禁時混成王(きんじこんせいおう) ドキンダンテXXII(トゥエンティツー)

禁時混成王 ドキンダンテXXII KGM 光/水/火文明 (9)
クリーチャー:ディスペクター/エンジェル・コマンド・ドラゴン/禁断 99999
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、次の自分のターンのはじめまで、相手のクリーチャーの能力をすべて無視する。
相手のターン中、相手がコスト9以下のクリーチャーを召喚した時またはコスト9以下の呪文を唱えた時、自分はカードを1枚引いてもよい。その後、コスト9以下の呪文を1枚、自分の手札からコストを支払わずに唱えてもよい。

DMRP-18で登場した//ディスペクター/エンジェル・コマンド・ドラゴン/禁断クリーチャー

相手のクリーチャー全ての能力無視するcipと、相手がコスト9以下のクリーチャー呪文プレイした際に、1枚ドロー手札からコスト9以下の呪文コスト踏み倒しを任意で行える誘発型能力を持つ。

cipの全体能力無視《伝説の禁断 ドキンダムX GS》と似ているが、こちらは期間が次の自分のターン開始ステップまで、つまり返しの相手ターンにも効果が及ぶ。
相手の攻撃できない能力を消してしまうなど注意点もあるものの、相手クリーチャーを実質バニラに変えてしまうことができる。
相変わらず新たに出てきたクリーチャーには効果が及ばないため、相手が後続で呼び出したクリーチャーcipスピードアタッカー等には無力ではあるが、こちらは後述の能力である程度自らカバー出来ている。
着目するべきは能力無視付与引き継ぎ対象に含まれることで、相手の新手がバトルゾーンの既存のクリーチャーから進化させた進化クリーチャーであれば、そちらの能力も同様に無視することができる。

そしてもう1つの能力が、相手のターン中、相手がコスト9以下のクリーチャー呪文召喚または唱えた時に、1枚ドローコスト9以下の呪文1枚をコスト踏み倒しで任意で使用できる能力
基本的にはcipの効果範囲外のクリーチャーに対処する能力であるが、相手の行動に対し即座に対応でき、最悪唱える呪文が無くとも1ドローのおかげで選択肢が増える。
「そのターン初めて」といった条件もないため、該当範囲内のクリーチャー呪文を相手が使う度にドローができ、状況に応じて呪文踏み倒しできる。
非公開領域である手札からの踏み倒しであるため相手は使うカードの選択に慎重にならざるを得ず、かといって何も行動を起こせなければ、実質的に召喚呪文ロック追加ターンを獲得したに等しいアドバンテージを叩き出したことになり、相手に掛かる心理的負担が非常に大きい。相手の行動を大きく縛り、ブラフとしても高い機能を期待できる。
なおこの能力は、このクリーチャーが即座に退場させられてしまっても、その為に相手が指定コストクリーチャー呪文を使っていれば1回は誘発する。

相手にとっては早急に片付けてしまいたい厄介なクリーチャーであるが、EXライフと99999という莫大なパワーによって生半可な除去を寄せ付けず、また上述の通りドロー及び呪文コスト踏み倒しはこのクリーチャー除去されるタイミングでも誘発するため、余程のことが無い限り最低1回は発動できる。
多色クリーチャーなので、返しの除去札としてメジャーな《聖魔連結王 ドルファディロム》全体除去も通じないのも心強い。

相手にあらゆる行動の遅延を強要するため、1度出してしまえば高い確率で次のターンを稼ぐことができる。そうして返ってきたターンで着実にアドバンテージを稼いでいけば、ゲームの流れそのものをこちら側に一気に引き込むこともできるだろう。
単純に、cipで一仕事した後は相手がカード使うたびにドローできるシステムクリーチャーとして活用するのも良い。場持ちがよいため継続的なアドバンテージを稼ぎやすく、ドロー任意なのでライブラリアウトの心配もない。

弱点としては、コスト10以上のクリーチャー呪文には効果を発揮できない点が挙げられる。とは言え、それほどの重量級カードとなるとビッグマナ系のデッキでも中々見ないが。また、コスト9以下のクリーチャーであっても、召喚ではない方法でバトルゾーンに出した場合は反応しない
次弾DMRP-19にて登場した《天聖王儀 アルカディア・グローリー》は、名目コストを重くし自己コスト軽減を行うという形でこの弱点を突いている。
また当然ではあるが、フィールドクロスギア、すでにいるGRクリーチャーオレガ・オーラを重ねる場合など、クリーチャー呪文以外のカードには反応しない。

総合すると、ゲームを一気に終わらせるタイプのフィニッシャーではないが、ゲームコントロールするという役割に秀でたクリーチャーである。
勿論、併せて用いるカードによってはこのクリーチャー自らフィニッシャーとなることも出来るだろう。

ルールについて

  • 振り仮名は「トゥエンティーツー」なので、XX(ダブルクロス)のサポートは受けられない。

環境において

登場直後から《砕慄接続 グレイトフル・ベン》軸の【5色コントロール】で続々チャンピオンシップ4位以内入賞が報告された。効果判明当時から相性の良さについて触れられていた《ルシファー》との組み合わせは、そちらが優秀なマナ基盤になることもあって根強い。

【5色コントロール】のミラーマッチの場合、これをリソース手段にすることができるほどゲームスピードがゆっくりなのも評価の一助となっている。相手が軽いソリティアを行ってもこのカードコスト踏み倒し呪文リソース呪文を連打することで、盤面やリソースの差を付けさせないことができる。

自身と同じ弾に登場した《砕慄接続 グレイトフル・ベン》マナ召喚能力への牽制にもなる。当然場持ちの良さは同じようにマナ召喚を牽制できる《とこしえの超人》を遥かに凌ぐ。

その他

超獣王来列伝で予告されていたディスペクター
禁断王《伝説のドキンダXと「時を超えて降り立った奇跡」の法皇 ミラダンテXIIを合成した『混成』ディスペクター

#region2(合成元との関係){{
-《ドキンダムX》の手足の先が《ミラダンテXII》を思わせる色のモザイクへと変化して消失し、大量の禁断文字[1]が刻まれた、巨大な遺跡あるいは石板のような構造物に磔にされるような状態で接合されている。周囲には《ミラダンテXII》の時計を模した12枚の円盤が浮かんでおり、背中には《ドキンダムX》の槍の石突(柄の先端)を《ミラダンテXII》の時計の針と同じ形状にした物が2本浮かび「X」の文字を模している。また、《ミラダンテXII》の物と思しき翼は1対から3対にまで増えている。
--《ドキンダムX》が磔にされている構造物は、《ドキンダムX》の背後に描かれていた門と似た形の石柱状の上半身と、馬のような四足の支柱と角型の長い尻尾を備えた下半身とで構成されている。脇腹に《ミラダンテXII》の王冠らしき物があることから、どうやらこれが《ミラダンテXII》の様だが、その変容振りは激しくもはや原形を残していない
--3対の翼は石柱の背部から直接生えている。また、2本の槍は自由に動かせる他、後述の「未来宣言・概念干渉」に関係なく、通常の攻撃手段として隕石を降らせることも出来る模様[2]
//--イラストを担当したRUI MARUYAMA氏曰く、「松本しげのぶ先生のラフ案時点でこのような感じだったので理由は自分にも分からない」との事。
//該当ツイートが削除されているので念のためコメントアウト
--カード名の「XXII(トゥエンティツー)」は、《ドキンダムX》の「X(エックス)」を「X(テン)(ローマ数字の「10」)」と読み替え、《ミラダンテXII》の「XII(トゥエルブ)」と足した物だろう。また、偶然か否か名前も「ドキンダンテ」である。
--《聖魔連結王 ドルファディロム》同様、背景ストーリーにて敵対していた勢力同士のディスペクターである。決して交わることのない者同士の合成体であり、双方にとって非常に屈辱的な状況であると言える。そのためか、イラストの《ドキンダム》も目を見開き苦悶の叫びをあげるかの如き表情をしており、他のカードイラストに登場する際も、同様かあるいは苛立ちを隠す気のない表情をしている。
-合成元の文明で『混成』3色が過不足なく揃うため削除されたはない。一方で、《ミラダンテXII》は革命軍/ドレミ団を削除されており、《ドキンダムX》は《伝説の禁断 ドキンダムX GS》で新たに増えた禁断を継承している。
--見方によっては、種族の代わりに特殊タイプとしての禁断を失ったとも言える。
}}
デュエチューブで開発秘話が明かされたディスペクターの1体。まず超獣王来列伝に選ばれた《ドキンダムX》の存在があり、「直接戦った者同士[3]を合体させたら熱いかも」という発想から《ミラダンテXII》が選ばれたらしい。

背景ストーリーでの活躍

禁忌革命。運命と奇跡が同位体へと収斂し混ぜられた存在。それこそが、禁時混成王。

モモキングとの激闘の末《聖魔連結王 ドルファディロム》が撃破された直後、石柱の姿で飛来し文明《ディスペネ・ユグラシル》へと突き刺さった。

#region2(石柱には時計の文字盤が刻まれており、1分ごとに針が進み、11の「世界滅亡のシナリオ」を顕現させた。){{
+フィオナの森が300%焼失(1回燃えた後さらにもう2回燃えた)
+ユニバース・ゲートから現れた《超神星ブラックホール・サナトス》《超神星ビッグバン・アナスタシス》が対消滅、その余波で覚醒したサバイバーも増殖を開始。
+時空の裂け目からゼニスが降臨し、空から無数の三角錐が降り注ぎ、ワールド・ウォー・ゼニスが勃発。
+超銀河弾が虚空から発射され、9000個もの次元の穴が空き、それぞれが超次元と繋がる。
+地中深くに眠っていた5つの進化クロスギアが暴走、ディスペクターへと力を与えつつ、すべてのクロスギアと融合し活動し始めた(ミロクにも予想外の出来事だったらしい)。
+5体のバラギアラが降臨したゼニス[4]と共鳴しゼロ文明の力を吸収、ゼロとレインボーの矛盾によって新たなゼニスである《「色災」の頂 カラーレス・レインボー》が生まれ暴走した。
+闇文明円卓を媒介としてオリジナル・ハートが再生し、七王が復活して新たなゴッドとしてリンクし始め、新たな闇の王が誕生する。
+オリジナル・ハートによって円卓に強大な力が流れ込んだ結果、業王 ディガロ幻王 ザインの二王が甦りさらにリンク。ところが《覇王ブラックモナーク》の復活とイデア・フェニックスが顕現した衝撃で一瞬で消し飛ぶ。
+禁断の星を呼び寄せ禁断爆発させて、アチーチ・タウン周辺半径2万kmを消し飛ばす(ついでにフィオナの森も燃えた(8分ぶり4回目))。
+水文明禁断の12プログラムを同時起動して水文明中のコンピュータを熱暴走させ、リキッド・ピープル蒸発する
+世界がオーロラに覆われ爆発を起こす
//「石柱」状態での所業はどうしても石柱記事と内容が被るので、そちらを充実させて《ドキンダンテ》記事内では簡略化でもいい気がします。
}}
11の大災は《ドキンダンテ》が計画的に発動したものだと思われるが、被害にあった者たちから見れば「突然」「いきなり」「脈略もなく」起こった理不尽な出来事であった。
そして最後、12番目の滅亡こそ《ドキンダンテ》の顕現であり、一度は駆けつけたモモキングにより針は止められるも、奇跡の力で針を強引にXIIに動かす事でこれを達成、ついにその姿を現す。
『宣言した通りの未来を起こす力』と『概念に干渉する力』で過去改変を行い、「今までの背景ストーリーがバッドエンドに終わった可能性の世界」を出現させ超獣世界の滅亡を進める。
世界改変だけでなく直接戦闘能力もすさまじく、未来宣言の力で敵対者を打ちのめし、「ミラクルD2フィールド」によっていかなる攻撃も寄せ付けない。

一度はその圧倒的な力でモモキングを倒すも、天聖王の力を身に着けた《アルカディアス・モモキング》絶対の秩序で滅亡の運命を上書きされ、ミラクルD2フィールドの守りも破られる。
しかし、奇跡の力で再生した《ドキンダンテ》は過去現在未来から集めた滅びのエネルギーを集め、撃ち出した《禁時王秘伝エンドオブランド》で「時」という概念を消し飛ばして変化を否定し、世界滅亡を止める事を不可能にした。

最期は《天聖王儀 アルカディア・グローリー》で自らの時間を止められた上で聖剣で貫かれ、奇跡を起こす事なく石化した。「禁断王」の魂は無事「超獣王来列伝」へと還り、時間の概念もどうにかして天聖王の力で取り戻したが、エンドオブランドによって開いた時空の穴は更なる脅威を呼び寄せるのだった…

  • 《聖霊王アルカディアス》のような《ドキンダンテ》にとって相性の悪い力をもってしても対処が困難な強敵であり、11個ある「世界滅亡のシナリオ」の1つ1つがシリーズの最終章で起こるような大惨事を引き起こしたにも関わらず、これでもディスペクターの五大勢力のなかで2番目に登場した王であり、まだ3体の王が控えている状態である。
    シリーズ第2弾の時点で、背景ストーリーのラスボス格クラス以上の事を11個も成し遂げた事は、多くのユーザーに衝撃を与えた。
    • それら一つ一つの被害でさえ、歴代カード齎した被害を遥かに上回るのだから凄まじい。
      しかもタチの悪いことに《ドキンダンテ》を倒せても滅亡で固定された未来を変えられないために根本的な解決にはならず、今までの背景ストーリーで行ってきた長い時間をかけての復興すら出来ない。
    • 《禁時王秘伝エンドオブランド》を発動する前に行った復活は「奇跡の力」と呼ばれており、EXライフによる物でない可能性が指摘されている(石柱状態と《ドキンダンテ》の両方で再生を行っている)。
      だとすれば、未来操作、過去改変、攻撃無効、常軌を逸した範囲と破壊力の攻撃というただでさえ理不尽な強さに加え、無限の復活能力まで加わる事になる。
    • 以上のことから、プレイヤー間でも歴代背景ストーリー最強候補として名を挙げられている。
  • 合成元となった《ドキンダムX》はラスボスを出落ちにした挙句革命軍を軒並み封印して革命編背景ストーリーを一時バッドエンドに終わらせた強敵であり、《ミラダンテXII》も前身の時点でS級侵略者2体と《極まる侵略 G.O.D.》を同時に相手にして勝つ程の強豪だったため、この2人が合わさった《ドキンダンテ》はこれ程までに強力な存在となったのだろう。
    • 開発主任KのTwitterによれば、《ミラダンテXII》の力は奇跡という名目で「可能性」を扱う力であり、それが禁断と融合したことで「最悪な可能性」を具現化する能力になったという。
  • 先述した通り、次弾DMRP-19にて対策カードである《天聖王儀 アルカディア・グローリー》が登場している。コスト面の工夫でこのクリーチャー能力の誘発を回避しているだけでなく、「シールド送りEXライフを剥がし、味方にすべてのバトルに勝つ付与してパワー99999を無力化する」など、効果面でも明確にこのカードメタっており、《ジョラゴン・ビッグ100》等と同じ、いわゆる「対ラスボス必殺カード」であることがわかる。
    • ただ、こうしたカードはこれまで「シリーズラスボスを撃破するために作られた」物が多く、やはりシリーズ第2弾のクリーチャーとしてははるかに破格の扱いを受けていることがわかる。
  • 世界規模の大惨事を引き起こし、時空に穴を開け、そこから新たな敵が襲来してくるなど、どことなく《暗黒皇グレイテスト・シーザー》と似通う要素が多い。

アニメでの活躍

「デュエル・マスターズ キング!」にて、『混成』ディスペクターながら《聖魔連結王 ドルファディロム》同様ジェンドルが使用。キングマスターであるためだろうか。
13話にてジェンドルの手で封印から解放された《伝説の禁断 ドキンダムX》と、どこからか入手していた《時の法皇 ミラダンテXII》と合成し、作り出された。
そのまま同話のキラ戦でデュエマにも登場。キラブロッカー戦略を封殺しきった。

  • 初めて召喚された際には、これまでのディスペクターで定番だった「カプセル演出」が省略されている。代わりに、「虚空から石柱が飛来し、そこから目覚めるように《ドキンダンテ》の姿へと変貌する」という、背景ストーリーを思わせる演出がなされている。
  • 各種のカードイラストでは《ドキンダムX》の槍と《ミラダンテXII》の針が一体化しているが、アニメのCGモデルではこれらは分離している模様。また、cip能力無視は「《ドキンダムX》の槍と《ミラダンテXII》の針が『0時』を示すように時計の頂点を指し、そこから青い波動を発し相手のクリーチャーを石化させる」という演出で表現されている。
  • そのあまりの強力さから、ジョー一行は打倒《ドキンダンテ》に頭を悩ませる羽目になり、ストーリーも「対《ドキンダンテ》対策として《ドキンダムX》の弱点を探る」という目的が主題となっている。

関連カード

収録セット

参考


[1] 石柱上部の右側に「DOKINDANTE」左側に「KING」とあり、前足側面と後足前面に「DOKINDANTE」、《ドキンダムX》が磔られている面に上から「ADBC(右からUの字型に読むと「ABCD」となる)」、石柱の側面に大量の「KING」、背中の板には「SENAKA」、尻尾の裏側は先端から順に「ABCD」と書かれている
[2] 《ジャスティス・フォース》(P23/Y20)と《混成秘伝デュアルスタック》(P34/Y20)のイラストでそれぞれ確認できる。
[3] なお、現状明かされている背景ストーリーでは《ドキンダムX》と《ミラダンテXII》は直接戦っていない。
[4] 3のゼニスと同一か厳密には不明。もう一度降臨した可能性もある