鬼羅(きら).Star(スター)

フィニッシャー《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》からクリーチャーを展開していくコントロール寄りの中速ビートダウン

「正義星帝」 <鬼羅.Star> SR 光文明 (5)
スター進化クリーチャー:メタリカ/ヒューマノイド/レクスターズ 8500
スター進化:レクスターズまたは光のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時または攻撃する時、カードを1枚引く。その後、コスト4以下のクリーチャーを1体、自分の手札から出してもよい。
自分のコスト4以下のクリーチャーはすべて「ブロッカー」を得、自分のターンの終わりにアンタップする。
エヴォ・ルピア P 光/水/火文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。その後、このクリーチャーから進化できるコスト5以下のクリーチャーを1体、自分の手札からこの上に置いてもよい。

主要カード

《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》フィニッシャーcipアタックトリガーでクリーチャーをどんどん展開していく
《「正義星帝」》最速4ターン目に《鬼羅.Star》に進化するために必要
《エヴォ・ルピア》こちらも最速4ターン目に《鬼羅.Star》に進化でき、《鬼羅.Star》からも《エヴォ・ルピア》を踏み倒せる
【4色鬼羅.Star】だと進化しか踏み倒せない《エヴォ・ルピア》は抜いてしまうのも十分選択肢

候補カード

【白青鬼羅.Star】

メタクリーチャーの多い光と水に寄せた型。

  1. 2ターン目に《虹彩奪取 アクロパッド》を召喚
  1. 3ターン目に《「策略のエメラル」》を出し、《裁キノ聖堂 ラ・ファミリエ》を張った状態で《アクロパッド》で攻撃、《ファミリエ》の効果で《鬼羅.star》をその上に重ねる。

といったルートで3ターンキルも狙える。

【白青赤鬼羅.Star】

当初は《ダイナボルト <エタフェニ.Star>》および進化元になるスピードアタッカーを投入することで、より攻撃性が増した【エタフェニ.鬼羅.Star】として組まれていた。
赤マナを確保できるため、《エヴォ・ルピア》を安定して召喚可能。
《カダブランプー》《龍装者 バルチュリス》による中型ビートを行うこともできる。

《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》の登場後は基盤を維持しつつ《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》を入れる代わりに《ダイナボルト <エタフェニ.Star>》を取り除いた型が主流化し、【白青赤鬼羅.Star】と呼ばれるようになった。速攻メタコスト踏み倒しメタが充実しており、それでいて4ターン目から5ターン目までに安定してフィニッシュを決めることができるため、【青赤緑ドギラゴン閃】には滅法有利。

ダイナボルト <エタフェニ.Star> SR 火文明 (5)
スター進化クリーチャー:ダイナマイト・ドラゴン/フェニックス/レクスターズ 12000
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
T・ブレイカー
自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃する時、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶︎バトルゾーンにあるクリーチャー以外のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
▶︎相手のコスト4以下のクリーチャーを1体破壊する。

【“FNT”ジスタ鬼羅.Star】

デッキの3コスト以下のシステムクリーチャーに寄せ、《フット“FNT”ジスタ/火の玉ドライシュート》の展開力を活かした白赤型。

一般的な型と比べてメタクリーチャーの性能が控えめな上に進化元の管理もシビアだが、展開力とビートダウン力に長けている。

《フット“FNT”ジスタ/火の玉ドライシュート》展開の要
《BIRIBIRIII・ビリー》4ターン目に《 <鬼羅.Star>》をぶん投げることが可能
《スニーク戦車 オーリー/トゲ玉・キャノンボール》cipATで1体にSA付与/相手のブロッカー破壊
《こたつむり》相手は出たターン攻撃不能。アタッカーとしては使い捨て
《月砂 フロッガ-1》相手の進化以外は出たターン攻撃不能。
《閃閃-ダセンゼ》大量展開メタ
《モエル・モヒッチ》軽量除去、進化元
《巡巡-スター》cipで位相変更。マジボンバーなどATで出れば連続攻撃に活かせる
《その子供、凶暴につき》自軍のコスト3以下にSA付与、相手のSA、進化にタップインを強要

【S級不死鬼羅.Star】

【白青鬼羅.Star】に墓地利用戦術を組み込んだアーキタイプ。白青黒で組まれる。
《阿修羅ムカデ <デスシラズ.Star>》での横展開も可能。

【4色鬼羅.Star】

自然の良質なウィニー、圧倒的パワーカード《天災 デドダム》墓地戦術などを取り入れた型であり、【4色ヴァイカー】の方法論を取り入れたものとなっている。
多様なサブフィニッシャーを採用できるのも強み。

《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》を含め、文明不問・コストのみ指定の踏み倒しが多く、高スペックな多色クリーチャーを連打しやすいのも強み。

《天災 デドダム》でリソースを稼いでいる内に《生命と大地と轟破の決断》を引っ張り込むことができるケースも多く、上手く行けば《生命と大地と轟破の決断》での《Disカルセ・ドニー》2体出しからの《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》2面展開→《奇天烈 シャッフ》2体出しからの安全なフィニッシュが可能。

【青黒緑デッドダムド】に寄せた型も存在する。この型の場合、【5色コントロール】のような低速相手なら継続的に《SSS級天災 デッドダムド》への侵略を行いながらビートダウンをするだけで盤面を制圧できてしまうことも。

葉鳴妖精ハキリ VR 自然文明 (2)
クリーチャー:スノーフェアリー 2000+
相手のターン中、このクリーチャーのパワーを+4000する。
このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下のコストを持つクリーチャーを1体、コストを支払わずに自分の手札から召喚してもよい。
天災 デドダム P 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:トリニティ・コマンド/侵略者 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分の手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。
《とこしえの超人》手札以外から出すことを規制。本来なら何もすることが無い1ターン目に出せるのがグッド
《リツイーギョ #桜 #満開》ミラーマッチ対策となる大量展開メタ
《葉鳴妖精ハキリ》文明不問の踏み倒し 自然ウィニーを採用するデッキ御用達の展開札
《天災 デドダム》が合うデッキに寄生するリソース確保の鬼
《眼鏡妖精コモリ》5枚目以降の《天災 デドダム》
《虚∞龍 ゲンムエンペラー》墓地肥やし《ネ申・マニフェスト》
《モモスター ケントナーク》レクスターズ系統のデッキにおける万能進化元染色色事故回避、盤面処理要員
《Disカルセ・ドニー》文明不問の踏み倒し コスト5以下にはマッハファイタースレイヤーパワー不問の除去
《阿修羅ムカデ <デスシラズ.Star>》文明不問の踏み倒し サブフィニッシャー、墓地を利用した展開の要
《生命と大地と轟破の決断》文明不問の踏み倒し 引いて嬉しいコスト踏み倒し
《絶望と反魂と滅殺の決断》中盤以降の盤面の取り合い、横展開に。最速で唱えることでまともに2ハンデスを浴びせるのも
踏み倒しは闇指定だが、出しにくい3色の《Disカルセ・ドニー》《天災 デドダム》に対応しているのが強み

概要

2ターン目からメタを立てながら、最速4ターン目に《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》を立ててビートダウンによる勝利を目指す。

相手の《異端流し オニカマス》が邪魔な時は、出さえすれば確実に着地できる《「正義星帝」》クリーチャーアンタップ能力を持っていることからバウンスした方が相手にとって損になる《暴斬の姉豹》などを優先的に《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》出すのがベター。どうしてもコスト踏み倒しをした際の着地を邪魔される場合は、着地できないのを承知でcipアドバンテージを取ろう。

メタが豊富に入ることから序盤から一気に攻め入れられることは多くなく、《検問の守り 輝羅》《暴斬の姉豹》などの防御札も沢山入るため、《終末の時計 ザ・クロック》のような手打ちでは役に立たない防御札を入れる意味はない。

長所

《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》警戒付与により、残りシールドが少ない状況で《閃光の守護者ホーリー》などのオールタップS・トリガーを踏んでもフィニッシュ失敗時の保険が効く。

《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》が引けなくともサブフィニッシャーには事欠かない。例えば、《奇天烈 シャッフ》で足止めや呪文ロックしながら《マニフェスト <マルコ.Star>》ビートダウンしても強い。

耐性持ちが多い関係上、《ボルシャック・ドギラゴン》などの単体除去には滅法強い。

短所

防御S・トリガー《S・S・S》《超次元ジェイシーエイ・ホール》程度しかない。また、ブロッカー化戦術は《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》出すことができる4ターン目までお預けとなる。そのため、除去を放ちながら3ターンキルを狙うデッキには不利が付く。

アンブロッカブル付与する《轟く革命 レッドギラゾーン》、本体の《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》《SSS級天災 デッドダムド》で除去しにかかる【青黒緑デッドダムド】は、攻められる前に一気に決めないと負けに等しい。

基本的に単色クリーチャーが主体なので、単色を一掃する《聖魔連結王 ドルファディロム》を主要パーツとする【5色コントロール】系統には不利。

環境において

DMRP-17オリジナル環境における支配者的な立場となった。初期では【可憐メタビート】の派生形のような白青赤構築が組まれたが、《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》がよりコントロールに向いた性能であることから、デッキの基盤を維持しつつも《その子供、可憐につき》を入れず、《エヴォ・ルピア》《単騎連射 マグナム》以外の火文明をカットしたこの構築が結果を残している。

2021年ゴールデンウィーク直前のチャンピオンシップ(オリジナル)で【4色鬼羅.Star】が準優勝を果たした。ゴールデンウィーク中にはそれを【青黒緑デッドダムド】に寄せた型が上位入賞した。

DMEX-16期には【可憐メタビート】の派生形に回帰したかのような【白青赤鬼羅.Star】が流行。また、【青魔導具】【5色コントロール】系統(特に【5色ロマノフ】)、【ゼロ・ルピアループ】に対する墓地利用メタとして《ポクチンちん》を採用した型も散見されるようになった。

DMBD-16DMBD-17期には《T・T・T》ドローを利用する型が主流化。《正義の煌き オーリリア》は刺さる対面が少なくなったため入れて2枚の構築が主流化。

2ブロック環境でも続々入賞報告がなされ、アドバンスにも一定数存在する。

参考