Q(キュー).Q(キュラー).QX(キュラックス)./終葬(ついそう) 5.S.D(ファイブセンスダウン).》

Q.Q.QX. MAS 自然文明 (4)
クリーチャー:グランセクト 4000
5.S.D.:このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドのカードを手札に加えるかわりに、自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。
相手は、自身の山札の横向きのカードを手札に加えた時、ゲームに負ける。
相手は、自身の山札を見たり、順番を入れ替えたりできない。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、相手は自身の山札をシャッフルする。
終葬 5.S.D. MAS 自然文明 (8)
呪文
相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを、自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。
このカードをバトルゾーンに出す。

DMRP-07で登場した自然グランセクトツインパクト

クリーチャー面はブレイク置換効果によるシールド焼却を兼ね備えた新能力5.S.D.」を持ち、相手のシールドブレイクするかわりに相手の山札の上から4枚目に横向きにして山札送りにする。この間、S・トリガーを使うことは出来ない。
そして相手がその山札横向きカード手札に加えた時、相手はゲームに負けるというエクストラウィン能力を持つ。
グランセクトには珍しい、コンボ特化型のクリーチャーである。

《巡霊者メスタポ》の上位と言える山札操作を禁止する能力があるのでエクストラウィンを妨害されない。
さらにサーチも封じることができる。
山札を見ることができないというルールの詳細は《巡霊者メスタポ》の記事を参照。

呪文面は相手のクリーチャー5.S.D.のように山札の上から4枚目に横向き山札送りにし、さらにこのツインパクトカード自身をコスト踏み倒しバトルゾーンに出すという能力を持つ。
呪文面から使った場合、コストは倍かかってしまうが安全にエクストラウィンを狙えるメリットがある。

如何にして4枚目のカードを相手の手札に加えさせるかがカギになる。普通に3ターンも待つのではこのクリーチャー破壊されるか、相手の総攻撃を受けて負けるかが目に見えている。
パワーは低いので火力マッハファイターアンタップキラーなど敵は多い。
相手の山札を削るか、強引にカードを引かせて、反撃のスキを与えずエクストラウィンを決めるのがよいだろう。

呪文面を使う場合は、8マナ溜まる前に攻撃されても耐えられるようにシノビなどの防御手段も合わせて積む必要があるだろう。
《ブラッディ・クロス》 は1コストなので、こちらの呪文面の後に唱えることもできる。これにあらかじめ置いておいた《暴走機械オーバースキル》を合わせれば、そのまま勝利することが可能。

《ラルド・ワースピーダ/H.D.2.》は、クリーチャー面のガードマンセイバーでこのカードを守ることができ、呪文面では一度に2枚も山札を削れるため、特に相性がよい。あちらのフレーバーテキスト5.S.D.に言及があり、デザイナーズコンボとなっている。
5.S.D.を発動させたターンの終わりに《Dの機関 オール・フォー・ワン》《ラルド・ワースピーダ》破壊すれば、《暴走機械オーバースキル》《蒼神龍ヴェール・バビロニア》などのドロー誘発が出せるので、そのまま勝利できる。

また《潜水兎 ウミラビット》を召喚し、NEOクリーチャーで殴ればリスクは高いが簡単にドローさせられる。
例えば、《貝獣 ホタッテ》などを並べておけば、ブロッカーの役割も果たしてくれる。

最速は2ターン目に《ヘブンズ・フォース》クリーチャー面を出し、3ターン目にアタックして山札送り。4ターン目に《ガード・ビジョン》横向きカードを一番上に持ってくるコンボである。この場合は早出しに特化させるので、他のカードも軽量で固めた方が無難である。3ターン目には《ラルド・ワースピーダ》など、クリーチャー面を守るカードを出しておけば、さらに勝利に近づくだろう。

  • このクリーチャーと他の一部のクリーチャーにはこのクリーチャーの腹の部分にあるのと同じマークが見られる。

ルール

能力はどれも斬新なものなので、それぞれ分けて記述する。

「5.S.D.:このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドのカードを手札に加えるかわりに、自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。」

  • このクリーチャーが相手のシールドを複数枚ブレイクした場合、山札の4枚目の位置にあるカードの上に、ブレイクしたシールドを好きな順で重ねる。5.S.Dという名称で勘違いしない事。この能力の発動と4枚のドローを合わせて”5センス”ということである。
  • 相手はそのシールドのカードを手札に加えるかわりに」とあるのでG・ブレイカーなどを得て自分のシールドをブレイクしても、自分のシールドが山札に送られることはない。
  • 暫定回答だが、山札が2枚以下の時は山札の一番下に置かれる。

「相手は、自身の山札の横向きのカードを手札に加えた時、ゲームに負ける。」

  • 「相手は、自身の山札の横向きのカードを手札に加えた時」というのはトリガー能力である。状況起因処理と混合しないよう注意。
    • そのため、バトルゾーンに自分の《水上第九院 シャコガイル》と相手の《Q.Q.QX.》がおり、自分の山札が5枚で山札のカードがどの位置に横向きであっても《シャコガイル》の継続的効果の一部である置換効果で勝利できる。
    • 相手側に《Q.Q.QX.》がいて、自分の山札のカードが1枚しかなく、それが横向きでそのカードを引く時、ゲームに負けるかわりに勝利できる。両方が同時に訪れることは無い。
    • この時、自分の《始虹帝 ミノガミ》がいた場合、最初に《Q.Q.QX.》による敗北を置き換えれば、山札回復によって自動的にライブラリアウトによる敗北も回避できるため、1回の置換効果だけで敗北を防げる。
    • 暫定回答だが、最初にライブラリアウトによる敗北を置き換えた場合、その後《Q.Q.QX.》による敗北も置き換えることになり、2回の置換効果が発生する。

「相手は、自身の山札を見たり、順番を入れ替えたりできない。」

  • 現在のルールでは、「表向きにする」も「見る」うちに含まれるため、それに関連する能力はすべて封じることができる。
    • 《コアクアンのおつかい》も山札のカードを表向きにすることができず、それによって手札補充もできなくなる。
    • ガチンコ・ジャッジをする場合も、相手は山札のカードを表向きにはできず、コスト0のカードが捲れた判定になる。つまり、自分のカードの効果でガチンコ・ジャッジをすれば絶対に勝つことができ、相手のカードの効果でガチンコ・ジャッジすればコスト0のカードが捲れない限り勝つことになる。(ガチンコ・ジャッジで同じコストがめくれた時、仕掛けた側が勝つという裁定があるので、ほぼ確実にガチンコ・ジャッジに勝ててしまうようになる。)
  • 《Q.Q.QX.》山札を見たり、順序を入れ替えたりすることを禁止する能力は山札操作の効果を発動するプレイヤーに対してではなく、それを実行するプレイヤーへ発揮される。例えば、《Q.Q.QX.》の持ち主が《7777777》を唱えた場合、山札を表向きにするのも山札操作の実行者は相手なので、相手の山札は表向きにならず、相手の山札の順序も入れ替わらない。(2020/2/13正式回答)
    • 《Q.Q.QX.》の持ち主が《アクア・ベララー》などで相手の山札を見ることも、それを山札の下に送ることもできる。これは、効果の実行者が《Q.Q.QX.》の持ち主だからである。

「相手のクリーチャーを1体選ぶ。相手はそれを、自身の山札の上から4枚目の位置に、横向きに刺す。」

  • オーラを装備したGRクリーチャーを山札へ横向きに刺した場合、オーラは縦向きかつ裏向きで置かれる(2019/6/5、2019/06/06正式回答)。

「このカードをバトルゾーンに出す。」

  • 《洗脳センノー》などのメタ効果を受けている場合も、この能力は無視されてそのまま墓地に置かれる。

横向きのカードの扱い

  • 《Q.Q.QX.》能力が失われている状況において、山札の順番を入れ替えた場合、入れ替えたカードを山札に戻した場合は、横向きのカードは縦向きに戻す事ができる。(2018/11/14正式回答)

その他

  • モデルは蜂(ハチ)だろう。また、カード名の元ネタはアメリカの秘密結社「クー・クラックス・クラン(KKK)」と思われる。能力も相手を麻痺させる蜂毒から来ており、公式の解説では横向きのカードの事を「ギロチン化」と中々物騒な単語で呼んでいる。
  • 同弾収録の同じマスターカードの《煌世主 サッヴァーク†》はこのカードの天敵であり、横向きのカードがドラゴンTブレイカーで処理され場から離れない能力で5.S.D.でのボトム送りを無効にされ、更に普通にアタックしてシールドに干渉しようとすればサッヴァーク†が踏み倒しされブロックにより一方的に破壊されるなどとことん相性が悪い。
  • アニメ「デュエル・マスターズ!」ではハニーQが使用。《終葬 5.S.D.》を唱えた時には雷が鳴り響き、人間界にいる切札 ジョーうららか ももも雷に反応していた。対戦相手がカードを引くたびにハニーQがレイピアで斬りかかり、黒百合の花弁が1枚散り、対戦相手の感覚(嗅覚、聴覚、声、視覚)が徐々に失われていくといった描写がされていた。

関連カード

収録セット

参考


公式Q&A

Q.《Q.Q.QX.》でブレイクするシールドが表向きだったり、複数枚重ねられている場合はどうなりますか?
A.カードを山札に加える時は指示がない限り一度裏向きにします。複数枚あった場合、それぞれのカードを上から4枚目の位置に置きます。(重ねた結果、5枚目、6枚目のカードとなるものも出てきます。)
引用元

Q.《Q.Q.QX.》の能力で「相手は、自身の山札を見たり、順番を入れ替えたりできない。」とありますが、どういうことですか?
A.山札を見るように指示があるカードで山札を見ることができません。この場合、山札を見ることができないのでその中のカードを手札に加えることもできません。また、山札の中の順番は変わらないので、シャッフルするように指示があってもシャッフルすることはできません。
引用元

Q.《Q.Q.QX.》の能力で順番を入れ替えることができないとき、山札にカードを加えることはできるのですか?
A.はい、新たに加わるカードは元々あったデッキの順番に含まれていないので加えることが可能です。5.S.D.のように位置が指定されている場合はそこに置きます。「加えてシャッフルする」といったような位置が特定できない場合は任意の場所に加えます。
引用元

Q.《Q.Q.QX.》が2体ある状態で、1体が破壊された場合どうなりますか?
A.相手はシャッフルしようと試みますが、山札の順番を入れ替えることができないのでそのまま変わりません。
引用元

Q.自身の場に《Q.Q.QX.》がいる状態で《アクア・ベララー》などの「いずれかのプレーヤーの山札を見る」効果で相手を指定した場合、相手の山札を見ることはできますか?
A.はい、《Q.Q.QX.》の山札を見たり、順番を入れ替えたりできない効果は相手が使用するカードのみが対象になります。
引用元

Q.《Dの劇場 テンダネス・エスセーキ》の1番目の能力を使いましたが、相手の《Q.Q.QX.》の効果によって、自分の山札の一番上は見ることができません。
山札の一番上のカードを一番下に置くこともできませんでしたが、自分のスプラッシュ・クイーンがバトルゾーンにあれば、カードを引くことができますか?
A.はい、できます。
引用元

Q.《Q.Q.QX.》の「5.S.D.」で横向きに刺すとありますが、どういうことですか?
A.通常、デッキは縦向きに方向をそろえられています。それに対して、90度向きを変えた状態にしてデッキの上から4番目の位置に差し込むということになります。
引用元

Q.《Q.Q.QX.》が相手のバトルゾーンにあり、こちらの山札の横向きのカードを引く時、《始虹帝 ミノガミ》が自分のバトルゾーンにあると、無敵虹帝でマナゾーンから8枚を山札に置いて《Q.Q.QX.》の勝ちを防げますか?
A.防げます。
引用元

Q.《終葬 5.S.D.》でこのカードをバトルゾーンに出すとありますが、呪文をバトルゾーンに出すのですか?
A.ツインパクトはクリーチャーと呪文の両方の特性を持つカードです。呪文側でカードとして出す指示がある場合、バトルゾーンに出てクリーチャーとして存在することになります。
引用元

Q.《Q.Q.QX.》とスマッシュバースト能力持ちのツインパクトカードがバトルゾーンにあり、《ビックリ・イリュージョン》を唱えて種族のダイナモを与え、《Q.Q.QX.》にスマッシュバースト能力が付与されている状態で、《Q.Q.QX.》でアタックをする場合、スマッシュバースト能力によって《終葬 5.S.D.》を唱えると、《終葬 5.S.D.》の「このカードをバトルゾーンに出す」という効果はどうなりますか?
相手に《単騎連射 マグナム》《悪魔神バロム・クエイク》がいると新たに《Q.Q.QX.》がバトルゾーンに出ようとしているので、能力がトリガーして《Q.Q.QX.》を除去することができますか?
A.元々カードとしてはバトルゾーンにあり、ゾーン移動をしているわけではないため、「このカードをバトルゾーンに出す」という能力は意味をなしません。そのため、《単騎連射 マグナム》《悪魔神バロム・クエイク》の効果はトリガーしません。
引用元