンドド・ドラ息子》はサーチも行うのでいざという時はこのカードをサーチできるかどうか賭けを行うのもアリ。総攻撃に《龍装者 バルチュリス》が加われば3ターンキルできる。要求枚数4枚で耐性付きクリーチャーを使っての3ターンキルができるというのは非常に強力。
  • 漫画『デュエル・マスターズ キング』でも同様の経緯で誕生。普段は半髪頭にフルチンの太ったドラゴンというギャグ調の出で立ちをしており、何かとモンキッドキャンベロケントナークに金玉をキビダンゴなどの食べ物と間違われる描写がある。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q《ボルシャック・ドギラゴン》の「革命0トリガー」で、《偽りの王 ヴィルヘルム》バトルゾーンに出て、その上に《ボルシャック・ドギラゴン》を置きました。《偽りの王 ヴィルヘルム》の「出た時」の能力を解決する時、すでに《偽りの王 ヴィルヘルム》《ボルシャック・ドギラゴン》進化していますが、《勝熱英雄 モモキング》を選べますか?
Aはい、選べます。効果の発生源は、それを生成した能力を持つカードです。《偽りの王 ヴィルヘルム》効果の発生源は《偽りの王 ヴィルヘルム》自身ですので、多色クリーチャー能力として扱います。

Q.《とこしえの超人》のような単色クリーチャーの「G・ストライク」で《勝熱英雄 モモキング》を選べますか?
A.はい、選べます。《勝熱英雄 モモキング》が持つ「多色以外のクリーチャー能力で選ばれない」は、バトルゾーントリガーしたクリーチャー能力でのみ選ばれなくなる能力です。
G・ストライク」はバトルゾーン以外でトリガーする能力ですので、《勝熱英雄 モモキング》を選ぶこともできます。
引用元

Q.《ロジック・Re:キューブ》のような単色呪文の「G・ストライク」で《勝熱英雄 モモキング》を選べますか?
A.いいえ、選べません。「G・ストライク」も呪文効果ですので、《勝熱英雄 モモキング》を選ぶことはできません。
引用元

Q.自分のタップされた《有毒目ヴェスプトックス》がバトルゾーンにいる状況で、相手の《勝熱英雄 モモキング》《有毒目ヴェスプトックス》を攻撃してバトルしました。バトルに勝った《勝熱英雄 モモキング》《有毒目ヴェスプトックス》の「相手のクリーチャーがバトルに勝った時」の能力でマナゾーンに置けますか?
A.はい、マナゾーンに置きます。《有毒目ヴェスプトックス》の能力はバトルに勝ったクリーチャーをマナゾーンに置く効果で、クリーチャーを選んでいるわけではありません。
引用元(2021.10.22)


[1] 「バトルゾーン」というテキストは省かれる傾向にある